霧のヨットハーバー

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 21.2011 日々あれこれ
kiri11.jpg


昨日も猛暑だったのであるが、湖岸沿いは朝から1日中深い霧のせいで、涼しくなった(ホッ)。
霧の中というのは、いわゆるミスト状態。体がすーっと涼しくなる。
(でも、涼しくなって30℃くらいだったと思う)


kiri21.jpg


視界が悪過ぎて、ビーチが閉鎖された。

観光でシカゴに来ている人たちは、どこを歩いても何も景色がよく見えなかったと思う(笑)


kiri41.jpg


こういう景色に出会うと、思い出すのがアマリア・ロドリゲスの「暗いはしけ」というファド。
漁師の夫が、漁にでて遭難して帰って来ない。。。。。それを嘆く妻の歌だ。

暗い歌だなー、と感じつつ、昔は「はしけって何だ??」と思っていた。

ミシシッピ川とかで見る「はしけ」はなんか非常に大きくて、アマリア・ロドリゲスの歌を全然彷彿させない。

やっぱり漁師がいるような、人間規模の港でないとね。


kiri61.jpg


昨日は霧のおかげで涼しかったが、今日は今夏最高温度。
40℃超えた。6年ぶりの猛暑日。


kiri31.jpg


暑い。
夜、バルコニーに出ても、夜風が蒸す。
昨日は「ポルトガルの港町」に浸っていたが、今夜はサイゴンの屋台の雰囲気だ。
めちゃくちゃ東南アジア料理が食べたくなる。

近所で初めてセミの声を聞く。夏だなあ。


kiri51.jpg

霧で観覧車もぼやける遊園地。






スポンサーサイト