夏の花

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 29.2013 花&植物
natuflower1.jpeg




もう7月も終わり。
シカゴは「真夏」は終わったかな。。。。という感じ。




natuflower2.jpeg




2週間前の熱波がウソのように、涼しすぎる週末。
ここ数日、最高気温が15〜6℃しかない。ジャケット着ても涼しいくらい。

あの辛かった熱波期間を思い出すと、涼しい方がずっといい。
がしかし、このまま秋になるはずもない。
これから8月が始まるのだ。




natuflower3.jpeg




熱波週間の最中はそりゃー暑かったけど、気温が落ち着いたあとも体は太陽を拒否していたのか、外に出るとクラクラきたもんだ。
野うさぎも、ピョンとはねたらしばらく休み、次への一歩が遅いヤツを見た。野生動物も辛いんだなー、と思ったら、近くの植え込みの下の日陰で、腹を土につけて腕を前に出して伸びて休んでいるウサギもいた。
こっちをちらっと見たが、逃げもしないでそのまま伸びていた。人間も動物も、速く動けない暑さだった。




natuflower4.jpeg




とまあ、熱波期間を懐かしく思い出せるほど、急に涼しくなってしまった、というわけだ。
たった10日でこの違い。これが、変化の激しいシカゴの気候。

信じられないだろうけれど、夜はブランケットを出して寝ましたから。
窓開けると寒いし、靴下はかないと寒いし、、、で、夫婦共に、急な気温の落下で鼻風邪ひいたり。




natuflower5.jpeg



もう、5日も続く熱波は来ないと思うけれど、あと2〜3回は35℃を超える日も来るんじゃないかな。

先日、秋明菊がもう咲いているのを見た。
この花を見ると、夏の終わりを毎年感じるのだが、7月後半でもう咲くとは。。。。ちょっと早いよ。




natuflower6.jpeg




気温はともかく、シカゴでは夏のイベントはどんどん続いている。
Lollapaloozaも今週末から始まるので、既にステージ設営は進んでいる。





natuflower7.jpeg





先週は、近所のソルジャーフィールドでコンサートしたジャスティン・ティンバーレイクとJay-Zの生歌声が、たっぷり聞こえて来た。
行ってないんだけど、すっごい楽しいコンサートだった(笑)。イヤ、ほんと、すっごくよかった。数万人の観客の熱気も伝わって来たし。
家に聞こえて来るだけで(かなりハッキリ聞こえて来る)、ノリノリになれましたもん、夜11時半まで。

夏の夜は、この「生音」があるから楽しい。
8月は、テイラー・スイフトちゃんが来るらしい(笑)。これまた、違ったファンの熱気がすごいんだろうなあ。




natuflower8.jpeg




ひと月後のシカゴは、もう秋風が吹き始める。
あと一ヶ月の夏。
酷暑が来ても、めげずに受け入れよう(ホントか?)
酷暑の最中に停電。。。ってのは、もう勘弁ですけどね。。。。




natuflower9.jpeg




料理ブログ「アメリカ・無国籍食堂」も更新しております。どうぞよろしく♪
最近のメニューは、海老とほうれん草のインドカレートスターダ(メキシコ料理)人参としょうがの冷製スープ、トロピカルなタマリンドジュースなどなど。




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より去年発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト
 HOME