スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京慕情・十条

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 18.2012 東京散策
juj11.jpg


今日は十条の散策編。
先日アップした王子の後に、十条まで歩いてみた。



joj21.jpg


初めて歩く道はどこでも新鮮で面白い。


joj31.jpg


王子から十条の間には、井戸との出会い率も高くて。
井戸というものは、私が育った街には皆無だった。
大人たちが、「昔は日本のあちこちにあったものよ」なんて言うのを聞いていたが。

だから確実に、私が大人になる頃には完全に無くなるものの一つだと信じていた(少なくとも東京からは)。
だが。。。。意外とあるんだよね、東京の裏路地。
確かに一時代、こういうものが撤去されまくるときがあったのだけれど、その「撤去されまくる時代」さえもう過ぎてしまって、今はそういう時代よりも井戸にとっては安泰の時代なのだ。



joj41.jpg


十条は、いくつもの商店街が交差して、大変商店街の賑わっている街でして。
赤羽もすごいのだけれど、ここもなかなか。



joj51.jpg



北区というのは、今や埼京線や地下鉄まで通りとても便利になったけれど、一昔前まで陸の孤島的なところで、地元型の商店街がとても発展したのだと思う。
だから個人商店が元気でとてもいい。


joj61.jpg

これでもか!というほどの手書き感。

メリヤスというだけでレトロ感が。。。
私でさえ「メリヤスってなに?」って時代を送ったのに、今の若い子たちはもっと分からないでしょうねえ。。。メリヤス。



joj71.jpg

「うなぎ」と書かれてますが、八百屋のようです。



joj81.jpg


原宿での食べ歩きがクレープ(若い女の子しかしないと思いますが)だとしたら、十条はなに?
そこで十条の若者に聞いてみました(実際は後からつけてみただけです)。

若者3人組は、総菜や焼き鳥が並ぶ店に!
そして1本100円のつくねを買い、美味しそうに食べながら商店街を歩いて行きました。

あまりに美味しそうだったので私も1本。
うっめーっっ!!! 100円ですぞ! 大きなつくね団子がついて。
他にもいろいろ美味しそうな物が目白押し。



joj91.jpg


「さびれた」商店街というのも、被写体とかにはいいけれど、やはり元気で活気のある、人で賑わっている商店街を歩くのはこっちも元気になる。



joj101.jpg



ところで、最近元気な日本のフランチャイズカフェの特徴が、商店街にも表れている。
まず、「オサレ」と位置づけられているスタバやタリーズは、このような商店街(いわゆる、アーケード屋根があったりする)の中には入っていない。
その街にあったとしても、ちょっとお洒落な場所を選んでますね。

一方、このような東京の中心街から離れた味わいのある(?)街の商店街でよーく見かけるのはサンマルクカフェ。
サンマルクは逆に「商店街大好き」なんじゃないかと思うほど、渋い店の間に挟まって店を出していたりする。客層はおばさんとかおじさん。
もうそれはそれは、「ここでもサンマルクか!」ってくらいに渋いところで出会うのだ。このカフェのことはよく知らなかったのだけど、去年くらいからかな、急に目につき始めた。
オサレな通りにも、ビミョーな通りにも、選り好みせずに店を出すサンマルク。
コーヒーとパンがもうちょっと美味しかったら私も入るんですが。。。。

しかし、立石の商店街には、サンマルクさえありませんでした(笑)



joj121.jpg

十条の商店街の中に突然顔を見せる、大衆演劇劇場の篠原演芸場。

帰りに、ふと気になった店鯛焼き店 けんぞうで鯛焼きを買う。

つぶあんと焼き芋餡。すごく大きな鯛焼き。
ちょっと待ったけれど、これは待つ甲斐あって美味しかったー。
地元の人気店のようで、次から次にお客さんが来てた。

帰りはJR十条駅から埼京線で。
王子~十条と、よく歩いたしなんだか遠い所に来たような気になってたけれど、池袋まで5分、新宿まで10分。
近いのですよね、ホント。



joj131.jpg




『ブラック・カルチャー観察日記  黒人と家族になってわかったこと』高山マミ著 
11月に発売されました。
全国の書店で好評発売中!!

オンライン書店(以下は一部) 
Amazon
HMV
MARUZEN & JUNKUDO
楽天ブックス
セブンネットショッピング
ビーケーワン
紀伊国屋書店BookWeb
TSUTAYA
j book














スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。