スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京慕情・堀切(2)

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 21.2012 東京散策
joro11.jpg


堀切散策編の続きです。

歩いていたらふとこんな面白い建物に出会った。
2階の窓が個性的で面白い。洋風の青い屋根瓦も。
今はアパートになっているのだが、元病院(個人医院)の建物かな?と思った。
。。。が、1階の入り口にある円柱を見てひょっとしたら。。。と。

ひょっとして元女郎屋さん?
こういう円柱は玉ノ井に残る元売春宿でよく見ている。



joro21.jpg



と、雰囲気の残る入り口に釘付けになっていたら、中からおじさんが出て来た。ここの住民らしい。
いろいろと話していたら、「ここは元女郎屋さんだよ」と教えてくれた。やっぱり。

「堀切に3軒残っていたうちの最後の一軒よ。この建物ももう古いからね。いつまで残っているかどうか」
「撮るなら中にも行ってごらん。昔のまんまの雰囲気が残っているから」

えー、中に入ってもいいんですか?
それでは、住民さんのお言葉に甘えて。中にお邪魔することに。



joro31.jpg


ドアの中は薄暗い廊下が。
床には白と茶色のタイル。このタイルがいかにも女郎屋さん。
廊下の両脇に部屋。今はそのままアパートの部屋に。
一部屋4畳半の畳部屋。引き戸のドアには留守宅には南京錠。
子供の運動靴もあるし子供の自転車もあるので子供もいるらしい。

もろ「昭和」なこの廊下の雰囲気。
映画「浮雲」で、主人公の森雅之演じる男が一人で借りるアパートの廊下がこんな感じ。
あれは戦後のお話だけど、この建物も戦後そのまま。



joro41.jpg


2階に行く階段がある。
階段の幅も、ちょうどカップルが2人で歩いて行ける幅。

2階へは土足厳禁。住民のスリッパが並んでいる。
来客用のスリッパが木の靴箱にあったのでそれを履いて上に。



joro51.jpg



この建物の外観にまず目を奪われ放心していたのだが、中に入ってからは私の魂は全部奪われた。

映画のセットでもない、作り物でもない本物のすごさ。
歴史の重みや人間の生々しさがそのまま残っている感じ。



joro61.jpg


2階部分。格子戸。
床は1階と違って、飛び石をデザインした作り。
ちょっと料亭っぽい。
1階と2階では部屋の広さが違うとか、料金が違うとか、あったのだろうな。



joro71.jpg


薄暗い部屋。

覗いてみると、

joro81.jpg

男性用トイレ。
よかった。人がいなくて。

海外の旅先で、「男性用」という文字が読めなくて思い切りドアを開け、「お仕事中」だった男性が一斉に困った顔でこちらを向いた。。。という経験は一度や二度ではないですから。


下に戻るとおじさんが「なかなか戻って来ないから、心配しちゃったよ~~」と言っていた。
どうもすみません。。。 さっさと急いで撮影していたつもりなのだが、撮り始めると時間の観念が浦島太郎になってしまうのだ。
随分長くいたのかなあ(分からない)
本当に私は浦島太郎になっていた。
ドアの外に出て「下界」を見たとき、頭がくらくらっときたもの。

え?私は今までどこに居たんだろう? 
すっごく濃かった。濃すぎて疲れた。
空気に圧倒された疲労感。

外と中では空気が違う。

これを見た後は、街をぶらぶらしていてもなにも目に入らなくなり、どれも薄く感じてしまい、帰宅することにしたのだった。



joro91.jpg

今回10回目の東京散策編。
まだ行った所はあるのですが、ちょっと整理する時間が無くなって来てしまい(汗)、ちょうど10回でキリがいいし、もう季節も冬から春に変わったことだし(笑)、今回はこれでおしまいに。
長らくお付き合いくださいありがとうございました。




『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
11月に発売されました。
全国の書店で好評発売中!!

オンライン書店(以下は一部) 
Amazon
HMV
MARUZEN & JUNKUDO
楽天ブックス
セブンネットショッピング
ビーケーワン
紀伊国屋書店BookWeb
TSUTAYA
j book



スポンサーサイト

東京慕情・堀切(1)

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 20.2012 東京散策
hor11.jpg 
我愛ジャパニーズドラム缶。


先週ご紹介した立石編。
この立石の後、四ツ木、堀切と散策。

今日は堀切編。



hor21.jpg


堀切と言えば堀切菖蒲園、なのだが、1月に行って花があるわけない。
菖蒲園が目的ではないけれど、一応行ったからには通ってみたけれど、やっぱり花はなかった(笑)



hor31.jpg



堀切ってどんなところなのかなー?
知らない所はワクワクする。



hor41.jpg


雪が降った翌日だった。
ほとんど融けてしまった雪だけど、東京の子どもたちはちょっとの雪でも大いにはしゃぐのだ。
この雪で雪合戦してましたから。



hor51.jpg


味わいのある商店街とか、やる気があるのかないのか分からないビミョーな店とか、のどかな下町風情の光景が続く。


hor61.jpg



hor71.jpg


生くじら。塩くじら。くじらベーコン。
ここまでくじらを連記されると、捕鯨反対派が歩いていたらどやしやしないかと、ビクビクしますが(笑)

小さい頃食が細かったらしいのだが、渋谷の元祖くじら屋に母と行った時、私はくじらを大変気に入ってパクパク食べたのだとか。
あまりに食べる私に母は嬉しくなり、次から次へとオーダー。
くじらの唐揚げに、刺身。煮込みにベーコン。
しかしくじらって、東京の住民の普通の食卓には乗りませんからね。日本人は日常的に食べてると思われているけれど。私もくじら屋くらいでしか食べないよ。
しかし考えてみると、幼稚園児を連れて2人でくじら屋みたいな老舗で食事する母も面白い。




hor81.jpg



なんだかのどか過ぎる堀切を歩いていて、そろそろ帰ろうかなー。。。と思っている時に、ある建物に出会った。

それは次回。



hor 91













東京慕情・十条

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 18.2012 東京散策
juj11.jpg


今日は十条の散策編。
先日アップした王子の後に、十条まで歩いてみた。



joj21.jpg


初めて歩く道はどこでも新鮮で面白い。


joj31.jpg


王子から十条の間には、井戸との出会い率も高くて。
井戸というものは、私が育った街には皆無だった。
大人たちが、「昔は日本のあちこちにあったものよ」なんて言うのを聞いていたが。

だから確実に、私が大人になる頃には完全に無くなるものの一つだと信じていた(少なくとも東京からは)。
だが。。。。意外とあるんだよね、東京の裏路地。
確かに一時代、こういうものが撤去されまくるときがあったのだけれど、その「撤去されまくる時代」さえもう過ぎてしまって、今はそういう時代よりも井戸にとっては安泰の時代なのだ。



joj41.jpg


十条は、いくつもの商店街が交差して、大変商店街の賑わっている街でして。
赤羽もすごいのだけれど、ここもなかなか。



joj51.jpg



北区というのは、今や埼京線や地下鉄まで通りとても便利になったけれど、一昔前まで陸の孤島的なところで、地元型の商店街がとても発展したのだと思う。
だから個人商店が元気でとてもいい。


joj61.jpg

これでもか!というほどの手書き感。

メリヤスというだけでレトロ感が。。。
私でさえ「メリヤスってなに?」って時代を送ったのに、今の若い子たちはもっと分からないでしょうねえ。。。メリヤス。



joj71.jpg

「うなぎ」と書かれてますが、八百屋のようです。



joj81.jpg


原宿での食べ歩きがクレープ(若い女の子しかしないと思いますが)だとしたら、十条はなに?
そこで十条の若者に聞いてみました(実際は後からつけてみただけです)。

若者3人組は、総菜や焼き鳥が並ぶ店に!
そして1本100円のつくねを買い、美味しそうに食べながら商店街を歩いて行きました。

あまりに美味しそうだったので私も1本。
うっめーっっ!!! 100円ですぞ! 大きなつくね団子がついて。
他にもいろいろ美味しそうな物が目白押し。



joj91.jpg


「さびれた」商店街というのも、被写体とかにはいいけれど、やはり元気で活気のある、人で賑わっている商店街を歩くのはこっちも元気になる。



joj101.jpg



ところで、最近元気な日本のフランチャイズカフェの特徴が、商店街にも表れている。
まず、「オサレ」と位置づけられているスタバやタリーズは、このような商店街(いわゆる、アーケード屋根があったりする)の中には入っていない。
その街にあったとしても、ちょっとお洒落な場所を選んでますね。

一方、このような東京の中心街から離れた味わいのある(?)街の商店街でよーく見かけるのはサンマルクカフェ。
サンマルクは逆に「商店街大好き」なんじゃないかと思うほど、渋い店の間に挟まって店を出していたりする。客層はおばさんとかおじさん。
もうそれはそれは、「ここでもサンマルクか!」ってくらいに渋いところで出会うのだ。このカフェのことはよく知らなかったのだけど、去年くらいからかな、急に目につき始めた。
オサレな通りにも、ビミョーな通りにも、選り好みせずに店を出すサンマルク。
コーヒーとパンがもうちょっと美味しかったら私も入るんですが。。。。

しかし、立石の商店街には、サンマルクさえありませんでした(笑)



joj121.jpg

十条の商店街の中に突然顔を見せる、大衆演劇劇場の篠原演芸場。

帰りに、ふと気になった店鯛焼き店 けんぞうで鯛焼きを買う。

つぶあんと焼き芋餡。すごく大きな鯛焼き。
ちょっと待ったけれど、これは待つ甲斐あって美味しかったー。
地元の人気店のようで、次から次にお客さんが来てた。

帰りはJR十条駅から埼京線で。
王子~十条と、よく歩いたしなんだか遠い所に来たような気になってたけれど、池袋まで5分、新宿まで10分。
近いのですよね、ホント。



joj131.jpg




『ブラック・カルチャー観察日記  黒人と家族になってわかったこと』高山マミ著 
11月に発売されました。
全国の書店で好評発売中!!

オンライン書店(以下は一部) 
Amazon
HMV
MARUZEN & JUNKUDO
楽天ブックス
セブンネットショッピング
ビーケーワン
紀伊国屋書店BookWeb
TSUTAYA
j book














東京慕情・本郷

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 17.2012 東京散策
hong11.jpg



どんどん頑張って日本滞在日記を更新したいと思います。
今回は「本郷も かねやすまでは 江戸のうち」の本郷編。

前にもブログで載せたことがあったけれど、こちらのブログでは初めてだ。


hong21.jpg


本郷といえば東大。
そして文豪が住み着いた旅館や下宿宿。

木村伊兵衛の「本郷森川町」という作品が好きなのだが、その路地は残っているものの、やはりもう風情はない。
頭の中で想像しながら歩く。
妄想は得意なので、いくらでも昔にトリップできる(笑)



hong31.jpg


本郷は坂が多い。
ここは樋口一葉が住んでいたという菊坂。当時の住居はもうない。

2年前に日本に久しぶりに帰ったとき、樋口一葉が5千円札の顔になっていてビックリした。ついでに野口英雄にも。
夏目漱石はいなくなっちゃったのね。



hong41.jpg

これは、樋口一葉も使っていたとされる井戸。
文学愛好者には垂涎の場所。




hong51.jpg


まだ健在でした、お気に入りの木造長屋。


hong61.jpg


「昔ながら」がそのまま残っている空間。

しかしこういう場所も、本郷からどんどん姿を消しつつある。
ギリシャやローマ遺跡のような石でないのだから、いつかは確実に姿を消していく木造建築。

そして誰かが所有者な限り、散策する人の目を楽しめるためだけには存在できないのですよ、住居は。残念だけど。
去年の地震にも耐えたことがある意味すごい。



hong71.jpg




今は更地となった場所。

hong81.jpg


2年前にここに来たときは、巨大な木造建築があった。


hong91.jpg 2010年撮影。

下宿屋の本郷館

いやはや、すごいオーラを放った建物だった。
去年、長い歴史にピリオドを打って取り壊された。

一体どれだけの東大生がここから巣立って行ったのでしょう。

建物って、無くなるとあっけない。
ここの風景も変わるな。


hong101.jpg



本郷は喫茶店が多くてそれぞれに個性がある。

今回入った喫茶店では、4年生で就職が決まったと見られる3人がカレーを食べていた。
一人はMファイナンシャルグループに決まったようで、就職先から電話が入った。

「すみません。さきほどお電話いただいたとき、地下鉄内だったから取れなくて。。。 再度お電話待っていたのですが、こういう場合はこちらからかけ直した方がよろしいのでしょうか?」

電話を切った後、仲間に聞いていた。
「留守電に「またお電話します」って入ってたらさー、電話は待つべきなのかな? それともこちらから電話すべきなのかな? わかんねー。。。。。」

とっても真面目そうな、感じのいい喋り方をする男の子。微笑ましー!

そうだよね。。。「またお電話します」ってわかんないよねー。
それにはルールはないのだよ。 電話した方がいい場合もあるしねえ。待っていた方がいい場合もあるしねえ。
でもちゃんと彼は、担当者に直接聞いていただけえらいっ!

立派な社会人になってください。


hong 111













東京慕情・神田

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 15.2012 東京散策
kand 11


今回は、「坊ちゃん」も下宿していた神田編。
神田と言っても、一括りに出来ないほど広い。面積の広さではなく、多様という意味で。
日本橋に人形町、牡蛎町、馬喰町、小伝馬町。。。。。と数多くの町名があるように、神田にも実に多くの町がある。
昔は日本橋区◯◯町、神田区◯◯町。。。と呼ばれていただけに、町ごとに文化も商いも違った。

そんな奥深い江戸の文化の中心地、神田。

東京都制などによって、数多くの由緒ある町名が消えてしまったのは、日本橋も神田も同じ。
だけどまだまだ、江戸の名残ありき名が存在する。今回はそんな須田町、多町、司町、紺屋町あたりを。
これらの名を聞くと、「内神田」とか「外神田」とか、「◯丁目」という名がいかに味気ないか。。。。と、江戸っ子の一人として嘆いてみる。



kand21.jpg


下町に行くとまだまだ見かける戦時中の防火用水槽。
65年以上経った今もしっかりとしたコンクリート作りなのは、焼けたり暴風で飛ばないため。
必要なくなった今は、植木鉢代わりに使われていたり、そのまま放置されていたり。
東京の下町は、当時木造家屋が密集していてまたたくまに火が広がった。
東京空襲の激しかった時代の名残。



kand31.jpg


ここら辺は、小さな印刷工場が多い。
かつてはもっと密集していたのだろう、と思う。
神田には神保町という本屋街や大学も多く、こういう印刷会社はヒマなく潤っていたのだ。

窓の中に見えるのは、版木?
歴史の古さを感じる。。。。



神田界隈が好きなのは、どこか自分が生まれた街、日本橋に似ているからだと思う。
私が生まれた頃は既に、近代的な建物があちこち建ってしまってはいたものの、古い家屋も合間に残っていた。
すこぶる「経済成長」と「町民の古い歴史」が合わさった、東京でも他の街では見られないフラジャイルなアンバランスさがあった。
それが私の中の「郷愁」で、神田界隈は私の郷愁アンテナをピリピリさせる。
不思議なもので、「江戸」らしい所にいたのは幼児時代までなのだが、その郷愁というものは祖父母や親の記憶を受け継ぐのかな、と思う。


神田と日本橋界隈が似ているのは、古い建物の雰囲気もそうであるが、ときどき現れるすごいモダンな近代建築。
アーチ窓に円柱。。。というようなファサード。それが小学校だったり、元市役所だったり病院だったり。
「モダン」という言葉自体がもう古いのだろうが、江戸の文化の中心は神田や日本橋にあったのだなあ、と感じさせるものの一つ。「粋」という言葉が似合っていた頃のお話。



ときどき現れるこういう物件。

kand41.jpg


ディズニーランドのシンデレラ城に感激しない私は、こういうものにしびれる。

これは隣の建物が無くなってしまったから見せる「脇」の部分。
このデザインだけで「モダン」ということが分かる。
で、正面に急いで回ってみると。。。。

kand51.jpg


おおおー、これこそ昭和モダン。
こういう建物、いっぱいありましたよ。

非常に洒落ているのだが、耐久性の問題でどんどん東京の街から壊されて姿を消して行く。
これもネットをかぶっているところを見ると、取り壊し決定なのか。

ステキなファサードとアーチ窓。
なんのビルだったんだろう。昔は、小さなオフィスビルもこんな形をしていたものだ。



kand61.jpg

ドアには鍵がかかっておりました。入れません(不法侵入する気かいっ!)

アメリカですと、こういう放置(?)された廃墟(?)があると中に入ってしまう私。
廃墟フェチなもんで。
なんでしょうね。。。アメリカって所はそういう管理に甘く、「怪我しても自己責任だよ」みたいに目をつぶってくれることが多い。
好き好んで廃墟に入る人って、ホームレスか廃墟好きフォトグラファーくらいしかいないんだけど。

でも日本の廃墟は、きちんと管理がされていて、不法侵入されないようにしっかり守られている。
日本ってさすがだなあ。「管理」っていう点がきちんとされている点。
市民のお行儀もいい、ってことでしょうが。

今日なんて私、近所の工事中の土地の前の歩道で、びろーんと折れ曲がったフェンスの針金の先が顔に当たりそうになってビックリしましたよ。
目に入ったら失明じゃーっ!!! と怒ったところで誰もいない。はい、歩く方が気をつけましょう、という国でございます、アメリカは。



kand71.jpg




ここはサカエヤミルクホール。

kand81.jpg

ミルクホールというのも、衰退の一途をたどっている。
名前がいいね、ミルクホール。
ミルク、すなわち牛乳がまだ贅沢品だった時代のお店。
「牛乳は体にいいですよー」と、西洋人を見習って、日本人の体質改善のために明治政府が推奨していたのだ。
その頃に沢山ミルクホールというのが出来たのだが、いまや店に行ってわざわざ「ミルク」を頼む人は少ないだろう。
このお店まだやっているのだけれど、行ったのが日曜日だったので閉まっていた。



kand91.jpg

そして神田といえばガード下。

美しき赤煉瓦高架の下に自販機の列。
これぞジャパーン!!
そう、自販機につい反応してしまうのは、一時帰国の身の悲しい性ね(笑)



kand101.jpg

ここはガード下の飲み屋街の中でも異彩を放つ今川小路。

居酒屋と民家が一緒になっているような、だけど半分以上は廃墟と化しているような路地。
ガード下の物件は格安というけれど、ここは戦後のどさくさの中で人が住み始め、商売し始めたような雰囲気満載。

人生のほとんどを私鉄沿線の、閑静すぎる(苦笑)住宅街で過ごしたもので、私の血はカオスというものに飢えている。
無秩序、無法の人間が生み出す混沌に。
平和や美が取り柄の、計画されて作られた郊外の秩序ある住宅街には、そんな香は一つもありませんから。
環境のすこぶる良き住宅街には、それなりのよさは整っておりましたが、まあ人は、無い物ねだりをするものです(笑)。混沌の中で育っていたら、こんな風には思わないのでしょうね。



ガード下に灯りのともる頃。
古本街から歓楽街まで。神田の濃厚な文化の層の厚さ。
This is my kind of town.


kand111.jpg






『ブラック・カルチャー観察日記  黒人と家族になってわかったこと』高山マミ著 
新刊が11月に発売されました。
全国の書店で好評発売中!!

オンライン書店(以下は一部) 
Amazon
HMV
MARUZEN & JUNKUDO
楽天ブックス
セブンネットショッピング
ビーケーワン
紀伊国屋書店BookWeb
TSUTAYA
j book












 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。