Treme

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 28.2011 New Orleans 0 trackback
treme.jpg


ニューオーリンズにはトレメと呼ばれる地区がある。
昔から黒人とクレオール文化の深い地域であり、一番古い黒人カトリック教会もこの地区にある。
3年前に訪れた時に、この黒人カトリック教会のミサに出たことがある。 
ジャズバンドはあるわ、ミサは長いわ(通常1時間で終わるのにたっぷり2時間)でビックリしたものだ。

今も昔もフレンチクオーターのような華やかさは全く無いが、ローカルの人々の生活を垣間みれる庶民的な場所である。
ハリケーンカトリナで破滅的な被害に遭った地域でもある。

去年から、テレビドラマでTREMEというのが始まった。
ハリケーンカ直後からのニューオーリンズ(トレメ)市民の生活を描いたもので、ものすごく興味深く、これまたはまっていたのである。
ニューオーリンズ好きとしても見逃せない。

先日からシーズン2が始まって、「おお~、楽しみにしてたぞ~」と思って観ていたら。。。。あら!! 先日ニューオーリンズ日記で書いたDavid Morseが警官役で出てるじゃない!! どうも今シーズンからレギュラーらしいのだ!

どうやら、私が見た撮影現場は、映画の「Medallion」ではなくて、ドラマの「TREME」だったようですね(笑)
私としては、ドラマのファンなのでそっちの方がずっと嬉しいのだけど。それならそうと、撮影を見ている時に気づけばよかったわー。
だったらDavid Morseさんにも、「TREMEファンなんですよ! 必ず観ますからね!!」って言えたじゃない~。目と鼻の先に居たんですから。
どうせ、映画では端役だろうなあ。。。なんて思っていたが、ドラマでは大事な役どころなんですね、これが。
これからも楽しみ♪ 楽しみ♪

日本で「TREME」はやっているのだろうか?
これから来るようでしたら、要チェックです。登場人物たちも皆個性があって面白いし、ハリケーン後のニューオーリンズの人々の苦労がドラマとはいえ興味深い。

TREMEのイントロ

写真は、先月ニューオーリンズに行った時に撮ったトレメ地区。
スポンサーサイト

ニューオーリンズ★夜の灯り

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 03.2011 New Orleans
yor11.jpg


夜の散策@ニューオーリンズ。


yo21.jpg


アンティークショップが並ぶ通りは、夜はより洒落た灯りを放つ。

バーやクラブが並ぶ通りは、夜はより怪しく猥雑な灯りを放つ。


yor31.jpg


ニューオーリンズという街は、最低2度経験した方がいいのかもしれない。

一度は酔っぱらって歩く。完全に夜型人間になって、夜な夜なクラブを渡り歩く。
もう一度はしらふで。酔っぱらいの居ない朝早い時間帯に、美しい建築を静かに見て回る。そして夜は、またしらふのままで酔っぱらいを観察する。

両方楽しい。


yor41.jpg



yor51.jpg


最初に来た時は、私も友人らとどんちゃん騒ぎをしていた。
夜のフレンチクオーターをぶっ飛びながら歩き、クラブで音楽を聴きまくり、美味しい物を食べまくった。
建築物やら他の事はあまり覚えていない。
それはそれで本当に楽しかった。

今回もカメラを持ちながら、酔っぱらった人たちを写していると、彼らは本当に楽しいんだろうな、と思うのだ。
しらふで観察するのも楽しいが、向こう側に徹する事も楽しいのだ。
ただ、向こう側の世界だけだと、この街は本当にいい物を見落としてしまうので、一度はしらふで戻って来ないと勿体ない(笑)

朝の4時までクラブで騒ぎ、6時にしらふで起床して早朝散歩を出来る人はなかなか居るとは思えないので。


yor61.jpg


ニューオーリンズを去ってしばらくすると、またこの街に戻ってきたくなる。
写真を整理しながら恋しくなってきた。
南部の風をまた感じたい。


まだまだ載せたい所はいっぱいあるのですが、とりあえず今回でニューオーリンズ日記はおしまいにしま~す。
読んでくださってどうもありがとうございました♪


yor71.jpg








映画"Medallion"撮影現場

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 02.2011 New Orleans
med11.jpg


マルディグラが終わると、翌日からニューオーリンズの街は、急に静かになる。
仮装している人もビーズを付けている人ももう居ない。
マルディグラ目当ての観光客は、翌日に皆帰る。

静かになったフレンチクオーターを歩いていると。。。んん???なんとまだ仮装しているグループが!!??
なんかそこだけ賑やかだぞ?? どうしたんだろう??

そう思って近づくと、「HOLLYWOOD」と書かれたトレーラーが何台か停まっていた。
よくある大型のトレーラーは、フレンチクオーターの狭い路地を塞いでしまうので、小型トレーラーである。
ははん。。。なるほど。映画撮影だな、と思った。

実際のマルディグラの翌日に、街にそのままの喧噪や余韻や飾り付けが残っているうちに撮影するとはなかなか賢い。

ニコラス・ケイジ主演の新作、「Medallion」だとか。
なんとニック・ケイジは実際のパレード中にも撮影していたらしい。あの雑踏の中に居たのか。。。。


med22.jpg


仮装したエキストラたちが、合図と共に何度も何度も踊り狂ってみたり、ビーズをキャッチしたり。。。を繰り返している。
見た感じはカーニバル中の仮装の人々と変わりはしないが、大きな違いは、合図と共にピタッと静かになり、ちゃんと人の言う事を聞いてる事(笑) 本当の酔っぱらい軍団とは違うのだー。

この仮装で、静かに合図待ちをしている姿は、何とも滑稽なのであった。

しかもこの撮影現場、フェンスも何も無くて、撮影だと知らない観光客がどんどん歩いて入って来るのね(笑)
気づかないメキシコ系のファミリーが、エキストラと一緒に手を上げてビーズもらおうとしたり(爆)ウケた!!


med31.jpg


私の目の前にはポリスが立っていて、撮影を見守る警備のポリスだと思ってたら。。あれー!この人知ってるー!!
えっと。。。えっと。。。何て名前の俳優だっけ??
よく脇役で出て来るのだ。
一番覚えているのは、ビョークが主演した「ダンサー・イン・ザ・ダーク」に出て来た、嫌な役の警官! そう、あの映画でも彼はポリスだった。
確か善人の隣人面して、盲目のビョークを騙すのだ。イヤーなヤツだったのでよく覚えている!(笑)

私の周りにも撮影現場を見ている旅行客が居るので聞いてみた。
「そこに居る俳優なんだけど、名前なんでしたっけ?」
「え? どこに居る人?」
「そこのポリスです」
「ええーっっ!!?? 本物のポリスじゃなかったのー??」

。。。。と、まあ、皆ポリスだと思ってたんですね(笑) あまりにはまり役だから。
で、顔を確かめると、皆一斉に「ああーーーー!!!! 知ってるーーー!!!」となる。

皆で、なんだっけ。。。なんだっけ。。。ほら。。。アレにも出てた。コレにも出てた。。。えっと。。。えっと。。。。と悩んだ。
皆で悩んだんだが、皆彼の顔を知っているのだが、名前が出て来ないっ!!
目の前に本人が居るのだから、本人に聞けば一番手取り早いのだが、そんな事は失礼でできない(笑)


med41.jpg

そんな事話してたら、もろカメラ視線!!!
「あなたのお名前なんでしたっけ?」(心の中で)

後で調べたら、David Morseでした。
うーん。。。よくありそうな名前。 また忘れそう(笑)


med51.jpg


ニューオーリンズを去る日も、空港までの車の中で撮影現場を見た。
カーニバルのフロート(山車)と仮装の人々がちょっとはずれた所に居て、静かになった街でそこだけまだお祭りだった。

映画は来年公開だろう。
どんな風に映されてるのか観るのが楽しみだ。





黒人墓地@ニューオーリンズ

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 01.2011 New Orleans
ho11.jpg


ニューオーリンズのカトリック墓地を紹介したが、ニューオーリンズの人は確かに、墓地にすごくお金をかけ、豪華に葬る。
今では敷地一つが1千万円する所もある。土地代だけでそれなのだから、さらに大理石で立派な廟を建てたり彫刻を作るとなると大変だ。いい墓地に死者を葬るのには家を建てるようなお金がかかる。

しかし、ニューオーリンズの墓地がどれもこれも立派なわけではない。
ガイドブックにも無い、小さな黒人カトリック墓地が存在する。


ho21.jpg


遺体が流れるので土の中には埋めず、土の上の廟に葬るニューオーリンズ式墓地が一般の中、黒人墓地は一目見て様式が違う。
貧乏な黒人たちは、廟を建てるお金が無かったので、全て土の中に埋めたのだ。
だから、家のような廟も無いし、彫刻も存在しない。とてもシンプルな墓地。


ho31.jpg


ベッドのような枠があり、それが遺体が眠る場所なのであるが、まるでフラワーベッドのようなのだ。
草と花に覆われて、十字架やマリア像がポツポツと立つガーデン!

石の代わりに木の十字架も目立つ。
石と違って朽ち方の早い木は、時間を経て傾き、草や土と一体になっている。


ho41.jpg


墓石の手書きの文字に泣ける。
石を彫るお金もない人たちは、拙い文字で名前や言葉を書く。
そこには、豪華な墓地とは違った感動が流れている。


ho51.jpg


ニューオーリンズは死者の街とも呼ばれるが、お葬式も派手で賑やかなことで知られる。
人が亡くなると、ジャズの楽隊付きで遺体を共なって家族親戚、友人らでパレードする。
その音楽を聞きつけると、知らない人たちもパレードに続き、踊りながら歌いながら墓地まで行進するのだ。

楽しそうに、賑やかに、死者は見送られる。


ho61.jpg






個性派ルームメイトたち@ニューオーリンズ

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 31.2011 New Orleans
ro11.jpg


ニューオーリンズでは最初の3日はホテルに泊まったが、マルディグラが近くなるとホテル代は高くなり、特に最後の5日間~1週間は通常の最低2倍、場所によっては3倍の宿泊料になる。
私のように2週間も滞在するタイプは、とてもじゃないが2倍にも3倍にもなるホテルになんぞ泊まれない。
ホステルやモーテルさえバカみたいな値段になるのである。

そこで、住民がマルディグラシーズンに自分たちの住居や部屋を貸し出しているのを知って申し込んだ。
いわゆる短期のルームメイト募集みたいなもの。
とりあえず便利な場所にあり、wifiがフリーならば(無線LAN)仕事には差し支えない。


ro21.jpg


私が泊まったゲストハウス(?)は、オーナーはそこには居ないが住居人が2人の女性で、ルームメイトも女性オンリーを募集していた。まあ、女性オンリーだから安心とか安全とか綺麗。。。ってことはないんだけど(笑)
まあ、最低限の物は揃っていた。
私が居た時はそこの貸出人の女性も合わせて5人だったが、バスルームは3つ付いてるし、洗濯機や乾燥機ももちろんあるし、キッチンも何もかもちゃんと揃っている。

しかし、すごく綺麗なのをニューオーリンズの住人に期待してはいけない。
ここはボストンではないのである。
そう、ボヘミアンの街、ニューオーリンズ。流れてやってきた者たちが、居を構える街。
住居人の女性2人も、ボヘミアンタイプであったのはいうまでもない(笑)
私も人の事言えないが。。。。


ro31.jpg



まず腰まで髪の長い変わったアジア系の女性が部屋を案内してくれたのだが、こんな所でアジア人を見るのは珍しいな、とまず思った。
彼女も私を見てそう思ったらしい。日本人というより、アジア人の女性を受け入れた事は初めてだとか。

彼女はニコルといい、韓国人だった。
アリゾナで結婚をし、離婚し、10年かけて色んな所を渡り歩き、やっと永住する場所を見つけたのだとか。。。それがニューオーリンズ。
「ここが一番自分で居られるわー」と言っていた。

ニコルはいつも昼間からネグリジェみたいな格好してたり、家でも網タイツ穿いていたり、ひらひらフリフリのセクシー系服が好きな女性である。
好きな物は、お酒とセックス。。。と、初対面の私に豪語していた。。。。。そんな事豪語されても。。。。
かなりの変わり者なのだが、話してみると面白い。ぶっ飛んでいる。自分でも「クレイジー」だと言っていた。だからクレイジーな男が好きだと(爆)

私はもう1人だけとても個性的でクレイジーな韓国人女性を知っている。
「ニコルは私の知っている韓国人で2番目にクレイジーだ」と言ったら、「ええー! 他にもクレイジーなコリアンを知ってるの? 普通コリアンたちって、皆まともなのよ」と言っていた。知ってますよ(笑)


ro41.jpg


ニコルは1つ違いのお姉さんが韓国に居るらしく、写真を見せてくれた。
写真には、赤ちゃんを抱いた、落ち着いた色のチマチョゴリに身を包んだ正当派韓国美人が写っている。
えっええーーー!!! これがお姉さん?? 全然似てないじゃんっ!!
私の目の前に居るのは、朝から化粧の濃いニコル。毎日爪の色を変え、昨日は蛍光緑だと思ったら今日はオレンジ色だったりする。
お姉さんは弁護士らしい。
ニコルとは小さい頃から似ていなかったのだとか。
うーん。。。。そうだよね。きっとニコルは母国では浮いていたのだと思う。一度はお姉さんと同じように大学で法律を勉強したらしいが、挫折したらしい。
。。。そして、ボヘミアンになった(笑)
彼女は毎日好きな格好をし、時々近くのホテルで働いている。
洋服を買うのが趣味らしく、買って来ては私に見せに来る。
ひらひらフリフリのランジェリーみたいな服。彼女にとってはこれは下着ではなく、立派な外着なのだ。
「沢山同じようなの持ってるじゃん?」と、会って3日目の私も突っ込みを入れたかったが。。。


ro51.jpg


もう1人の住民は、エミリーというノースカロライナのラリー出身の女の子。
彼女はフレンチクオーターのバーで働いていているので、夜7時頃ご出勤で朝方の4時とか5時頃帰って来る。
だから数回しか顔を合わせる事はなかったが。

一度私も、夜の街にこれから出かけよう。。。。と思っている時に、彼女はご支度をしていた。
赤いティーバックの下着でうろちょろ歩き、網タイツを穿いた。
そして超ミニスカートを履いて、「これでいいかしら?」と私に聞く。
何でも構わないんじゃない?と正直思っていた私は、「十分可愛いわよ」と言っておいた。

彼女はとても可愛い女の子なのだが、整理整頓が超苦手と見える。ニコルは衣装持ちであるが、きちんと整理はしていた。
エミリーは、ランドリー行きの服や下着を、段ボール箱の中に山ほど突っ込んで、全然洗濯する気配もない。
そして彼女の荷物は、あちこちに散乱。
服もラップトップもバッグも化粧道具もコートも何もかも!!
「これでいいかしら?」と私に聞いた後、靴を履いたのだがもう片方の靴が出て来ない!!! 信じられない!!
その靴を探すのに何分かかってたんだろう?

ノースカロライナのラリーには、父の出張に付いて昔訪れた事がある。
父の居たIBMを始めとする、IT都市である。
「ラリーなんかに来た事あるの?」とエミリーは驚いていた。「ああ、ラリーのIBMはでっかいよね!」と言っていた。
なんと彼女のお父さんは、富士通で働いていたのだとか。ラリーといえば、本当にIT企業勤務がほとんどなのである。
富士通勤務の堅いお父さんを持つ娘は、フレンチクオーターのバーで夜な夜な働いている。
エミリーも立派なボヘミアンである。そういえば彼女はフォトグラファーになりたい!って言ってたなあ。


ro71.jpg


もう1人のルームメイトは、旅行客で長期滞在者のスウェーデン人の女の子。
女の子。。。と言ったらいいのかなんなのか。。。一目見て彼女はダイクだと分かった。男っぽいレズビアンである。
野太い声に態度も話し方も男性的。なんか頼れる感じ。余計な事は一切話さない。家に居る時はいつも本を読んでいる。

彼女(?)の名前は忘れてしまったのだが、マックスって感じだったから、仮にマックスと呼ぼう(笑)
このマックスは、分厚い「USA」のガイドブックを持っていて、1人でアメリカを数ヶ月かけて回っていると言っていた。
マックスは住居人の二人(ニコルとエミリー)のように、「この服どうかしら?」なんて事は冗談でも聞いて来ない(笑)

ro81.jpg


なんと言っても整理整頓の出来ないチャンピオンはエミリーであったが、マックスがすごいのは、自分が履いた靴下を、ずーっと床に転がしている事。
拾いもせず、丸まったまま。他の服はちゃんと片付けているのだが、マックスの靴下がいつも転がっている。
もっとすごいのは、ある日裸足で入って来たかと思うと、床に数日間転がっていた靴下を拾い上げ、適当に色を合わせてまた履いて行った事。
ええーっ! それまた履くんですかーっ!! 古いっすよーっ!!
そういう所が男。。。というと、男性諸君に失礼であるね(笑) 

マックスは私が去る前日に西の方に向かって旅立って行った。
「よい旅を!」と言うと、「Thanks!!」と野太い声で返って来た。


ro91.jpg


最後のルームメイトは、パリからやってきた旅行客のドミニクちゃん。
この子は本当に可愛かった。顔も仕草も何もかも。
ボーイフレンドと一緒に旅行をしていたが、彼は先に仕事があるので帰ってしまい、今1人で旅を続けている。

ドミニクは何故か私の事が気に入ったようで、顔を合わせると話したそうに付いて来る。
「明日はどこに行くの?」「何するの?」
私はフォトグラファーだと言うと、毎日自分の時間で動いているのだろうと察してくれたが、「もし、お昼の時間とか、お互いに近くに居たら、一緒にランチとかお茶とかしない?」と聞いて来る。
「いいわよ」と電話番号を教えると、翌日本当に、すっかり忘れていた頃に携帯メールが入る。

「今どこ? 私は○○に居るんだけど、お昼食べちゃった??」

残念ながらその時、2人はかなり離れた所にいたので、ランチするのは無理だった。
「分かった。じゃあまたね~」とドミニクからメール。

すると夜にまた、「今どこに居る? 夕食食べちゃった? 今私は○○に居るんだけど、会える?」と来た(笑)
可愛いなー。本当に。なんで私こんなに気に入られたんだろう?(笑)
自分の時間で1人で動きたいのが基本の私であるが、可愛いドミニクのためなら時間を作ろう!って気になってくる(笑)
可愛い女の子にふにゃふにゃになっちゃうおじさんの気持ちがよく分かるなーww(私はおっさんかっ!)

私はあいにくレストランに居て、1人でガンボをもう食べてしまっていた。
「今もう食べちゃったんだけど、チェック済ませたらすぐ行けるから、どこに居る?」と聞いたら、「大聖堂の前で待っている」と返事。

ro101.jpg


お会計済ませてレストランを出て、電話をもらってから10分くらいで大聖堂の前に着いた。
すると、教会の前の階段に、ドミニクがちょっこり座っているではないか~!!! いじらしい!!
暗闇の中で私を見つけると、嬉しそうに手を振ってやって来る。

私が男だったら、この時点で絶対に恋に落ちてるんだろうな、と思った(笑)
可愛いドミニクが自分を待っている!! 旅先での出会い。
このチャンスを物に出来なかったら、男として恥だろうww

。。。とまあ妄想はほどほどにし、目の保養になるドミニクちゃんと一緒に夜の街を歩き、彼女のお土産ショッピングに付き合った。
人のお土産ショッピングに付き合おうなど、私の辞書には無い。それはドミニクちゃんだからあり得たのだ。
可愛い笑顔は人を変えてしまうのだ。。。とつくづく思った。(おっさんの気持ち)

私はその夜はジャズクラブに行きたいと思っていて、彼女と意見が一致した!
よっしゃ! クラブホッピングしよう!!
昼間に私が目をつけておいた老舗ジャズクラブ。そこへまずGO!!
音楽大好きだというドミニクちゃんは、体を揺らせて楽しそうだった。期待以上のジャズオーケストラで、私もこの夜に素敵な相棒が居た事には感謝する。
その後も、別のジャズクラブへ!
夜中過ぎに24時間営業のマックでチキンナゲットを食べて(笑)、路面電車で一緒に帰宅した。
楽しい夜だったなあ。


ro111.jpg


ドミニクちゃんはパリでアニメーションの会社に勤めているらしい。
日本のアニメも大好きだと言う。特に宮崎駿の作品が。
スタジオジブリのことを「ギブリ」「ギブリ」と言っていた。私もどっちが正しいのか分からなくなって来た。

宮崎駿の「シロ」が好き。。。と言う。シロ。。。??
それが「千と千尋」のチヒロのことだと分かるのに時間がかかった。私も日本語のタイトルをすっかり忘れていたのだ! 英語では「Spirited away」だし。
Chihiro。。。。って、Chiはフランス語で「シ」になるし、「h」は発音されないから「シロ」になるんだよね(笑)  フランス語タイトルは「シロ」らしい。。。
それから「紅の豚」が好きだと言ってたな。

音楽とアニメの話をする時の彼女の目の輝き!! きっといい仕事してるんだろうなあ。

私がシカゴに帰る日。
ニューオーリンズの空港に居ると電話が鳴った。最後のメッセージ。
「気をつけて帰ってね! ジャズ楽しかったね!!」
なんて可愛い子なんだろうなあ。。。。男だったら、絶対に間違いなく恋に落ちてる。。。空港から引き返して彼女に会いに行こうか、間違いなく迷っているだろう(笑)

彼女は後1週間アメリカ滞在するので、「1週間で行ける所でお勧めある?」と聞いて来た。
だから、ニューオーリンズから車で行けるとしたら、テキサスのサンアントニオをお勧めした。
私は行った事が無いのだが、いつか行きたいと思っている。

彼女はその後お勧めどおり、レンタカーを借りて1人でサンアントニオに行ったらしい。
そこからメールが来た。すっごく気に入って本当に来てよかったと!!
よかったよかった!

私も時間に余裕があれば、一緒にサンアントニオまで行きたかったんだけどね。
男だったら迷わずに、そうしなきゃいけないね(爆)


w21.jpg











 HOME