スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜のカフェ

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 25.2012 カフェタイム
whom11.jpg



アメリカのカフェというのはあくまでもカフェ(酒を出さない)なので、夜遅くまでやっている店が少ない。
その代わり、朝は早い。6時とか7時から開いている。そして夜は7~8時頃まで(夏時間と冬時間がある)というのが普通。

「カフェの朝は早い」というのがつい植え付けられていたので、東京に帰った時に、打ち合わせの前に午前中カフェで作業をしよう、なんて調べたら、渋谷辺りのカフェは全て開店が11時でビックリした。
そうだった。東京のカフェというのは、ランチタイムから開店するのだった。朝の9時頃ラップトップで作業できるカフェというのは、スタバくらいのものか。
その代わり、東京のカフェはアルコール出すところ多く、夜は夜中過ぎまで開いてるのよね。食事もしっかり出すし。かなり形態がこちらとは違うのである。
純粋にコーヒーだけの店でも、夜中まで開いている店が東京には多く、終電近くまでコーヒーが飲める。さすが夜の街、東京なのである。

だけどアメリカでは、夜遅くにコーヒー飲もうと思う人は少ないらしく、夜遅くまで開いているのはバーとなる。
夜に美味しいカプチーノ飲みたくなる人もいますしねー、もっと夜遅くまで開いてくれればいいなあ。。。と思うのだが。
特にシカゴの夏なんて夜が長いし、まだ明るい8時頃に店じまいされてしまうと「あれれ?」と思ってしまうのだ。



whom21.jpg


この店は夜11まで開いているので嬉しい。
コーヒーもとても美味しい。



whom31.jpg



私はこの日はノンカフェインのジンジャーピーチティーか何かを頼んだのだが、なぜか入って来たのがグーニーズのカップ。
懐かしい、グーニーズ!
子役のキー・ホイ・クァンとかいましたねー(知っている人いるだろうか)。キュートで頭のよさそうな男の子。

なーんて事を思い出しながら壁を見回したら、カフェの中にはいくつかの古い映画のポスターが貼ってあって、その中にグーニーズもあった!(笑)
スタッフの中に、強烈なグーニーズファンがいると見た。
カフェの雰囲気とグーニーズがピンと来ないだけに、やたらと可笑しい。

ちょっと忘れていたキー・ホイ・クァンのことなんか思い出したし、なかなかいいカフェタイムなのであった。
キー・ホイ・クァンは私の知らないうちに、名前も変わっていたし!
彼を知らない方は、是非インディアナ・ジョーンズ(魔宮の伝説)とかグーニーズをチェック。メチャクチャ可愛いですから(笑)。
なんで彼のことが気になるかって思ったら、かつて好きだった男の子にすごく似てるんだね、これが。好奇心旺盛でとてもイタズラっ子のところとか。よくよく見て今気づいたのだが。



whom41.jpg



新しいブログ「New York ノスタルジア」もどうぞよろしく。



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より5月に発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング


『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

スポンサーサイト

Magnolia Bakery

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 15.2012 カフェタイム
mg11.jpg



NY発のカップケーキ屋、Magnolia Bakeryが、去年だかシカゴにもオープンした。

私はアメリカのカップケーキというものが苦手だ。
なんというのか、全体に大味。
スポンジもいい加減だし、なんてたってあのスポンジの上に乗っかっているクリームがいただけない。

ハロウィンの時は毒々しいオレンジ色をしたカップケーキがあちこちの店に並び、クリスマスの時はそれが赤や緑になる。そしてセント・パトリックス・デーの時は、これまた毒々しい緑色のクリームがどかんとカップケーキに乗るのだ。
食べると唇や舌が緑や青に染まってしまう、思いっきり安っぽい人工色クリームを、平気な顔して大人も食べる。

毒々しい色だけが問題なのではない。
クリームが白や薄いピンクやチョコレート色だとしても、一口食べると「あっまーーーーっ!!!」と顔が歪むほど砂糖の入ったたっぷりのクリーム。食べられん。
クリームが甘いからとそこをそっくりのけてしまうと、小さなスポンジ部分だけがぶざまに残る。こんな部分だけ食べられるか!って感じだ。
カップケーキとは、上に乗っているアイシングやスプリンクルなどの飾り付け部分が重要なわけだ。




mg21.jpg



カップケーキの魅力が分からず口にしない私であるが、シカゴダウンタウンのとても便利な場所にひょっこり出来たマグノリア・ベーカリーにはときどきお邪魔している。
ここのが美味しいから、という理由ではない(笑)
ショーウィンドーに並べられている色鮮やかなカップケーキらを素通りして、飲み物を頼む。
ま、カフェ代わりに利用しているわけだ。

シカゴの店舗はとても広くてゆったりしていて気持ちがいい。
wi-fiがないのでネットが必要な仕事はできないが、私はここにラップトップを持ち込んでそれ以外の仕事をする。
可愛らしいインテリアのベーカリーで、ラップトップ広げて仕事。。。ってのも絵的には申し訳ないので、表通りに面している所とは反対側の、裏テープルを利用する。
そのテーブルは窓の景色がないせいか、お客さんも座る人が少なくていつも空いているし、人が行き交わないので仕事するには落ち着くのだ。



mg31.jpg



マグノリア・ベーカリーは、ドラマ「Sex and the City」で使われて有名になったらしいね。
私はそのドラマ観てなかったから知らないけど。

NYには結構店舗があって、そのドラマのせいかどうか知らないけれど、観光客でいつも賑わっているらしい。
先日NYのミッドタウンを歩いていたら、若い黒人の女性から「すみません! マグノリアはどこにあるか知ってます?」と聞かれた。
は?マグノリア?。。。。ああ、マグノリア・ベーカリーね?
もう「マグノリア」と省略されるくらいに浸透しているのね(笑)

ミッドタウンではどこにあるんだろう? グリニッジ歩いているときにはあったけど。。。
(後で知ったが、グランドセントラルにも入っているらしい)。
「ちょっと分からないわ」と言ったけれど、無事に彼女は友達との待ち合わせに間に合ったかな。

この店の、インテリアの可愛らしさは認める。
女の子が好きそうな店である。
女友達とおしゃべりするのであれば、こういう店はいいと思う。カップケーキは食べないけれど(笑)

でも男性はこういう店は入りにくいよなー。。。。と思うのだけれど、結構カップルはいるんだよねー。



mg41.jpg



私も去年のクリスマスショッピングのとき、夫と2人でこの店に入った。
夫はもちろんカップケーキを食べた。
アメリカ人の夫は、当然のようにカップケーキが好きである。
あの甘いクリームも問題なくぺろっと食べられる。信じられない。
「一口食べる?」と聞かれたが、一口トライもご遠慮した。私はコーヒーでいいです。

「最近のカップケーキは昔と違って美味しくなってきた」と言われるが、相変わらず甘さは変わらないと思いますよ~。

カップケーキに魅力感じないので、肝心のカップケーキの写真はないんですけどね(爆)
仕事で撮らなくちゃいけなくなったら撮るだろうけど。
食べ物のブツ撮りは「撮影後は食べていいですよ」なんて言われるんだけれど、カップケーキ写真の場合は。。。そう言われても困っちゃうだろうなww

マグノリア・ベーカリーは、今に日本に店出しそうだなあ。
日本の女性は「可愛い~~♥」ってのが好きだから。カップケーキも見た目の可愛さだけである程度売れるんではないだろうか?
そして「やっぱり甘すぎて浸透しなかった」ってことで、5年以内に撤退とか。シナボン顛末からの、あくまでも私の想像ですww



mg51.jpg




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より5月9日発売!
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング




『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!

オンライン書店(以下は一部) 
Amazon
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング
ビーケーワン
紀伊国屋書店BookWeb













Deruta

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 15.2011 カフェタイム
delur.jpg


日曜日。
食事のあとに美味しいコーヒーが飲みたいと、美味しそうなコーヒーを提供してくれそうな新しいカフェに寄った。

ビンゴ!
コーヒー美味し。雰囲気よし。

しかも懐かしい焼き物の器で出て来るではないか。
デルータ焼き。
高級な焼き物ではないけれど、イタリアらしい暖かみのある陶器である。

大好きなウンブリア州のデルータという焼き物の町に行ったのは、もうかれこれ10年ほど前のことか。
町全体がこの独特の焼き物だらけ。
あっちに行っても、こっちに行っても。デルータファンにはたまらない。

見ているとあれこれ欲しくはなるが、旅の途中の者には荷物が重くなるので買えない。
しかもこれは割れやすい柔らかい焼き物なので、シッピングを頼まないとちょっと怖い(頼んでも怖い)。
小さなミルクピッチャーとか、デミタスカップをいくつか買ったくらいだ。
後は目の保養のために、見て回った。

懐かしいデルータの町に、トリップさせてくれたカフェ。
美味しいコーヒーも、イタリア並みでした。

被写体に

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 25.2011 カフェタイム
bac1.jpg


お気に入りのイタリアンカフェ。
暑くもなくちょうどよい夕暮れ時。テラス席で本を読むのは大好きな夏の夜の過ごし方。

イタリアンカフェには、イタリアからのツーリストが多い。
奥にいる女性たちから、元気なイタリア語が聞こえて来る。

なんて、隠し撮りで人を撮っている場合でないのである。

先日近所のカフェに、いつもように執筆仕事を抱えて行くと。。。。
「先月うちで撮ったプロモーション写真にね、君が奥に写ってたんだよ。テレビで流すから見てみて」

ええー。。。
私はよく、人をこっそりと撮ったりするが、人からこっそり撮られていたなんて、なんだかこそばゆい。
しかも、こっちは全く知らない間だ。いつなのか知らない。
無防備状態ではないか。
大体、このカフェに来ているときって、超お仕事モードの時だけだから、顔は悩んだりしかめ面したりしているだろうし、笑顔で楽しそうにお茶なんか飲んでいないのである。
そんな顔がプロモーション写真に載ってたら、超ハジではないか!

ビッグスクリーンに、コーヒー豆だとかシカゴの風景だとか色々流れて、店内写真の様子が表れる。
出たーっ!
窓際に座っているのは私! 紛れもない私の姿!!

しかしよかった。頭抱えたり、しかめ面したりはしていなかった。
当たり前だが、撮っている人だってプロのフォトグラファーなのだから、そんな状態ははずしてくれたわけだ。
よかった、よかった。
しかし、そんな撮影してたんだねえ。。。人のことなんて見ていないもんだね。

夏のカプチーノ

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 20.2011 カフェタイム
capu1.jpg


「暑いっ!」と避寒に入ったカフェであるが、暑い日ほどクーラーの設定温度が低くて。。。。

「アイスコーヒー」が頭にあったのに、ホットのカプチーノをオーダー。

夏はよくあることである。

 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。