スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目黒とんき

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 14.2011 東京・懐かしの店
ton1.jpg


先日郊外に用事があったので、久しぶりに日系スーパーに寄った。
お昼時、ここのフードコートで日本食を食べようと目に入ったのがトンカツ定食。
思わずこれをオーダーしようと思ったのだが、過去の失敗を思い出した。
一度ここでトンカツを頼んで不味かったこと。
もう一度日本レストランで食べ直しても、やっぱり不味くてがっかりしたこと。

見本のトンカツに騙されず、夏らしくうな丼を食べた。

トンカツは、日本にいる頃から家では作らない。
絶対にトンカツ屋で食べるようにはうまくは揚がらないからである。
トンカツは美味しい店で食べるもの、と思っている。
そして、食べるのなら美味しい店でなくてはいけない。

東京のトンカツ屋で一番贔屓にしていたのは、目黒のとんき。
目黒駅前にも、他にも、暖簾分けした「とんき」という店があるが、本店はやっぱり全然違う。

目黒の裏を歩いて行くとある本店。
ここに最初に連れて行ってもらったのは大学生の頃。
ここのトンカツを食べてから、他のトンカツはしばらく食べられなくなってしまったほど。
トンカツ食べに、わざわざ目黒に行ったものだ。

トンカツの、ヒレとロース定食だけで勝負する店。
白木の長いカウンターのみ。
カウンターの中はオープンキッチン。
白い服着た職人さんたちが、分業でトンカツを作る。

トンカツ揚げる人、トンカツ切る人。
切る人の手は、揚げ物の熱さで白い手がピンクにいつも染まっている。

昔はキャベツを切る専門の男性がいたのだが、いつしかキャペツは機械に変わってしまったのが残念だ。

ご飯のお変わりは自由。キャベツも無くなると足してくれる。
このご飯係とキャベツ係は、東京では珍しいタイプの、田舎から出て来たばっかりといった感じの素朴な若い女の子たちなのだ。

そうやって見てみると、職人の男性も女の子たちも皆色が白い。
「皆、東北出身なのかなあ」なんて、友達と話したことがある。
スッピンの女の子たちは、ホッペもまっ赤なのだ。

白木のカウンターはいつも気持ちいいくらいに綺麗に整えられていて、店は質素で無駄な物が一つもないが、清潔感溢れている。
何よりも気持ちいいのは、やっぱりここで働く人たちの仕事ぶり。
美味しいトンカツを、さらに美味しくさせてくれる職人さんたちの姿。
こんな店も、こんな店作りも、他のトンカツ屋ではお目にかかったことがない。

若い女の子を抜かして職人さんたちは全て男性であるが、一人名物おばさんがいた。
オーダーをとるおばさんである。
三角巾を頭にした彼女は、入って来た客から注文を取る。
客が席についたらすぐに料理が運ばれて来るのも、この「入店したらすぐオーダー」制のおかげである。
店内はいつも混んでいるので、客たちは適当に店に入って並ぶ。
どんどんと開いているスペースに入って待つので、入って来た順番はどんどん崩れる。

ところが、このおばさんは決して、絶対に、客の順番を間違えない。
客がどこのスペースに入り込んで待とうが、「はい!次のヒレとロースのお客様!こちらへどうぞ!」と、きびきびと知らせてくれるのだ。
客の数はものすごい。客の名前も一切聞かないで、どうやって頭に入れているのか。

トンカツの美味しさは店のおじさんたちのおかげであるが、この店の威勢はおばさんがいなければ成り立たない。

最後にとんきのトンカツを食べてから、随分と月日が経つ。
職人さんたちは代が替わっているかもしれないなあ。
おばさんも元気だろうか。

スポンサーサイト

紀尾井町 トレーダーヴィックス

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 30.2010 東京・懐かしの店
tra.jpg


ある夜、デートしていた男性が「今日はエスニック料理にしない?」と誘って来た。
あまりお気軽に「エスニック料理」というので、当然インドとかタイ料理のカジュアルな場所を思い描いた。

ところが、彼が連れて来た「エスニック料理レストラン」とは、ホテルニューオータニに入っているトレーダーヴィックスであった。
大体、ニューオータニに入った時点で、「こんな所にカジュアルなタイ料理の店が入ってるわけないな」とは思ったのだが。

店の入り口からしていきなり南国風で、ここはパプアニューギニアか?と思わせるようなディスプレイ。
この場所が新橋とか新宿だったら同じ店でもかなり「エスニック」的になったのであろうが、木彫りの人形もふかふかの絨毯の上に備え付けられ、びしっとしたスーツの店員の丁寧な挨拶で出迎えられる。
ここの料理は「インターナショナル料理」とある。
なんだ?インターナショナル料理って??
ともかく、私の思い描いていたエスニック料理レストランとは、ひと味もふた味も違った。

中も高級な造りなのである。
カジュアルでわいわいしたエスニック料理の店にある雰囲気は無い。
インターナショナル料理とあるが、メニューを見ると。。。アメリカン??
少なくともタイやベトナムやインドのメニューは無い。

料理の値段は高い。
私が心配することではないが。
相手はすごくよく食べる人だったので、次から次にアペタイザーをオーダーする。
こういう店で、まるでタイ料理の皿のように次から次に食べる相手を見ていて楽しくなる。
彼は8000円もするフィレステーキを頼んだので、私も遠慮せずにロブスターを堪能する。
ビックリする事に、彼はフィレステーキの後に「まだ足りないなあ」と言って、もう一つメインを追加したのであった。
よく食べる人と一緒に食事をするのは、この上なく楽しい。

私はここを、高級アメリカ料理レストランだと認識した。
なんで南国風のインテリアなのか、ちょっと不可解な所が多いのだが。

ここはずっと日本の店だと思ったら、アメリカに来てからアメリカにあることを知った。
ニューオータニのは、アメリカの支店なのであった。

シカゴにもTRADER VIC'Sがある。
懐かしい看板文字。
シカゴの店も、そんなに高級チックなのかなあ。
入った事無いが、外観からしてそんな感じはしないのだけれど。
アメリカに住んで、わざわざステーキを食べたいとか思う事も無いので、入る事は無いと思うが。

ニューオータニのトレーダーヴィックスも、もう縁は無いかと思っていたが、あった。
ずっと後に付き合った随分年下の男性が、大学卒業してニューオータニに就職した。
しばらくして私の都合で別れを告げたのだが、その後も珍しく彼とは、友人関係が続いた。
私に好きな人が出来てしまい、彼に理由を告げてふってしまったのである。
呼び出した店での彼の悲しい顔は、忘れられない。
私の話をじっと聞いてくれて、理解を示してくれたその彼のいい子ぶりも、さらに私を罪悪感に陥れた。
彼には後ろめたさがずっと残り、気にかけていたのである。彼は若かったし。
それからしばらく経って彼に、「ホテルのお食事券あるから、使ってよ」と言われた。
なんと、トレーダーヴィックスの5000円のギフトカードであった。

しかしあの店で5000円って。。。1人分のメインも出ないよ。。。。
とは思ったが、ありがたく頂戴した。
まあ、ギフトカードとは、呼び水である。

お食事券といえば、昔、バイト先の郵便箱に、新オープンの焼き肉屋のギフトカードが入っていた。
5000円くらいのカードだったと思う。
北青山の一等地の焼き肉屋。
その時点で気づけばよかったのであるが、10人くらいでわいわいと駆けつけた。
上司たちが調子よく色々頼んでいたのであるが、お会計の金額を見て皆ビックリしていた。
焼き肉屋の値段ではなかった。
「すごい呼び水だったよね。。。」
高級焼き肉屋のギフトカードには要注意である。


写真はシカゴの24時間営業ホットドッグ屋。
「アメリカ料理」の店とは本来こんなものである(笑)
トレーダーヴィックスのアメリカンとはエラく違う。

白金 BLUE POINT

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 29.2010 東京・懐かしの店
blue.jpg


白金台にあるブルーポイントは、とっくに無くなっているかと思ったら、まだ健在のようである。
しかも西原宿とか千駄ヶ谷にも店が出来たみたいで、へええ。。。ビックリ。
当時は白金台の、穴場にあるようなこじんまりした店だったのに。
しかし、その「穴場」というのが受けて、人気が出てしまった店だった。

この店にも学生の頃初めて来て、その後も何度か縁のある場所だった。
いわば、デート向きの店であった。

ブルーポイントに一緒に来た男性は、3人居るが(同じ時期ではない)、後から考えると面白いな、と思った事がある。
私には「タイプ」の男性というのが無いので、その3人も全く違うタイプであった。
外見も、趣味も、話題も、性格も。
だけど、一つだけ共通点があったのだ。
3人とも、外車のオープンカーに乗っていた。

男性は違うのだけれど、いつもこの店にはオープンに乗って来るなあ。。。と思った事がある。
オープンカーが好きな男性が、デートに使いたがる店なのかもしれない(笑)
確かに、そんな小じゃれた雰囲気はある。

私は学生の頃、若いのにこれ見よがしに外車に乗っている男性がどちらかというと好きでなかった。
オープンカーに乗っていれば、女は付いて来る、なんて思っていそうなタイプ。ゴメンである。
車でしか自分の価値を見せられないような男は嫌いである。

だが、いい車に乗っているからといって、皆が皆そんな嫌なヤツではないのだという事も学んだ。
男というのは、車が好きなのである。
子供の頃のミニカー遊びからして、女の子とは違う趣味を持っている。
それがずーっと大人になるまで続く人が居るのだ。
車は、男にとって永遠の夢。
そして、高級なオモチャなのである。

この3人は、タイプは全然違ったが、車をこよなく愛していた。
調子がおかしくなると心配し、高い入院費を払い、給料をつぎこんで大事にしていた。
そんな姿は、微笑ましくもあった。
女性だけに惚れ込む男より、他に「恋人」が居るヤツの方が、面白かった。

さて、肝心のブルーポイントの料理であるが、生牡蠣が美味しかった事しか覚えていない。
生牡蠣なんて、素材が美味しいのであって、別に店の腕ではない。
料理は普通だが、雰囲気の店だったように記憶する。
デート間もない頃に行く店である。

オープンカーの3人は、その後どうしているのか。
アルファロメオ・スパイダーに乗っていた彼は、当時勤めていたIT企業を30歳で辞めたらしい。
私と別れた後に会社を興し、すぐ結婚して次々に子供が出来て、なんと3人のパパだとか。。。というのを、風の便りで聞いた。

MGに乗っていた彼は、デートしていた頃の大学時代から「将来はスタイリストになる」とキッパリ言っていた。
在学中から誰かの弟子になって、仕事も忙しくなり、大学は中退したと思う。
自分もモデルのようにカッコいい人だったが、人をカッコ良くさせる職業を選んだ。
その後売れっ子になり、雑誌やテレビで彼の名前を見るようになった。
元気でご活躍らしい。
今思うと、若いのに無理して乗っていたオープンカーは、彼の美意識やライフスタイルには欠かせないアイテムだったのだと思う。

あと1人の消息は分からない。

麹町 アジャンタ

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 22.2010 東京・懐かしの店
cl11.jpg


日本で一番最初に、本格的なインド料理を食べたのはアジャンタであったと記憶する。

以前から「食事をしよう」としつこく(?)誘って来ていた随分年上の男性と、ようやく会う事にした。
会ってすぐ、「インド料理はどう?」と聞いて来た。

初めての食事なわけだが、イタリアンでもない、フレンチでもない、気取った店でもない、「インド」って所がいいじゃない、と思った。
夏の夜だった。
夜でもノースリーブのワンピースで歩けるそんな夜に、インド料理はピッタシな感じがした。
(私はなぜか、その日に着ていた自分の服を覚えているのだ。他の日は全く覚えていないのに)。

今はアジャンタは麹町にあるが、当時は九段下に存在した。
この九段下って場所も、若い私には新鮮であった。
代官山でも青山でも広尾でもなく、また下北沢や吉祥寺でもなく、九段下。
同じ年頃の大学生の男の子だったら、絶対に頭に無い場所である。

アジャンタのインド料理は私をすぐに惹き付け、それから私はインド料理ファンになった。
麹町に移ってからも、何度も通った。
後に東京には沢山の手頃な値段のインド料理の店がオープンし、気軽に口に出来る料理になった。

今年の冬に久しぶりに日本に帰った。
東京を歩いていて、6年間の中で変わったなあ。。。と思った部分は、ものすごくインド料理の店があちこちに増えた事。
しかも大型店ではなくて、小さな個人経営の店が、まるでラーメン屋のようにあちらこちらに。

渋谷だとか赤坂にではなく、本郷や湯島や神保町のような街に、インド人経営の店がポツリポツリあるのだ。
スパイスの匂いが外にプーンと漂って来る。


現在住んでいるシカゴには、中西部で一番大きなインド人街がある。
インドの食材屋を始め、床屋、美容院、電気屋、そして大小のレストランがずらりと並ぶ。
週末ともなれば、シカゴだけでなく、中西部あちこちの街からのインド人家族が買い出しにやってくる。

スパイスも安い。野菜も安い。何でも安い。
どのレストランも、インド人のためのインド人の店なので、本格的だ。

このインド人街で料理を注文するときも、サグパニールというほうれん草とカッテージチーズのカレーを一つ入れる時が多い。
このカレーも、最初に食べたのはあのアジャンタ。
思い出の味である。

上野桜木 愛玉子

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 07.2010 東京・懐かしの店
v11.jpg


8月の、シカゴがとても暑かった日々の頃である。

暑い日にアイスクリームばかり食べていては体に良くない。。。と思っていた時に、チャイナタウンの店で愛玉子の缶詰を見つけて懐かしくなって買って食べた。

愛玉子は、アイギョクシなんてウィキペディアには載っているが、「オーギョーチー」と台湾語の発音で日本で定着していると思う。
台湾固有の植物で、世界的にも非常に珍しいフルーツらしい。

私が一番最初に訪れた「アジア」は台湾であったが、その時に台北の夜市で黄色いゼリー状の物体が、屋台のホーローのたらいに氷付けで売られていた。
脂っこい物を食べ続けた後で、その不思議な味のするデザートは、口直しにすごくいいのであった。

初めての味覚で、何とも形容しがたい味なのだ。
すっごく美味しい、という物でもない。
「○○に似ている」というのが無いので、しばらく食べないと「どういう味だっけ?」と忘れてしまうのである。

上野の桜木に、その名も「愛玉子」という古い店がある。
上野というより、谷中に近い。

我が一族は皆谷中墓地に眠っている。
谷中にお墓参りに行くと、谷中から上野に抜けて美術展を観て帰るのが、小さい時からの家族の習慣であった。
上野の博物館の方に抜ける道すがらに、この店があるのである。

昔っから、「昔っぽい」看板の店であった。
毎回前を通るのに、家族で入ったこともない。
「愛玉子」の目の前にある岡野栄泉という和菓子屋にはよく寄るのだが。
ここの和菓子は絶品である。
老舗の風格がある。

いつも無視して素通りしてしまう「愛玉子」の店であったが、10年程前に「入ってみよう」ということになり、家族で入ってみた。
不思議な食べ物愛玉子を食べた事がある者は、私しか居なかった。
だけど再度食べてみて、「ああ、こんな味だったよね。。。」という位の記憶しかない。
とても薄味。
家族の反応も。。。。ビミョーだった。
まずい物ではないのだが、すごく美味しい物ではないよね。。。みたいな。

あれから10年が過ぎ、今年の夏にまた「食べてみよう」という気になった。
シカゴでは生の愛玉子は手に入らないので、缶詰であるが。

ou11.jpg


暑い暑い夏の朝、最初の2杯くらいは「懐かしい~!」と思って食べた。
3回目くらいから飽きて来た。
結構缶詰の中身が詰まっているのだ。

まだ完食しないうちに、秋になってしまった。
残った愛玉子、果たして食べきれるのであろうか。。。?
不思議な味の食べ物。
未経験の方は、是非一度はお試しを。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。