Chicago Jazz & Blues: A Photographer's View

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 28.2017 写真関係お知らせ
photographersview.jpg


シカゴ大学のアートセンターで開かれる、「Chicago Jazz & Blues: A Photographer's View」(シカゴ ジャズ&ブルース:写真家たちの目線)という展覧会に、私のブルース写真1点が選ばれました。
他の写真家の作品数十点とともに展示されます。9月22日から12月8日までの間、シカゴ大ローガンセンターにて開催。

このモノクロ作品は、去年のブルースフェスで撮影したギタリストのジョン・プライマー。

この展覧会のことも知らず、こういうのに応募することも面倒なたちなのですが、友人に「出せ」と勧められ、今年初めての応募。
今年のジャズフェスの時に、周囲のベテランフォトグラファーたちも多数応募しているのを耳にした。「なんだー、みんな知ってるんだー、こんなベテランたちが応募してるんだったら私なんて無理だろうなー」って思っていたら選ばれたというのでとても光栄であります。

ミュージシャンを撮影しているフォトグラファーたちはみな、その道何十年というベテランたちばかり。
8年前にブルースフェス、ジャズフェスを撮影し始めた私は、当時は場違いな場所に来たようなそんな感じもした。みんな男性で女性は私だけだったし、いかつい人も多いし、高価なカメラを両脇に下げて、レンズも何本も持っていて、いかにもプロフェッショナル。
そんな中でよくも毎年図々しく私も撮り続けたなあ、と。ま、私の中では、「写真の出来はカメラの良し悪しでない」という信念があったからなのだが。本格的なカメラを買う前に、自分の腕試しをずっとしていた。
そんな私のことを、フォトグラファーたちが皆とても親切によくしてくれ、フェスティバルのフォトピットの雰囲気がよかったから、というのも、長年続けてこられた要素として大きい。

その中でも、ポール・ナトキンという大御所(彼はローリングストーンズのツアーフォトグラファー3回、ビーチ・ボーイズのツアーフォトグラファーで日本にも来日、マイケルジャクソン、プリンス、ボブディラン。。。。世界レベルの大スターは漏れなく、地元のまだ無名のミュージシャンたちも撮り続けて来た人)が特に最初から話しかけてくれてよくしてくれた。こんなところに、日本人女性が珍しい、って思ってたのかもしれない(笑)。

「君のウェブサイト見たけれど、すごくいい写真撮るね。グレートフォトグラファーだよ」
本当にそうかなあ?と彼の言葉も半信半疑だった8年前。

それから彼にはよく食事に誘われ、一緒に撮影に行く仲にもなった。
「君も僕と才能は同じなんだよ。違いは、僕には経験の多さがあるだけ」
経験の多さ。。。。1977年から40年もこの道で撮り続けている人とは絶大な経験の差がある。ライブ撮影は、まず才能ありきに限るけれど、経験の多さがモノを言う。
ベニュー(ライブハウス)によって照明もステージもフロアも違い、それによって我々の撮影方法やレンズも違ってくる。大きなコンサート会場もそれなりに。フォトピットが用意されて撮りやすくはなるけれど、最初の3曲のみの撮影と制約がある場合がほとんどで、その限られた15分でいい写真を撮らないといけない。
ジャズ、ブルース、ロック。。。と、音楽ジャンルによってミュージシャンたちの動きも違うので、効果的な撮り方も違う。それはロジックでなくて、全て経験から学ばざるを得ない。

ミュージシャンを撮り始めて8年くらい。
この8年、私は本も出したくてそれに力を注いでいた時もあるし、他にも色々したいことがあって、ミュージシャン撮影のみを積極的にしていた年月ではなかった。
周囲の音楽フォトグラファーたちが、精力的にあちこちに足を運びミュージシャンたちにフォーカスして撮り続けている中、私はまだ色々と迷っていたのだと思う。そんな迷いもあったから、ジャズやブルース展覧会の写真展のことなども今まで頭になかったのだ。

「もう長年、たくさん撮って来たんだから、応募しなよ」という友人の言葉でなんとなく応募した展覧会。
フォトグラファーの著名度や経験値からでなく、シカゴ大の美術審査員が厳選な目で選んでくれた写真。
他のベテランフォトグラファーたちに混じって、シカゴのジャズ、ブルース界の歴史をフォトグラファーの目線で刻んでいける喜びの大きさを、撮り始めて今初めて感じていると思う。

そして今、ミュージシャンたちを撮ることをとても楽しいと感じている。
ライブ撮影はかなり楽しい。対象物に対するパッションがないと、いい写真は撮れない。
これからも積極的にミュージシャンを撮っていきたい次第。

あちこち色んなものに手を出してフラフラ定まらない私を、「君はグレートフォトグラファーなんだからさあ」と言い続けてくれたフォトグラファー友のポールたちにも感謝。
飽きっぽい私が、まだ写真をやっていることにも自分で驚きですが、たまたま出会えたシカゴの撮影環境と、やればやるほど深いこの世界をもっと見てみたくなった、という思いが大きいですね。


料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪
色々たくさんアップしています!



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト

世界のブルース横丁

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 30.2017 写真関係お知らせ
bluesguitarm.jpg



最近はFBへの投稿に偏ってしまい、こちらのブログが疎かになってしまっている次第。
今冬は暖かく雪もほとんど降らなかったシカゴですが、3月になってどんと降った日の風景。

さて、友人のブルースギタリスト、菊田俊介氏が「世界のブルース横丁」という本を、ギターマガジン社から出版されました。
地球上のブルース・スポットをわかりやすく紹介したリアル・ガイドブックです。
3月24日発売!告知が遅くなり申し訳ございません。


9784845630219_2-thumb240x.jpeg


私は冒頭の扉カラー写真ページ、シカゴ、メンフィス、ミシシッピの写真を担当させていただきました。
こちらのブログでもご紹介したメンフィスやミシシッピでの写真が使われております。
読者の方たちも、一緒に旅していただけたら、と思います。

俊介さんはシカゴで長年ブルースギタリストとして生活されていた方で、今は世界中で活躍なさっています。
今回こういう形でご協力できて、私も光栄。
ブルース好きの方、音楽好き、旅好きの方、ぜひお手に取ってみてくださいませ。



料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪
最近のメニューは、きな粉黒ごまプリンレモン風味レンズ豆レモン風味レンズ豆スープ海老とパクチーのタイ風サラダチキンとアボカドのピタサンドオランジェットレモンクリームのリングイネ丸ごと玉ねぎスープウエボス・ランチェロス・トスターダメキシカンフラン豚肉のチャプチェオレンジ・アップサイドダウンケーキポルトガルのブレッドスープ/ソパ・アレンテジャーナラピーニとニンニクのパスタナシゴレンアヴゴレモノ/地中海風エッグレモンスープミートボール・サブ鶏肉とパクチーのベトナム風サラダオレンジ・ビスコッティなど!




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon




ケールのスープ

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 24.2015 写真関係お知らせ
herocoffeebar.jpeg


最近、こちらのブログも料理ブログの方も更新が滞りがちで申し訳ありません。私はいたって元気なのでありますが。

アメリカ・多国籍食堂で、ポルトガルのケールのスープ、カルド・ヴェルデをご紹介したことがあります。

caverde.jpeg


そのカルド・ヴェルデの写真が、ファンケルの会報誌「元気生活」10月号に掲載されています。

unnamed1 (1)


趣味でやっている料理ブログですが、健康志向の会員の方々に、ちょっと貢献できたかしら。
ケールは本当に体によいので、是非是非カルド・ヴェルデ、おためしください。

ところで最近滞っている料理ブログ(汗)。
料理はしてるんですよ、ちゃんと。結構あれからまた珍しいものもいろいろ作ったり。だけど、撮影するヒマがない。
そ、すぐ食べちゃってるの(笑)

ちょっとまた、料理ブログも頑張って続けなきゃね。
ファンケルさんのこともあったけれど、いろんな方がブログを見てくださってるんだなあ、と思ったし。

暑い夏も終わったし、またオーブン使いたくなってきたし(と、自分にハッパをかける)。
夏はさすがにねえ、クッキー焼く気にもちょっとならなかった。

いよっ! 頑張っていこう。
作って食べて。だけでなく、作って撮って食べて。
気長にお待ちください。また戻ってきますので(笑)



料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪







『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

Coffee Break

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 13.2015 写真関係お知らせ
coffeebreak1.jpeg


私のカフェ好きも年季が入っている。
読書しに、友人とおしゃべりに、物書きしに、シカゴ中のカフェに足を伸ばして心地よいスペースを求めること自体が好き。
美味しいコーヒーに、自分にぴったり合った空間。そんなカフェと出会えると、自分の基地を一つ増やした気分になる。

今回、シカゴのカフェを日本の皆様に紹介できる機会があった。
全日本コーヒー協会から出している、Coffee Breakという広報誌。

IMG_8681 (1)

その83号は、シカゴ!
というわけで、シカゴの私の超おすすめカフェを4軒、こちらで紹介させていただいております!
私はコーディネートをさせていただきました。

そろそろ、日本中のカフェや喫茶店に、この広報誌が出回るころと思います。
そんなカフェに行く機会がありましたら、「あ、今回シカゴ特集ね!」と思い出して是非手にとってくださいね〜♪

とびきりシカゴらしい4軒のカフェ取材、楽しかったです。
取材班、カフェの人たち、どうもありがとうございました。
出来上がった広報誌を手に取ると、また美味しいコーヒーが飲みたくなるわ〜。

皆さんもよいコーヒーブレイクを♪

トップ写真は今回取材した4軒のうちの一つ、Dark Matter Coffeeにて。




料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪






『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

Blues写真展

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 27.2014 写真関係お知らせ
culturalbluesp.jpeg


今月はブルースフェスティバルもあったりして、多忙とはいえ結構楽しんでもいるのである。
かけもちしていると時間的にはきついけれど、行くとやっぱり「来てよかった〜」と思うのだ。

シカゴのブルースフェスティバルの歴史は長く、フォトグラファーたちが撮ったブルース写真の展覧会もあった。
私もそれに出品していたのだが、すっかり忘れていた。
まだ期間があるから「行こう、行こう」と思いつつ、本当に忙しかったのでついうっかり。気づくと先日22日(日)に終わっていた(ありゃー)。

シカゴ・カルチュラルセンターで行なわれていた、Chicago’s Front Porch: Blues Fest Through the Yearsというグループ展。

サイトの「Photo Gallery」が8枚あるが、右下の写真に私の作品が載っている。
クリックすると大きくなるが、右上の大きな写真、ブルースハープのチャーリー・マッセルホワイトが私の作品。
あれれ、すっごく大きく展示してくれていたのね。ありがたい。
観た人で「よかったよー」って言ってくれた人も結構いたのに、本人が展覧会に行きそびれてしまった。
そんなこんななので、告知するのも全く忘れていたわけです。

最近はちょっと、会食が重なっている。
仕事がらみであったりするけれど、結構美味しい物をいただく機会が多く、つい食べ過ぎてしまったり。
美味しい物は唯一の楽しみよねー(笑)。
最近自分で作る時間が全然ないので外食に頼ってしまっているけれど、少し落ち着いたら今滞り気味な料理ブログもアップしたいと思います。


料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」も更新しております。どうぞよろしく♪



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より一昨年発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
 HOME