スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューオーリンズの風

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 22.2011 New Orleans
11.jpg


ニューオーリンズに2週間程滞在して来た。
南部ルイジアナ州のこの街に行くのは、3回目である。

一度目はずーっと前。友人らと4人で行った。昼間はホテルのプールで泳ぎ、夜はバーボンストリート(歓楽街)で飲み歩き、ジャズクラブを歩き回り、美味しい物を食べまくった。

2度目は3年前。ハリケーンの後。ゆっくり1人で歩き回った。観光地のフレンチクウォーター界隈だけでなく、オフィス街の向こうにある街から豪邸街、倉庫街、墓地、湾岸の労働者階級の街まで歩いた。
この街が大好きになった。
そしてまた、ニューオーリンズが恋しくなって今回訪れた。一度は見てみたいと思っていたマルディグラの季節だったし。


21.jpg


フランス植民地時代の建築物が多く残るフレンチクウォーター。
ここはアメリカの中で一番美しい区域だと思う。
歴史があって、賑やかで、そしてどこか退廃的で。


31.jpg


フレンチクウォーターにあるセントルイス大聖堂。
ルイジアナ州はバイブルベルトで、他の南部州と同じくプロテスタントの多い地域であるが、このニューオーリンズだけが島のように違う。フランス植民地だった影響で、カトリックの街である。
その異彩はアメリカの中でも特徴的で、文化的にも色んな影響を及ぼし、それがこの街の特徴にもなっている。

セントルイス大聖堂はニューオーリンズの中でも一番重要な聖堂。
3年前に来た時にこの教会でミサに預からせてもらった。ミサの様子はどこのカトリック教会とも変わらなかったけど。
一応カトリックの身としては、この街は他のアメリカの場所では感じられないも親しみをとても感じる場所でもあり、同時に異文化を感じる複雑な所だ。


41.jpg



51.jpg


ニューオーリンズに来ると、独特な匂いがする。
シカゴから飛行機で2時間ちょっと。飛行機の窓から見ると川や海に囲まれた、赤い泥のデルタ地帯が広がる。
雪の積もる銀世界のシカゴから、ヤシの木の茂る、緑が青々としたニューオーリンズに来たのだから、匂いの違いが大きいのは当然であろう。
足下からむっと来る緑の匂い。水の匂い。


61.jpg



71.jpg


フレンチクウォーターは建物も古いので、その匂いもあると思う。
シカゴのように石造りではなく、ドアも床も木造の所が多い。湿気を帯びた独特の木の匂い。

3月のニューオーリンズは、半袖で歩ける時もあり、シカゴから着ていたダウンジャケットを着ないと寒い時もあり、色々。
ギンモクセイやモクレンの花が満開。芝生も青々としている。


81.jpg



フレンチクウォーターはその名の通り、フランス人が住んでいた街だ。1803年にルイジアナがアメリカに買収された後も、フランス系移民はここに住み続けた。
20世紀初頭までフランス語の地域だったという。
その後シチリアからのイタリア移民がここに住み始め、その後はアーティストやボヘミアンの街になった。
ところが80年以降地価が交渉して、芸術家たちは家賃を払えなくなり、皆他の場所に移動せざるを得なくなった。。。アメリカではよくあることである。

今やフレンチクウォーターはとても家賃の高い地域で、ボヘミアンは住めない。
古い住宅を綺麗に改装してお洒落に皆住んでいるが、実は今は高級住宅である。


91.jpg


フレンチクウォーターというのは、歴史的にも建築的にも一番ニューオーリンズ的な所でもあるが、実はニューオーリンズ出身の人たちはあまり住んでいない。
彼らはとっくのとうに郊外に移ってしまっている。
ニューオーリンズには、他州出身者が多い。アメリカだけでなく、外国からの住民も多い。フランスから、カナダから、スコットランドから。。。。アメリカを旅行中にここが気に入り、住み着いてしまった人も多いのだ。


101.jpg



そしてここ界隈はアーティストが本当に多い。
今回も写真を撮っていて、何度彼らに声をかけられたことか。
ミュージシャンだけでなく、画家、写真家たちがここを拠点にしている。
テネシー・ウィリアムズがここでいくつも名作を手掛けたように、この街は芸術家の琴線に触れる魅力的なマジックを持っている。


111.jpg


ニューオーリンズから帰って来てから、山積みの仕事に引きこもりになって向き合っていたが、やっと一つ峠を越した。まだまだ先があるんだけど。
しばらく滞りがちだったブログも再開していこうと思う。
ニューオーリンズ日記、引き続きお楽しみください♪









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。