ミュージシャンいろいろ

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 28.2016 音楽/歌詞
jeffbeck.jpg
Jeff Beck

ジェフ・ベック。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」では常にトップ10に入るくらいのギタリスト。ギター弾きなら誰しもが敬愛するジェフ・ベック様。

今夏のコンサート撮影のミュージシャン、載せきれなかった部分をアットランダムにご紹介。


theroots1.jpg
The Roots

ザ・ルーツ。
ヒップホップにとどまらない音楽性を披露してくれる偉大なグループ。

theroots4.jpg
Questlove
ドラマーのクエストラブ。


transviolet2.jpg
Transviolet
トランスヴィオレット


isleybrothers3.jpg
The Isley Brothers
アイズレー・ブラザーズ。

今ではお二人のご兄弟がご存命。もうお歳なので。。。と思っていたけれど、まだまだお元気。


shielae6.jpg
Sheila E.
シーラ・E。

一世風靡したシーラ・E。相変わらずパワフルだし、相変わらず素晴らしいアーティスト。



elleking1.jpg
Elle King
エル・キング

今年は”Ex’s and Oh’s”が大ヒット。

elleking.jpg

好きですねえ、エル・キング。
まだ26歳なんですが、すごい貫禄です。見かけはロックだけどブルージーで、カントリーの下地がしっかりしていて。
今後もどんどん活躍していただきたい若手。


料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪
最近のメニューは、シュリンプ&グリッツなどなど。


『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

スポンサーサイト

ビリー・アイドル

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 25.2016 音楽/歌詞
billiidol4.jpg
Billy Idol

今夏もコンサートに色々行きましたが、沢山あってこちらのブログにアップするのが大変遅れてしまいました。
7月のビリー・アイドル。Taste of Chicagoというフェスティバルにてのコンサート。


billyidol1.jpg


昔のビリーしか覚えていない人は「年取ったなあ」と思うかもしれませんが。
私は去年彼のコンサートを観まして、相変わらずの元気ぶりに驚いておりました。


billyidol3.jpg


いやー、大したものだと思います。ロッカーは肉体労働です。
ヴォイストレーニングだって積んでいなければ声は出なくなるし、この年齢で迫力あるステージを張れるって努力の賜物。
ヨボヨボで動けなくなったらロッカーは終わり。ビリーも終わり。


billyidol7.jpg


billyidol8.jpg


しかも、夏の屋外ライブは暑い。じっと立ってるだけでも暑い。
それでビリーは長袖衣装着てますから。ファッション重視してきたミュージシャンって、イメージ崩せないから大変。
Tシャツ短パンでデビューしたロッカーたちって、年取って楽だと思うよ。アメリカ人に多いですが。そういう方達は確実に体型も崩れてきておりますね。
ビリーは維持しています。大したものです。


billyidol5.jpg


billyidol12.jpg


夏は立て続けにいろんなミュージシャンを撮りましたが、一番フォトグラファーを疲れさせてくれたもの、このビリー・アイドル。
ステージをエネルギッシュにあちこち動き回るから。アクションが多いから。一時も同じ表情をしないから。フォトジェニックなアングルがありすぎて、フォトグラファーは移動に大変なわけです。
しかも見せ場を沢山作ってくださる。こちらは息をつく暇もない。


billyidol9.jpg

暑い日だったので、途中でさすがにビリーも暑くなって上着を脱いだのですが。。。その一つ一つの動作が絵になるのね。
「常に見られている」ことを意識してきたスターならでは。
なかなか、頭の先からつま先まで手を抜かないパフォーマーっていないです。皆、人間ですから。売れっ子でも隙を見せます。ちょっとしたことに手を抜かない人って、プロの中のプロだなあ、と思う。ステージの裏ではいい加減人間かもしれないけれど、ステージ上でビシッとする人。
いい意味でも悪い意味でも、最近は舞台裏と舞台との差があまりないミュージシャンが増えてきているので(親しみやすさからいうととてもいいのですが)、こういうスターらしきスターって、貴重だなあ、って思う。


billyidol10.jpg


素晴らしきパフォーマーでありスターのビリー・アイドル。
いつまでこういうパフォーマンスを見せてくれるのか。まだパワフルに活動中。
イギリスの悪ガキは、悪おじさんになりました。このまま悪ジイさんになるんだろうな。


billyidol6.jpg



料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪
最近のメニューは、ブラックフォレスト・アイスボックスケーキなどなど。




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

Reggae Fest Chicago (2)

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 16.2016 音楽/歌詞
jerkchicken1 (1)

この長い列。ジャマイカ料理のジャークチキンのフードトラック前。
ジャークチキンは是非レゲエフェスで食べたいものだが、長い列に並ぶ気もしないので食べませんでした。


picn2.jpg


leescratch1.jpg
Lee "Scratch" Perry

レジェンド、リー・ペリー。80歳。
まだ御健在なのです。しかも海外ツアーをこなしている。


leescratch2.jpg


leescratch3.jpg


leescratch4.jpg


leescratch6.jpg


leescratch5.jpg

彼のファンは熱狂的。ライブの後、ファンサービスもしっかりと。


picn8.jpg


reggaefest4.jpg


toots1.jpg
Toots and the Maytals
ヘッドライナーはトゥーツ・アンド・ザ・メイタルズ


toots.jpg


天気がくるくる変わる1日だったが、最後のステージの撮影が終わる頃雨がポツポツと。。。。
慌ててテントに入りカメラをバッグに。テントを出て帰ろうとしたら、いきなりのどしゃ降り。

日中の日焼けで顔はヒリヒリ。最後はカメラバッグをビニール袋に包んで自分はずぶ濡れ。
のんびりフェスのはずでしたが、結構肉体労働になりました。
でも1年に1回レゲエに浸る1日はいいものです。


picn10.jpg


料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪
最近のメニューは、アプリコットのサラダフラットピーチのドーナツベリーたっぷりのフレンチトーストチェダーチーズスティックなどなど。


『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

Reggae Fest Chicago (1)

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 16.2016 音楽/歌詞
pic60.jpg


8月の暑い日。1日だけのレゲエフェスティバル。
One day, One love.

reggaefest3.jpg

最初は曇り。雨が降りそうな黒い雲。。。かと思いきや、太陽が出てきて暑くなり。。。。 「1日曇天」の天気予報を信じてきた私は、帽子もサングラスも持ってこなかった。


daby1.jpg
Daby Touré


budos3.jpg

最初はのんびりムードだったが、夕方になるにつれ人も出てきて大盛り上がり。


hepcat1.jpg
Hepcat

ノリノリのヘプキャット。沸かしてくれました。

h12.jpg


derrik2.jpg
Derrick Morgan デリック・モーガン


pic9.jpg


picn1.jpg

サッカーする人も。


picn7.jpg


reggaefest2.jpg

ピクニックピクニック。


reggaefest5.jpg


食べて飲んで葉っぱ吸って、飛んだら昼寝して。。。。というのんびり平和ムードのレゲエフェス。
ロック会場は、酒飲んだら暴れて大声出す人が出てきますが、レゲエ会場は戦闘態勢にならない。笑


reggaefest7.jpg



reggaefest11.jpg


picn4.jpg


こうやって日は暮れていくのでした。。。。。(続く)


料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪


『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

Chicago Blues Fest 2016 Day 3.

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 01.2016 音楽/歌詞
bsd30001.jpg


第1日目第2日目に引き続き、ブルースフェスティバル最終日の3日目。6月12日(日)。

この日は、初日2日の酷暑と打って変わり、涼しいを通り越して寒いっ!
昼からすでに会場に着いていたフォトグラファーの友人から、「会場寒いんで、上着、手袋持ってくるように」とメッセが。手袋はいくら何でも大げさだろうー、と思いましたが、マフラーは持って行って正解。ジャケット2枚持って行ったものの足りず、夜はかなり震えました。フリースジャケット必要だったな。
この気温の差。。。。シカゴであります。


bfd30002.jpg
John Primer


john010.jpg
John Primer & The Real Deal Blues Band


bfde0007.jpg
Eddie "The Chief" Clearwater


bfd30005.jpg
Ronnie Earl & The Broadcasters


bfd30006.jpg
Ronnie Earl


bfd30008.jpg
Ronnie Earl


bfd30004.jpg

日中も肌寒い日だったんですけどね。。。。酔っ払って飛んじゃってる方達にはあまり天候は関係ないようで。
いい感じでフラフラしていて楽しそうでした(笑)


otist1.jpg

この日のトリは何と言ってもオーティス・ラッシュのトリビュート。
なんと本人オーティスがステージに顔を出すという大サービス。車椅子姿ですが、お元気そうで何より。


otist2.jpg

舞台の脇で、バディ・ガイや家族とともにステージを見守るオーティス・ラッシュ。なんとも贅沢な光景。



otist3.jpg
Shun Kikuta


otist5.jpg
Abb Locke


otist7.jpg
Carl Weathersby


otist9.jpg
Mike Ledbetter


otist10.jpg



楽しい3日間のブルースの祭典。今年は大雨とか雷がなかったのは幸い。去年は大きな水溜りに足を突っ込みながらの撮影でしたからね。。。それに比べれば、暑いのも寒いのもなんともない!
お付き合いありがとうございました。


料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪
最近のメニューは、「プラムのオーブン焼きなどなど!




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon


 HOME