Greenville, MS

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 18.2015 Mississippi
indianola13.jpeg

ここは州境を越してアーカンソー。広大なるミシシッピリバーの夕暮れ時。

The Mississippi River will always have its own way;
no engineering skill can persuade it to do otherwise...
     by Mark Twain


greenville1.jpeg


さて、ミシシッピに戻ります。
今日は旅日記最終回。最終回の町はグリーンヴィル。日本人来ないでしょうねー、こんなとこ。
ちょっと用事があって来たんですが。カジノ以外別になにもない、小さな町でした。

そんな小さな町にあった、気になる店。レトロ感満載。
ここで朝食をとることに。


greenville2.jpeg

期待を裏切らない店内。
こういう店、昔のNYの8番街あたりによくありました。イタリア系のファミリーが経営してるの(この店は違います)。
私にとって、ノスタルジックな場所。



greenville3.jpeg

赤白チェックのテーブルクロスに、壁に所狭しとかかった古ぼけた額縁。


greenville4.jpeg

週末の朝はゆっくりと。



greenville5.jpeg

普通に、アメリカンなブレックファスト。
グリッツ(奥のお皿に入った黄色いもの)がでてくるところが南部です。


greenville6.jpeg

さてこの日、ミシシッピマラソンが行われているとかで、このグリーンビルがゴールの町。
マラソンって朝早くスタートするから、一般人がのーんびりと朝食食べたり新聞読んだりしている週末の朝(決して一般人も寝坊してるわけじゃありません)、あっという間にランナーたちはゴールに帰ってくるわけですよ。
お腹いっぱいスクランブルエッグやグリッツ食べてる場合じゃないんですよ。ランナーたちはすでに「一仕事」して汗流して帰ってくるんだもん。
その「一仕事」って、42.195kmですからねー。異常ですよ、彼らは(笑)。
この店の前がフィニッシュラインになっていて、外がなんだか賑やかになってきたので私もトップランナーたちを応援しに外に出る。



greenville15.jpeg

ピューンとやって来ましたよ。一位の選手。ケニア出身だとか。
遠くから見ると「細っ!」ってな体だけど、写真でよく見ると足、筋肉がすごい。
当たり前ですが、細いだけじゃ走れませんよね。



greenville16.jpeg

この赤毛の男の子も(高校生だよね)、トップ3くらいじゃなかったかな。
「え?アナタ本当に42km走ってきたの?」というくらいに、軽やかな走りっぷり。



greenville11.jpeg

そんなランナーたちに朝の元気をもらった後、グリーンヴィルを散策。

だけど本当にこの町なにもない。のーんびりしてます、全体に。



greenville12.jpeg


のーんびりしてる割には、住宅街の中で立て続けに2度もポリスカーがサイレン鳴らして走るのを見た。
一つは通行止に。通行止になるのは結構シリアスです。


greenville13.jpeg


裏へ裏へと足を運びたくなる私ですが、ウロウロするのは昼間だけに。



greenville17.jpeg


治安の悪そうな住宅街の中にあるこの店。Doe's Eat Place。
この店のこと、ミシシッピに来る前に調べて見つけていた。
「ローカルの人と一緒に食べるアメリカのトップ10の店」の中に入っている。

シグナさんという白人ファミリーが経営しているのだが、家族が1903年に雑貨屋としてオープンした家が今はレストランになっている。レストランになったのは1941年というから、それでもすごい歴史。

1941年という時代。南部では黒人と白人は社会的に隔離されていた時代。
この店は黒人専門にオープンされて、白人は入れなかった。バッファローフィッシュとかチリを提供する店だったらしい。
ある日、ローカルの白人医師が開店以外の時間に食事に寄るようになり、彼に店の裏でステーキを提供するようになった。
隔離政策って、ホント滑稽。。。。って、今だから思うことなのかもしれないけれど。

このレストラン、なんとドアを開けるといきなりキッチン。キッチンを通って客席に案内される。
いかにもファミリー経営だなあ、という雰囲気。キッチンではおばちゃんたちがサラダ作っていたり、お会計していたり。



greenville18.jpeg

店内、傾いたテーブルに傾いたカウンター。床がそもそも平らじゃないし。
すごいです、いろんな意味で。
黒人専門の店だったとは思えないほど、客は白人ばかり。

注文取りに来たおばちゃんウェイトレスの英語が南部訛りひどくて分からないし。メニューはないんです。だからおばちゃんがメニューを口頭で説明してくれるんだけど、「は?」みたいな。
この方の英語がミシシッピ滞在中一番わかりませんでした。


greenville19.jpeg


最後にまたホットタマレス。
この店はステーキハウスなのでステーキも注文したのだけれど、これがすっごく美味しくて!
分厚いのだけれど柔らかいお肉、とてもジューシー。
で、ステーキのお値段は、この店の雰囲気とは比例せず、結構いいお値段だった(笑)。
ま、そりゃねー。美味しい肉だもん。そうだよねー。
しかし片田舎の小さな町に、こんな素敵な店があるなんていいじゃない!

ということで、ミシシッピ旅日記、個性的な店のステーキの話で終わりとなります。

そうそう、それからもう一つあったんだわ。この旅。
シカゴに帰る日、メンフィス空港までレンタカーを運転し北上。
この日急にすごく寒くなり、ハイウェイ脇のコットンフィールドが氷で真っ白。木々も真っ白。雪じゃなくて氷なんです。
コットンフィールドの凍りついた景色なんて、それは見られるもんじゃない。。。。なんて感動しながら走っていたら、携帯に航空会社からメッセージが。。。。いやな予感。。。。はい、搭乗予定のフライトがキャンセル。がーん。
とりあえず空港に向かおうと車走らせる。他の便で帰れるかもしれないし!!(この時まだ希望を持っていた。希望を持つってステキ)。
私はシカゴで雪道運転し慣れているのだけれど、南部人って極度に怖がるものだから、みなノロノロ運転。イライラ〜っ!でも除雪されていないハイウェイで追い越し続けて事故を起こしたらいけないと、冷静に戻る(えらい!大人の行動)。人生、急いじゃいけないよ。
空港に着いたけど、空港が凍りついていてほとんどのフライトキャンセルで明日の早朝しかないらしい。
仕方なく、メンフィス空港近くのホテルに一泊。
ところが、このホテルの周囲にレストランなんてない。ファストフード店さえ遠い。。。。
食べ物探しに外に出たけれど、歩道がツルッツルに凍っている。
このとき思いました。シカゴの除雪作業の素晴らしさを。道路も歩道も、あっという間に雪溶かしますもの。生活に支障出ませんもの。
メンフィスのツルツル歩道を歩きながら、近くのガソリンスタンドで食料を買う。
ここで買ったサンドイッチ、人生最悪のチキンサラダサンドイッチでした。夜中に吐かないでよかった。

教訓: アメリカのガソリンスタンドで絶対に食べ物を買わないこと。そこしかチョイスがないサバイバル状態の時は、サンドイッチはやめてポテトチップにしましょう。その方がマシ。

翌朝朝3時半起きで、アトランタ乗り継ぎでシカゴに無事戻ってきましたよ!飛行機の窓から見下ろすシカゴの街。雪で一面真っ白なのに、道路という道路は住宅街の小さな道まで、除雪で雪のかけらもない。感動しました。市民の税金使って融雪剤たくさん用意しているだけのことあります。

いろいろ学んだミシシッピの旅。
お付き合いくださってありがとうございます♪



料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪





『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト
 HOME