東京慕情・高円寺

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 12.2012 東京散策
koen 11


しばらくご無沙汰していた日本滞在日記。
今日仕事も一息ついたので、ちょっとまとめて日本写真の整理を。


koen21.jpg


今日は高円寺編。
この街は来るたびに変化していて、1年なんて時間が経っちゃうと、「あれ~!あの店がない!」とか、逆に「へえー!ここにこんな店ができたんだー!」の連続。
好きだったお店が無くなるのはさびしいけど、相変わらず人で溢れていて楽しい。



koen31.jpg


JRの駅周辺特有のごちゃごちゃぶりと、中央線沿線の文化的な匂い。
パチンコ屋、居酒屋、八百屋からライブハウス、古着屋、お洒落なカフェまで勢揃い。
おっさんの匂いから若者の香りまで。


koen41.jpg

ここはNYのSOHOか?と思ってしまうような店も。
かつてはどこかどんくさいイメージの高円寺だったのに、いやいや最近はかなーりオサレな街に。



koen51.jpg

と思えば、包丁研ぎ屋のおじさんが路上で店だしてたり。いいっすねー。
包丁研いでもらいたくても、持って来るのに道中ドキドキしそうです。飛行機には乗ってこれませんね(当たり前)。



koen61.jpg


かつて古着屋さんに、沖縄出身のとても愛想のいいお姉さんがいたのですが、数年前にご結婚なされたとかで、お店を辞められていた。
店番しながら三味線弾いてたりと面白い人だったなあ。


一時すごく太られたときがあって、「夜中のラーメンの食べ過ぎなんです」と言っていた。
「沖縄にはラーメンがなくて、東京に来てからはまってしまって。。。美味しくて美味しくて!!」と。

そりゃあ夜中のラーメンを続けていたら。。。。太るでしょう。



koen71.jpg


しかしそれからダイエットをしたのか、すっかり細くなって綺麗になったときがあった。
今思えば、あのとき恋をしていたのかしら?

幸せに暮らしているでしょうか。



koen81.jpg



高円寺はカフェ天国。
食べるのもよし、おしゃべりするのもよし、本を読むのもよし、仕事をするのもよし。
目的に合わせてよりどりみどり。



koen91.jpg

ここは本屋さんカフェ茶房高円寺書林

狭いけれど、センスのよい本が売られている。絵本から社会性のあるものまで。
小さい頃よく読んだ「こねこのぴっち」なんて懐かしいものから、花森安治さんのデザイン本まで好みのものがいろいろ。
カフェ空間も居心地がいいしコーヒーも美味しい。



もう一つお気に入りの読書空間は、ここ。

koen101.jpg

R座読書館
ここは本当に本を読みに行くところ。
おしゃべりとかミーティングには使えません。
まるで図書館のような静かな空間。観葉植物。美味しい飲み物。
読書がはかどります~。

ところが私が行った日は寒い日で。。。
窓側に座ったものだから窓からすきま風が。。。。。  冬は窓際は避けましょう(笑)
そうなのよね。。。。日本の建物って、シカゴのように窓がキッチリしていないのだ。
この「うわ、窓際寒い!」って経験、何度も日本に帰ってからしたのである。風がすーすー。。。と首や肩をなで、後で風邪ひくのである。気をつけたい点。




最後に、高円寺ではあまりにも有名な七つ森。
日本帰国記念に(笑)、久しぶりに寄ってみた。

koen111.jpg


ここでは失敗から学んで、しっかり奥の席に(笑)
暖かかったわー。 
いいですねー。ここの懐かしくなる雰囲気。

目の前のテーブルには、編集者と見られるメガネをかけた女性が書類広げて校正作業ちゅうだった。

高円寺は出版関係の人も多く、こういう人や編集者のミーティングもよく見られるのが高円寺の喫茶店の特徴。
仕事ができる(しやすい)、読書がはかどる、そして美味しいコーヒーで幸せにしてくれる喫茶店、好きです。



koen121.jpg




『ブラック・カルチャー観察日記  黒人と家族になってわかったこと』高山マミ著 
新刊が11月に発売されました。
全国の書店で好評発売中!!

オンライン書店(以下は一部) 
Amazon
HMV
MARUZEN & JUNKUDO
楽天ブックス
セブンネットショッピング
ビーケーワン
紀伊国屋書店BookWeb
TSUTAYA
j book












スポンサーサイト