東京慕情・谷中

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 28.2012 東京散策
yana11.jpg


毎回帰国するたびに、一度は谷中には来ている。お墓参りをするから。

私にとって谷中とは、生まれ育った土地ではないけれど、代々の先祖が眠る土地なわけで、ことあるごとに親戚が集まった、子供の頃から思い出のある場所なのだ。


yana21.jpg


近年になって「谷根千」なんてブームができて、上野のすぐ脇にありながらどこか忘れ去られていたような小さな町にやたらと人が集まって来るようになった。
日本中のあちこちから。外国人の姿も目立つ。
谷中墓地や近辺の地図を片手に、迷路のような小径を練り歩く。

「どこか忘れ去られていたような」時代とその趣を覚えている身としては、ちょっとこそばゆいブームでもある。

谷中からスカイツリーが見えるようになるとは、つい最近まで想像だにしなかったね。
東京の風景は変わる。


yana31.jpg

老舗和菓子屋。岡埜栄泉。
明治33年創業。

墓地から芸大方面に行く道すがらにあり、うちも代々お世話になった和菓子屋だ。
おじいちゃんおばあちゃんの時代から、この建物があり、そして今も健在ってのはすごいこと。

谷中でも、どんどん減って行く木造建築。
変わりゆく東京の風景の中で、変わらない貴重なものの一つ。


yana41.jpg

この愛玉子という店も昔から「昔っぽい」雰囲気であった。

谷中墓地に墓参に来る人たちというのは、墓参が終わればさっさと墓地を後にするのが普通であり(大体どこの墓参もそんなものであろう)、谷中がどんなに風情のある場所だからといって、毎回谷中散策なんてしないのである。
我が家もそうだ。
墓参りの後に谷中散策なんてした覚えはない。せめてお茶とかお団子とか食べて帰ったりはしたけれど。
大体うちのパターンは、墓参の後に美術館か博物館。
墓参ついでに展覧会に行っていたのか、墓参が展覧会のついでなのか、ビミョーなところである。だってかなりの数の展覧会に、子供の頃から足を運んでいた記憶があるから。
美術展に行ったらお墓参りくらいしないとね、みたいな感じだったような。
とにかく、子供の頃は墓参の後は上野公園、と決まっていた。

だからこの愛玉子という店も、通り過ぎるだけで入った事がなかった。
それが谷根千ブームだか下町ブームだかで、この店がやたらと雑誌に載るようになり、かなり有名になった。
いつも通り過ぎるだけじゃ申し訳ないわね。。。と、何度かそれから入ったことがある。
古ぼけた、時間の止まったような店内。
昭和が感じられる貴重な空間の体験は、谷根千ブームのおかげかな(笑)



yana51.jpg

おじいちゃんの納骨の時に、親戚一同で集まったお茶屋。
このお茶屋の前で、写真を撮った記憶はハッキリしており、今でもその写真はある。
全然変わっていない店構えに、毎回谷中に来るたび嬉しくなる。


yana61.jpg



お正月休みに皆でお墓参りをしてから、また一人で散策にやって来た谷中。
もう一度お墓にもご挨拶に行ったけれど。

谷中墓地には色んな著名人が眠っている。
観光客はその著名人の墓地を目当てにやってくる。
だけど、墓参の人たちは、自分たちの一族の墓をお掃除してお参りしたら、他の墓なんて寄ったりしない(当たり前)。
というわけで、実は私もどこに誰のお墓があるかなんて知らない。

最後の将軍徳川慶喜の墓地もあるのだが、いつも案内看板の前を通るだけで行ったこともない。
今回ちょっと気になって、矢印に誘われて行ってみた。
当たり前だけど、一般人の墓地と違って、徳川の家紋のついた「門」があった(笑)
中に入れるわけじゃない。門の中からちょっと見ただけ。
ま、一度は「ご近所」の「豪邸」を見るのもいいかな、と思って。



yana71.jpg


老舗の喫茶店。カヤバ珈琲
古い古い、歴史ある喫茶店がずっと昔からあったのだが、オーナー亡くなり、持ち主が変わって新しくなった。
名前も外見も変わらないが、中はレトロ喫茶の風情を残した今風なカフェ風喫茶店に改装された。


yana81.jpg

こういうおじさんが一人座ってくれているだけで、カフェ風は「喫茶店」に様変わりする。

ガイドブックを持った外国人母娘(多分ロシア人)も入って来た。
へえー。随分と国際色豊かになったものだ、谷中も。。。。。と、感心。


帰りにPATISSIER INAMURA SHOZO (パティシエ イナムラショウゾウ)に寄る。
ウワサに聞いていた、すごく美味しいモンブランを買いに。
その名も、上野の森モンブラン!

「30分は並ぶの覚悟」らしいけれど、行ったら私の前に5人程しかいない。
並ぶの嫌いな私も、一時帰国中のハングリー精神(笑)と、モンブランへの欲(今回の帰国中に一番食べたスイーツ)で待つのもつらくない。

20分程並んで買った上野の森モンブランは、とても美味しゅうございました。



yana91.jpg



『ブラック・カルチャー観察日記  黒人と家族になってわかったこと』高山マミ著 
新刊が11月に発売されました。
全国の書店で好評発売中!!

オンライン書店(以下は一部) 
Amazon
HMV
MARUZEN & JUNKUDO
楽天ブックス
セブンネットショッピング
ビーケーワン
紀伊国屋書店BookWeb
TSUTAYA
j book



スポンサーサイト