スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス風パイ屋さん

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 08.2013 アメリカの味/外食
britishpie1.jpeg




シカゴに数年前、とても美味しいパイ屋さんができた。
特別ミートパイのファンではないので、最初は「美味しい」と言ってもたかしれだと思っていたのだが、これが感激するほど美味しくて、一時は週に一度は立て続けに通っていたほどだ。





british pie2





このパイを食べるまで、本当に美味しいミートパイを食べたことがなかったんだ、と気づいた。

人生で最初に食べたミートパイは、サンジェルマンのミートパイだった。サンジェルマンのパンは美味しい方だと思う。東急沿線の郊外で育ったので、サンジェルマンとは切っても切れない縁があった。子供の頃から、あそこのパンは全種類食べたと思う。
そこのミートパイはそこそこ美味しかったのだが、出来立てではなく作り置きしたものが売られているわけで、家に帰って温め直す。
パイの美味しさは、出来立てかそうでないか、だけで決まるわけではないが、オーダーしてからかなりの時間を待って、オーブンから熱々のパイが運ばれてきたときの香ばしさ感は、やはりパン屋のパイとは比較にならない。
どうもミートパイというのは好きではなかったのだが、このパイを食べてからイメージが変わった。

この小さなパイだが、8ドルする。安いのか高いのか。
パイの中のトロトロのビーフを食べたら、たかがパイでも8ドルするのは納得なのだ。リーズナブルだと思う。




britishpie3.jpeg




完璧な厚さとサクサク感のパイ生地の中に、これまたこんなに美味しいビーフシチューは滅多に食べられない、といった肉が入っている。
時間をかけて、ビールで煮込んだビーフだそうだ。

パイの種類は、他にチキンや野菜のみの4種類だけ。
この4種類のパイと、フィッシュ&チップスのみを売って商売している。あとデザートが少々。
サイドのマッシュポテトも美味しい。
あれこれ迷うことはない。この店に行く前から、既に頭の中はビーフでいっぱいになる。





britishpie4.jpeg



器に入った丸いボールみたいなのは、スコッチエッグ。




britishpie5.jpeg



中身はこの通り。とてもいい仕事をなさっている。

メニューの少ない素朴な店なのだが、平日も夜は大混雑。数種類のパイだけで勝負できるって、素晴らしい。いやー、ホントに美味しいのだ。

あるようで意外となかったミートパイ屋専門店。
野菜は近所の土地で育てているらしい。
いろいろメニューを増やすより、美味しいパイ生地作り&コトコトとビーフシチュー煮込みにずっと専念してもらいたい。





料理ブログ「アメリカ・無国籍食堂」も更新しております。どうぞよろしく♪
最近のメニューは、ドーナツピーチのクロスタータ夏野菜のファルファッレなどなど。




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より去年発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon


スポンサーサイト

キューバンサンドイッチ

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 29.2013 アメリカの味/外食
90miles1.jpeg




夏の週末ブランチ。
暑い日だったので、「キューバ」へ行こう、と。

キューバンサンドイッチの店。

あ、ドアの中から小さな女の子がのぞいてる(笑)





90miles2.jpeg





店の壁画は人目を引くが、裏もこの通り。
洗濯物が干してある(絵です)。





90miles6.jpeg




90miles3.jpeg



キューバと言えば葉巻。
COHIBAのシガーケース。

うちの夫は全くタバコは吸わないけれど、いちじシガーだけはときどき嗜んでいた。COHIBAのシガーを。
キューバ製品はアメリカには輸入されないので、人から買ったり特別なルートで手に入れるしかない。だから高価。





90miles4.jpeg




テラス席にてキューバンサンドイッチ。
ポークハム、ピクルス、チーズ、などが入ったオーソドックスなもの。
ハムのボリュームがあるので、結構お腹いっぱいに。

奥のシェイクはマンゴーとグアバ。


キューバには行ったことがないのだが、ちょっぴりキューバ気分が味わえる店。
気分が味わえるのも夏だけだ。
冬にこの店に来ても、店の外は雪景色だからねえ。。。(笑)



90miles5.jpeg




料理ブログ「アメリカ・無国籍食堂」(タイトル変更しました)も、美味しいもの更新しております。
チーズ&ディルスコーンジューンベリークラフィティなどなど、いっぱい。





『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より去年発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

かわいい店の大きなハンバーガー

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 06.2012 アメリカの味/外食
hama11.jpg



わが夫はとてもアメリカンなので、ときどきハンバーガーを食べないと元気が出ない。
この日も「今日は絶対にハンバーガー」と言い張っていた。

なんとなく気になっていた店がシカゴのスウェーデン人街にあった。
名前といいガーリッシュだし、きっととても品のいいハンバーガーを出す店だろうと思ってここにした。
品のいいというのは、要するにスポーツバーとは違って、アメフトファンや野球ファンが試合を見ながらたらふく食べるようなボリューム大のハンバーガーではないだろうな、ということである。




hama21.jpg



店内はこんな感じ。
全然スポーツバーとは違い(名前からしてそれは当然なんだが)、赤いカーテンなんかあって、ちょっとお洒落なバーみたいな雰囲気。
ガーリッシュな店名に反して、意外と男性客が多い。やっぱりハンバーガー屋だからか。




hama31.jpg



ところがどっこい。
夫はダブルチーズバーガーを頼んでいたが、出て来たのがこれだよ。
ナイフに刺さって来た。。。。

どれくらいでかいのか、肉の厚さまでお見せ出来ないのが残念。
たれかかったオニオンとチーズで、とても開く気にはなれません。

ダブルにしなくてもよかったんじゃないかと思いますがね。。。。 でも残さずにペロリと平らげておりました。




hama41.jpg




私はBLTならぬ、BALTだかBLTAだったか、どこかに「A」入ったサンドイッチ。
ベーコン、レタス、トマトにアボカドが入ったもの。
サイドはフレンチフライじゃなくてポテトサラダに。このポテサラが美味かった。


この店のウェイターは皆どこか女っぽい。
そうなのだ、とてもゲイが多いのだ。ゲイじゃなくても、女装というかちょっと女っぽい格好している人も。
ここは、ゲイやレズビアン先進国のスウェーデン人街。
ゲイタウンというほどではないが、ゲイフレンドリーなのは確かで、歩いている人もゲイが多い。

この店は定期的にドラッグクイーンパーティもやっているそうだ。
そういわれると、店頭の金髪女性のキャラクターのメリーさんが、ドラッグクイーンに見えて来た。




hama51.jpg



お会計の伝票は、ピンヒールに入って出てきましたよ。
さすがやっぱり、ドラッグクイーンの店っぽいです。っていうか、別にこの店はそういう店じゃないのね(笑)
そういうコンセプトで開いた店じゃないはずです(笑)



新しいブログ「New York ノスタルジア」もどうぞよろしく。



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より5月に発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング


『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

pretzel roll & mojito

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 17.2012 アメリカの味/外食
turk11.jpg




最近のバーガーショップは、やたらと「選ぶ」ものが多い。
カウンターでバンの種類をまず選択。
次にトッピングをいちいち選択。トマトやレタス、オニオンは焼くか生か、ピクルスは?レリッシュは? マッシュルームは入れる?入れない?いろいろ。
エクストラで卵は?ベーコンは?
チーズを入れる場合はこれまた数ある種類から。
最後にソースを選択。
マヨネーズ、ケチャップ、マスタード、ハニーマスタード、ステーキソース、BBQソース。。。。etc.
ファストフードだというのに、カウンターでオーダーする時間が随分とかかり、待つのにも随分かかる店が増えてきた。
その分もちろん、料金も高い。
安いバーガーからグルメバーガーまで、やっぱりアメリカ人はハンバーガーが好きだ(それとピザも)。





turk21.jpg

自宅で作るバーガーは、野菜たっぷりのターキーバーガー。
サラダほうれん草とアボカドとトマト。
それとわさびマヨネーズ。

バンはプリッツェルロール。

turk31.jpg



飲み物は青汁ではない(笑)
アルコール無しの、昼間から飲めるモヒートだ。
私は、ミントの味が沢山出るように、葉をいっぱいすり鉢でする。
ライムもグラス1杯に丸ごと一つ絞る。
だからグリーンになる。

夏の暑い日は、ヘミングウェイも愛したモヒートで乗り切るのだ。
ヘミングウェイはアルコール摂り過ぎで肝臓障害を患ったが、ラム抜きなら何倍飲んでも健康的なビタミンCドリンクとなる。




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より5月9日発売!
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング




『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!

オンライン書店(以下は一部) 
Amazon
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング
ビーケーワン
紀伊国屋書店BookWeb

エチオピア料理

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 03.2012 アメリカの味/外食
ethio21.jpg



「好きなエスニック料理は?」と聞かれれば、迷わずにベトナム料理とエチオピア料理と答えるだろう。
ベトナム料理なら週5でもいいし(実際、1ヶ月ほどのベトナムの旅を何度かしているが、毎日現地料理を食べて飽きたことがない)、エチオピア料理なら週3でもいい。

実際、週に2~3度の割合で半年くらいエチオピア料理を食べ続けた時期もある。
その頻度の高さの理由は、病み付きになる味付けだということと、夫も私と同じくらいエチオピア料理ファンで、この頻度で飽きないからだ。

エチオピア料理というのは写真のように、少しずつ煮込み料理を人とシェアして食べた方が美味しいので、最低相棒が一人いた方がいい。5~6人で食べると色んな味が楽しめる。

シカゴにはアフリカ人(アフリカ各地からの人が交わっている)のコミュニティがいくつかあり、いくつものエチオピアンレストランがある。
どこもエチオピア人の店なので、味も盛りつけも本格的だろうと思う(エチオピアに行った事がないので比較のしようがないが)。
その全店を試したが(笑)、同じ料理でも家庭ごとに味が違うように、店によって味付けが違う(でも、出て来るものは大体同じ)。

日本の主食が米なら、エチオピアの主食はインジェラと呼ばれるクレープのような(味は全然違う)パンだ。小麦じゃないので、パンと言っていいのかどうか。



ethio41.jpg



このフワフワとした、湿った感じのインジェラ。
重なってこうやって出て来るとナプキンに見えるので、思わずひざに置いてしまった。。。というアメリカ人もいる、なんてジョークも(笑)
日本人はこれで顔など拭かないように。おしぼりではありません。実際に、くるくるっと巻いて出て来る店もある。

エチオピア料理はアルミ製の広いお盆に、このインジェラを敷き、その上に沢山の煮込み料理が乗って出て来る。
フォークやナイフは一切なし。インジェラをちぎっておかずをつかんで食べる。
食べ方はインド料理に似ているが、味は全然違う。スパイスをふんだんに使った料理であるが、インド料理とは違う。なんの料理に似ているかといえば、なんの料理の味にも似ていない(笑)
エチオピア料理はエチオピア料理としか言いようがない。

このインジェラは酸味が強く、これが好きな人とダメな人とに分かれるようだ。インジェラの味がダメならば、エチオピア料理は向かないだろう。
だからエチオピア料理は、大好きで病みつきになる人と、「一度きりでいいや」となる人とに分かれる。
私はこのインジェラに病み付きで、料理の味付け(スパイス)にも病み付きになった一人だ。一度食べると、翌日には恋しくなる。そういう麻薬のような食べ物。

エチオピアに行った日本人旅行者で、インジェラを「臭いボロ雑巾のような味」(その酸味から、であろうが、ひどいw)と言っている人もいるので、本当に合わない人にとっては厄介な食べ物なんだろう、と思う。
エチオピア現地でインジェラがダメだったらきついだろうなあ。



ethio31.jpg


料理はほとんどがシチューのような煮込み料理。
中心にあるのはほうれん草。その左上にあるのは牛のひき肉。時計回りにサラダ(塩分の効いたドレッシング)、ひよこ豆をつぶしたもの、白魚(ティラピア)、赤レンズ豆、サラダ、鳥肉。
野菜料理の種類が多いので、ベジタリアンにも人気の料理だ。

日本はどんなエスニック料理も食べられる国だけど、「エチオピア料理は食べたことない」「見たことない」という人が意外と多いので、今回写真を撮って来た。
いつもは出て来るとすぐ手をつけて食べちゃうのだが(大好物だから待てないのよね~)、今回は相手が夫だけだったし、「ちょっと待って!」と出る手を制止しつつパチリ。




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より5月9日発売!
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング




『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!

オンライン書店(以下は一部) 
Amazon
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング
ビーケーワン
紀伊国屋書店BookWeb




 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。