スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BIG THIEF /ビッグシーフ

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 20.2017 音楽/歌詞
bigthief1.jpg

去年2016年にデビューしたブルックリン出身のフォークロックバンド、ビッグシーフ。
先日、7月17日に撮影してきました。

個人的にとても好きなインディーロックバンド。
フロントウーマンのエイドリアン・レンカー描く自分の物語が深くて儚げで、彼女の壊れやすくも強さを秘めた歌声と共に、私の好きなタイプのローファイなインディーロックサウンド。
バンドのギターもドラムもとてもいい。


bigthief2.jpg

デビューアルバム「Masterpiece」も素晴らしかったが、先月出た新アルバム「Capacity」は、これまたソングライティングに深みが増し、彼女の自分探求に拍車がかかったということか。

ビッグシーフを知らない人がいきなりステージを見たらきっと驚くだろう。
新アルバムPVのためか、頭を丸めたエイドリアンの髪の毛は多少生えたもののスーパーショートカット。もともとボーイッシュな顔立ちだが、ジーンズにフーディにスニーカーという格好で登場すると、「男4人のバンド」とまず思うだろう。
ところが彼女の歌声を聴くと心を奪われる。男性には出せない、とても可愛らしい、少女のような透き通る声なのだから。

エイドリアンは特にシャイなようで、派手なパフォーマンスもしないし、気の利いたトークもない。それなのに、1曲1曲ごとに客の心を虜にしていく。彼女の物語に耳を傾ける。心を打つ。


bigthief3.jpg

まだ訪日していないようだし、日本では知られていないと思いますが、まずデビューアルバムのタイトルソングでもある「Masterpiece」を聴いてみるといい。
彼女のソフトな声と、荒れ狂うようなロックサウンド。ギターソロなんてめちゃくちゃカッコいい。


bigthief4.jpg

素晴らしいデビューアルバムの後の今回の2作目「Capacity」。期待を裏切らない。豊かさが増している。
歌詞はもっと私的になっているが、十分に聴き手と共有できる形になっているところが素晴らしい。エイドリアンのソングライティングの確かさを証明している。
彼女の歌には固有名詞が多い。一体それは彼女の幼馴染なのか、友達なのか、家族なのかわからないのだが、歌詞の内容はとても深くて傷つきやすく、切ない。想像力を掻き立てられる。


bigthief5.jpg


彼女はとても上手い語り手だと思う。物語が上手いので、それがどんなに抽象的でも、我々は何かを見いだすことができる。
ちょっとノスタルジックなサウンドは、いつの間にか聴き手の物語につながっている。。。。そんな音楽。


bigthief6.jpg

「Capacity」はかなり深い歌が多いので、この曲が書かれた背景をついつい想像してしまう。聴き手自身が背負った過去の傷の上をぐるぐる回ったりするかもしれない。いい作品というのは、こういうことだけれどね。

ぜひこのアルバムの名曲「Mythological Beauty」ではイントロのドラムとギターからドキドキしてください。
5分半以上もある「Mary」の美しい歌詞に酔ってくださいませませ。


bigthief7.jpg


絵を描くにも文章を書くにも、作り手には吐き出さないといけない時間がある。それは過程の中でとても必要なことで、それを超えないといい作品に繋がらない。
このアルバム、エイドリアンの「吐き出し」がとても強く感じられる。吐き出しが単に自己愛や自己満足だけの人は、単に独りよがりで人と共有できる作品にはならないが、このアルバムはきちんと響くアートに完成されている。
とても才能のあるソングライターだと思う。

今後の活躍も楽しみだし、ぜひいつか日本にも行って欲しいです。


Adrianne Lenker


料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪
色々たくさんアップしています!



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト

Rhiannon Giddens/リアノン・ギデンズ

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 19.2017 音楽/歌詞
Rhiannon Giddens201701

今年のシカゴブルースフェスティバルの最終日6月11日。ヘッドライナーのゲイリー・クラーク・Jr.の前に登場したリアノン・ギデンズ。
その日はゲイリー目当ての観客がほとんどだったのだが、期待もそうされずに観客の度肝を抜き、ハートを鷲掴みにし、文句なしにハイライトをさらっていってしまったのは彼女、リアノン・ギデンズである。


rhiannon2017102jpg.jpg


2011年、第53回グラミー賞でベスト・トラディッショナル・フォーク・アルバムを受賞したアメリカン・ルーツ・ミュージック・グループ、キャロライナ・チョコレート・ドロップスのメンバー。ここ数年はソロ活動が多い。
数年前にキャロライナ・チョコレート・ドロップスの撮影をしたのだが、正直いって彼女の印象はそこまで強くはなかった。ソロになってから彼女は本領発揮。
もともとインテリな彼女であるが、アメリカンルーツの音楽をさらに学び、歴史を学び、自分のアイデンティティを掘り下げて追求し、魅力的なシンガーソングライターに成長した。
リアノンのパワフルで美しいボーカル。決してパワーハウスではないのに、力強くて、説得力がある。グイグイ引き込まれる。


Rhiannon Giddens201703jpg

父親がアイルランド系の白人で母親が黒人のバイレイシャル。 アイルランドの音楽がなければ黒人音楽もこの国に生まれてなかったわけで、黒人音楽の歴史がなければ今のアメリカに音楽はない。
ありとあらゆる音楽に接し、大学ではオペラを専攻する。パーフェクトなまでに豊かな音楽環境で生まれ育ったとも言える。彼女はオペラ風な歌い方はしないが、腹から力を出し天まで届くような歌唱力は、オペラで学んだ賜物だろう。

彼女の書く詞は叙情的でも政治的でもある。
新アルバムのタイトル・トラック「Freedom Highway」は、アメリカ大統領選挙の投票日翌日に作られたという。
スターを目指しているアーティストではないので、どこまで世界に広まるかわからないのであるが、今、世界に必要なのは彼女のような確かな力のあるアーティストだと思う。


rhiannon201705.jpg

ラッキーなことに彼女はルックスに恵まれた女性。
間近で彼女のパフォーマンスを見て、美しい女性ってこういう人をいうのだな、と本当に思った。
ノーメイク、裸足のパフォーマンス。素顔のおかげで、表情として現れる彼女の胸の内を一つ残らずフォトグラファーは見ることができる。釘付けである。
今年40歳だというが、健康そうなお肌はピカピカツルツル。美しい生き方、生活をしているのだろうな、ということが見て取れる。怖いくらいに、体はその人の生き方を反映するのだから。
実は、5年ほど前に見たときよりもずっと綺麗になっているのだ。こういう人って、どんどん綺麗になって行くのだ。もちろん歳はとれど、いつまでも美しくいられる女性なのだろうなあ、と女性の目から見て思う。


rhiannon201704.jpg

ミュージシャン撮影の時は、どんな大物を撮影しようが、撮影中は撮影に夢中なので涙が出るほど感動することはそんなにない。
ジャズのピアニストの演奏で何回か涙が出たことがあったが、数える程だ。
彼女のパフォーマンスは、撮影中の私を泣かせた。1曲が終わるごとにカメラから腕をおろし、息を整えて興奮を冷まさないと撮影に支障が出るほどだった。他のフォトグラファーたちもそうだった。お互い顔を見合わせて、彼女のすごさに唖然とするしかなかった。
彼女が歌ったカントリーのカバー曲"She's Got You"は胸が詰まった。20代の若い女には歌えない、20代30代と「女」を生きてきたリアノンの感情。全く同じ経験をしていなくとも、恋の酸いも甘いも嚙み分けてきた女性ならば共感できる、リアノンの愛の優しさや痛みのデリバリーの仕方。
人間として、そして女性としてきちんと生きている。強いけれど甘くて、芯が強いけれど柔らかい。パフォーマンスからその人の生き方と成りを想像させてくれるって素晴らしいアーティストではないか。


rhiannon201710.jpg

人というのは、自分の中で意図的に、あるいは無意識に封鎖している感情や記憶があって、忘れていたその素直な感情を、ストレートな他人の表現によって呼び起こされて自分に向き合う瞬間がある。そういう時に、涙って出るんですね。
それを引き出すアーティストと出会うのはそんなにあるわけではなく、巡り会えたらそれはとても幸せなこと。

今年はこれからもまだまだ仕事でもプライベートでもライブに行く予定だが、シカゴブルースフェスティバルでのリアノン・ギデンズのライブを上回るものには出会えないと思う。それでいい。こんなにいいライブは年に1度の割合でいい。
彼女は9月にシカゴでまたコンサートを行う。もちろん、また素晴らしいと思う。
だけど、シカゴブルースフェスは夏の青空の広がる屋外ステージだった。彼女はすっぴんの裸足で登場し、彼女の肌全体に太陽の光が眩しく照らしていた。真っ青な空を見ながら、緑を見ながら歌うリアノンの魂は解放されていたはず。
ライブというのは一期一会。アーティストたちは年に何百回しても、同じものが一つとない。
今年のブルースフェスのリアノンのライブは、今後繰り返すことのできない、素晴らしいものだったといえよう。

来日経験もある彼女。
今後またツアーで行くと思うので、チャンスのある方はぜひ。


料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪
色々たくさんアップしています!



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon


Chicago Blues Festival 2017

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 19.2017 音楽/歌詞
Chicago Blues Festival 2017 Photo Gallery
Photo©2017 Janet Mami Takayama
All Rights Reserved


garyclarkjr20171.jpg
Gary Clark Jr.


garyclarkjr20172jpg.jpg
Gary Clark Jr.


 Lurrie Bell Billy Brance
Billy Branch and Lurie Bell


William Bell
William Bell


Nellie Travis
Nellie "Tiger" Travis


jimmyJohnson2017.jpg
Jimmy Johnson


Ronnie Baker Brooks
Ronnie Baker Brooks


 Rick Estrin
Rick Estrin


Rhiannon Giddens
Rhiannon Giddens


2017John Primer
John Primer

ロングバケーション

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 02.2017 映画&ドラマよもやま話
columbine1.jpg


今更、なのではあるが、キムタクの恋愛名作ドラマ(?)と言われている「ロングバケーション」(1996)を観たのである。21年も前のドラマだ。当時は恋愛ドラマなどに興味もなく、ビデオ屋に行けばロンバケの写真が目にも入ったけれど借りる気も起こらなかった。
なぜだろう?
私だけではないと思うが、自分の恋愛で忙しい人間は、自分の恋愛ドラマの中で常に生きているから、他人の恋愛、ましてやドラマや映画の中の作り物の恋愛になんぞ興味を持てないのだ。だって、現実の恋愛は、ドラマや映画よりもずっと面白く、もっとハラハラドキドキで、ドラマティックなのを知っているから。そういう人間にとっては、ドラマはいつも、本物を下回る。

ずっと前に年下の男性と付き合っていた時、彼に「なんか僕たちちょっと、「ロングバケーション」みたいだね」と言われたことがある。
ああ、あのドラマの?観たことないから知らないわ。。。
彼がそれを観たのは、そもそも中学生の頃だったらしいのだが、きっと中学生にとっては恋愛ドラマはまだまだ未来のことで、かっこいいお兄さんお姉さんがハラハラさせる恋愛は面白かったに違いない。
私たちのどこが「ロングバケーションみたい」なのか、私にはよくわからなかったが、年上の女性と年下の男性の恋愛ドラマだから、きっと年齢のことを言っているのだろう、とぐらいに思っていた。

ドラマを観はじめたら、まず、21年前の東京がそこに存在していて、それなりにとても古くて、なんだか懐かしい気持ちになって楽しんでしまった(笑)。
キムタク演じる瀬名が住むマンションの風景。新大橋は浜町公園から伸びる橋で、隅田川の向こうに瀬名のマンションがある。浜町公園は私が赤ん坊の頃からお散歩に行っていた場所だし、なんだかそういう「東京」を見れるだけで今は幸せな気分になる。六本木や渋谷がロケ地でなく、新大橋ときましたか。いいですね。このドラマの後、隅田川の向こう側は急激に風景が変わったので、90年代の貴重な映像。

このドラマ、女性が年上で、男性が6、7歳年下で、その年の差を超えた恋愛ができるかどうかで二人とも腹がなかなか決まらないのだけれど、たった6〜7歳の差でガタガタ言ってんじゃないよ、と私は思う。
そうなのだ。こういう恋愛ドラマを観ないタイプの女性って、この年齢差の軽く2倍くらいの恋愛は実生活で経験したりしているから、「やっぱりドラマは現実には敵わないよ」って思っちゃうのだ。私に限らず、きっと。
ただ、21年も経ってからこういうドラマを観ると、自分の過去の恋愛を色々と思い出させてくれたりもして、とても懐かしく優しい気持ちにもなれる。
生きること自体にまだまだもがいていたあの年齢の頃。きっと、「輝く」っていうのはもがいている時代をいうのではないか。若さゆえのもがきをしなくてよくなった時、人は確実にある輝きを失う。その「輝き」は次世代へバトンタッチしていくものなのだ。そうでなければ、この世の中美しくない。

山口智子扮する南という女性はカメラマンの卵。瀬名はピアニストの卵。
恋愛のシチュエーションが全然違ったから最後くらいまでその「偶然」に気づかなかったが、私はフォトグラファーで、ピアニストの年下の男性と付き合っていたことがあった。
だけど、ドラマの方が全然「壁」の数が少ないんだよね。現実の我々の恋愛は、年齢の差ももっと大きかったし(でも気にならなかった)、もっといろんな「壁」がありましたよ。壁があるから楽しかったし。
そこにおいても、「やっぱり現実の方がドラマよりもドラマティックだよ。。。。」と思ってしまった。
ところで、そのピアニストは「僕たちってロングバケーションみたいだね」と言った人とは違う。「ロンバケ」を教えてくれた彼との恋愛は、年齢の差くらいしか「ロンバケ」との共通点はなかったなあ。

私のように、当時自分の恋愛に忙しくて恋愛ドラマなど観るヒマなかった人たちは、時間ができた時に、自分の若かりし頃に流行っていた恋愛ドラマを騙されたと思って観るといいのかもしれない。
きっと、「あー、自分はドラマよりももっと楽しくてドラマティックな恋愛をしてたんだなあ」と懐かしくも誇らしくも思えるだろうし、若さゆえに輝いていた頃を愛おしくも思えて、今だったらその恋愛ドラマも違った目で見れるはず。年齢に関係なくずーっと恋愛をしている人たちだって、若い輝きを持っているのは人生の中でも一瞬。それは誰しもが、必ず年齢とともに失っていく。その失ってしまった、もがいているがゆえに輝いているキラキラを、主人公のキムタクの鋭くキラキラしている瞳を見て、ハッと思い出すと思う。年齢に関係なく素敵な恋愛はできるけれど、あの当時のキムタクの瞳の輝きは、自分の過去の恋愛のキラキラを思い出させてくれて、キュンとする。きっとそういう気持ちは、21年前に観てたならば得られなかった気持ち。余裕がなくて、まっすぐで、キラキラ光っていて、怖いくらいに輝いている瞳。崖っぷちに立たされている、戦いに挑む者の目。何も持っていなくて、自信がなくて、自信を持つために足掻く者の若い視線。苦しい時にしか持てない若さゆえの美を、余裕のない鋭い眼差しを、きっと思い出すと思う。

「ロンバケ放映の月曜の夜はOLが街からいなくなる」と言われていたそうだ。。。。 だが、いつの時代も、ドラマよりも現実の恋愛の方がずっと面白いしためになるよ、ってことは若い世代に声を大にして言いたい。ドラマの中のキムタクを観るよりも、自分の好きな人と会っている方がずっと楽しい、って思っていた女性たち、ロンバケの存在すらも知らなかった女性たち、ドラマにではなく、現実の目の前の恋で笑ったり泣いていたりで大忙しだった女性たち。
騙されたと思って「ロンバケ」観たら、きっとキムタクの細い肢体やツルツルお肌やはにかんだ笑顔に、昔の自分の恋愛相手を思い出して、微笑むこと多数あるんじゃないかな。

ピアニストになる瀬名が、「誰かのためにピアノを弾いたことがない」と言っていた。彼が「誰かのために弾いた」時の音は、壁を取っ払うことができた時だった。
私も、ピアニストの彼氏から彼のピアノの楽曲CDをプレゼントされたことがある。私の好きなカバー曲がたくさん詰まっていたのだが、その中に一つだけ知らない曲があって、その曲が一番美しく、一番心に響いた。それは彼が私のために作ってくれた曲だった。
「ロンバケ」の中で「誕生日」が出てくるシーンがある。
私が「ロンバケ」の最終回を観た日は、偶然にもそのピアニストの彼の誕生日だったことを思い出した。かつて彼の誕生日に一緒に過ごした楽しい時間を思い出したら、ドラマの中の瀬名くんのピアノ演奏が、彼のピアノの音に変わって聞こえた。

しかし、21年前ってあんなに「古かった」んだな。
携帯を持っていない時代の恋愛って、なんだかもう、すれ違って当然だよ!とさえ思ってしまう(大笑)。



料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪
最近のメニューは、黒米のズッキーニ&ピーナッツ炒飯ほうれん草、ラディッキオ、チャイブの花サラダルーベンサンドイッチブラックビーン&シアントロのライムライスティラピアのマンゴーソースフルーツ入りタピオカクレープ赤キヌアの夏野菜サラダなどなど。



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

見納め

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 28.2017 花&植物
p1crab17101.jpg


明日から嵐が来るので、今年のこのクラブアップル、見納め。
今年もたくさんの元気をありがとう。また来年!


picrab172.jpg


picrab2018.jpg


picrab174.jpg


picrab177.jpg


picrab2017.jpg


picrab178.jpg


picrab179.jpg


picrab1710.jpg


picrab1721.jpg


picrab1711.jpg


picrab1712.jpg


picrab1713.jpg


picrab1714.jpg


picrab1715.jpg


picrab1716.jpg


picrab175.jpg


picrab173.jpg


picrab2019.jpg


picrab1720.jpg


picrab176.jpg


料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪
最近のメニューは、スタッフド・アーティチョーク和洋中、三種の大根サラダなどなど!



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。