スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロの気持ち

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 26.2011 映画&ドラマよもやま話
shir111.jpg


空の色が黒くなって来るとね、
なんだか悲しい気持ちになるの、どうして?

。。。。と、鉄コン筋クリートのシロのセリフを吐きたくなるような空の色。
ここ数日雨模様なんですわ。。。しかも寒い。


私は漫画を読まない方でして(ほとんど、といってよい)、だから鉄コン筋クリートも読んだ事がないし、その存在も知らなかった。
アニメの映画になったのは日本では5年前。
だけどそんな情報がシカゴに入って来るのも、非常に遅い。
3年前くらいか、なんだか変わった名前のアニメのタイトルを聞いたのは。

そしてシカゴでDVDで観た。
ふるえた。。。。と言っても過言ではない。
大人になってから観たアニメで感動したのは「千と千尋」以来で、おそらく私の人生で一番のアニメかも(さほどアニメは観ていないので、私の「一番」は比べる対象が少ないが)。

繰り返して何度も観る映画というのには、数年に1度出会うのであるが、この鉄コン筋クリートはもう10回くらい観たんじゃないかな。
空の色でシロに呼ばれたもので、また観てしまった。そして立て続けにまた2度も。
たまに、あの2人のガキに会いたくなる。


shir211.jpg


舞台の宝町というのは、「不思議な街で」と映画の中にも出て来るけれど、本当に不思議な街だ。
私が理想とする街でもある。
私の知っている街の、不思議な部分が全て合わさったような街。
東京の京島や、昔の玉ノ井の細い路地裏、隅田川にある高速道路の橋桁、大阪、イスタンブール、香港、バンコク、サイゴン、上海。。。などなど、アジアごちゃまぜのゴミのような宝の街。

映画の冒頭でこの街全体の絵が現れるのだが、そこでもう私はメロメロになるのだ。
やばい。この映画は一体私をどこに連れて行くのか。どきどきする。
何度観ても同じ気持ちに。

この映画を観た時は、蒼井優という女優を知らなかった。6年近く日本に帰っていなかったもので。
だけど、シロの声をやっている人、めちゃくちゃ上手いなあ。。。としびれた。
シロのセリフ聞くだけでもう一度観たくなるもの。
なんだ、この情感の入れ方は。声聞くだけで泣けて来るぞ。
クレジットで彼女の名前を見て、彼女の映画を観たのだった。
すごい女優だということは、あの声だけでも分かったけれど、やはり優ちゃんはすごいのであった。

二ノ宮君のクロもいいけれど、やっぱり俳優を意識しないで観るのがいいね、アニメは。
だってヤクザの木村が伊勢谷友介だと知っちゃうと、どうしてもカッコ良く見えて来ちゃって(苦笑)
木村に惚れちゃうじゃないか。。。。伊勢谷くん。声が色っぽいよ。


shir311.jpg


私はシロのような純粋な気持ちは持っていないので、空が黒くなっていくのを見るのは大好きだし、夜の闇も大好きだ。
どちらかというと、朝の光のほうが怖いよ。

雨の日のコンクリートの匂いは好きだけど、それは日本のコンクリートの匂い。
シカゴのコンクリートは、雨が降っても特別な匂いはしない。物足りない。
湿気や空気中の不純物が少ないんだな。ゴミゴミしたアジアが懐かしくなる。

でも、画面の中でクロやシロに会えると、安心、安心。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。