映画"Medallion"撮影現場

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 02.2011 New Orleans
med11.jpg


マルディグラが終わると、翌日からニューオーリンズの街は、急に静かになる。
仮装している人もビーズを付けている人ももう居ない。
マルディグラ目当ての観光客は、翌日に皆帰る。

静かになったフレンチクオーターを歩いていると。。。んん???なんとまだ仮装しているグループが!!??
なんかそこだけ賑やかだぞ?? どうしたんだろう??

そう思って近づくと、「HOLLYWOOD」と書かれたトレーラーが何台か停まっていた。
よくある大型のトレーラーは、フレンチクオーターの狭い路地を塞いでしまうので、小型トレーラーである。
ははん。。。なるほど。映画撮影だな、と思った。

実際のマルディグラの翌日に、街にそのままの喧噪や余韻や飾り付けが残っているうちに撮影するとはなかなか賢い。

ニコラス・ケイジ主演の新作、「Medallion」だとか。
なんとニック・ケイジは実際のパレード中にも撮影していたらしい。あの雑踏の中に居たのか。。。。


med22.jpg


仮装したエキストラたちが、合図と共に何度も何度も踊り狂ってみたり、ビーズをキャッチしたり。。。を繰り返している。
見た感じはカーニバル中の仮装の人々と変わりはしないが、大きな違いは、合図と共にピタッと静かになり、ちゃんと人の言う事を聞いてる事(笑) 本当の酔っぱらい軍団とは違うのだー。

この仮装で、静かに合図待ちをしている姿は、何とも滑稽なのであった。

しかもこの撮影現場、フェンスも何も無くて、撮影だと知らない観光客がどんどん歩いて入って来るのね(笑)
気づかないメキシコ系のファミリーが、エキストラと一緒に手を上げてビーズもらおうとしたり(爆)ウケた!!


med31.jpg


私の目の前にはポリスが立っていて、撮影を見守る警備のポリスだと思ってたら。。あれー!この人知ってるー!!
えっと。。。えっと。。。何て名前の俳優だっけ??
よく脇役で出て来るのだ。
一番覚えているのは、ビョークが主演した「ダンサー・イン・ザ・ダーク」に出て来た、嫌な役の警官! そう、あの映画でも彼はポリスだった。
確か善人の隣人面して、盲目のビョークを騙すのだ。イヤーなヤツだったのでよく覚えている!(笑)

私の周りにも撮影現場を見ている旅行客が居るので聞いてみた。
「そこに居る俳優なんだけど、名前なんでしたっけ?」
「え? どこに居る人?」
「そこのポリスです」
「ええーっっ!!?? 本物のポリスじゃなかったのー??」

。。。。と、まあ、皆ポリスだと思ってたんですね(笑) あまりにはまり役だから。
で、顔を確かめると、皆一斉に「ああーーーー!!!! 知ってるーーー!!!」となる。

皆で、なんだっけ。。。なんだっけ。。。ほら。。。アレにも出てた。コレにも出てた。。。えっと。。。えっと。。。。と悩んだ。
皆で悩んだんだが、皆彼の顔を知っているのだが、名前が出て来ないっ!!
目の前に本人が居るのだから、本人に聞けば一番手取り早いのだが、そんな事は失礼でできない(笑)


med41.jpg

そんな事話してたら、もろカメラ視線!!!
「あなたのお名前なんでしたっけ?」(心の中で)

後で調べたら、David Morseでした。
うーん。。。よくありそうな名前。 また忘れそう(笑)


med51.jpg


ニューオーリンズを去る日も、空港までの車の中で撮影現場を見た。
カーニバルのフロート(山車)と仮装の人々がちょっとはずれた所に居て、静かになった街でそこだけまだお祭りだった。

映画は来年公開だろう。
どんな風に映されてるのか観るのが楽しみだ。





スポンサーサイト