Tokio散歩 雑司ヶ谷

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 17.2011 東京散策
z11.jpg

今回は雑司ヶ谷。
最近は、新しい住宅街も目立つ所であるが、古い地域なので探せば沢山あるある、渋い物件。



z22.jpg

またまた出ました、昭和レトロな美容室!
その名も「ホット美容室」ですよー!(失神しそう)
こういうのに出会うと、愛でて愛でてなでなでしたくなります。
今は廃墟なんだけど、かなりお洒落な美容室だったであろう外観。



z33.jpg

雑司ヶ谷的退廃ムード



z44.jpg

こういう床屋の窓を見ると、じーっと見つめてしまう。
「理容室オリオン」ですぜ! オライオンではなくて、オリオンね。

なんでこんなに貼り紙が貼ってあるんだろう?(笑) シンプルに出来ない性。



z55.jpg

今回の帰国で私が多く撮った物の一つはガスメーター(笑)
なんだかものすごくキュートに見えた。 小さなロボットみたいなのが、外壁にへばりついてるんだよね。。。動物のようにも見えるし、なんかユーモラスなのだ。
かなりの数撮っている。。。。。また変な大好物が増えてしまった(苦笑)



z66.jpg

缶はドラム缶に限らず、好物なのでやはり呼ばれるw
真四角いっぱい。 これは植物油とか入ってた物かな。



z77.jpg

乾燥しているとは言え、壁にいっぱい緑の苔!!
やっぱり日本だよー。この緑は日本だよー。 湿気のストックがちゃんとあるのだなあ。



z88.jpg



z99.jpg

こういうタバコ屋さんはいつか無くなるのだろうな。
この店ももうタバコ屋としては機能してなくて、ガラスケースからはタバコが一切消えていた。

おばさんが1人タバコ屋に座っていて、タバコだけを売っていて。
小さな間に小さなテレビがあって、日がな一日それを観てタバコ売っているようなおばさん。
そういう光景も、この雑司ヶ谷のタバコ屋のように、どこの町からも消えて行くのだろう。


z101.jpg

最期は護国寺。
この大きなお寺の前は、よく車で通るのであるが、中に入ったのは生まれて初めて。
今入らなければ、きっと一生行かないような気もして、階段を上がって行ったのだった。

ウワサに聞いた通り、立派な立派なお寺であった。

よくお寺にある、このカラフルな布はなんて言うのだろう?
暖簾??











スポンサーサイト