スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NY取材日記(1)

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 21.2010 写真関係お知らせ 0 trackback
昨日、グラフィック社の編集部からメールが入った。
撮影取材の仕事で関わったデザインのひきだし10が、シリーズの中で一番の売れ行きだとのこと。
6月上旬に発売されたばかりだが、1ヶ月半で在庫がもう500を切ったとか。
誠に嬉しいお知らせだ。

「デザインのひきだし」シリーズは、デザイン・印刷・紙・加工の実践情報紙で、プロはもちろんのこと、そうでない人も楽しめる盛りだくさんの驚きの本。
印刷や紙の見本は沢山折り込まれてるし、毎回造本も凝っているし、色々な分野の職人さんやクリエイターたちへの取材も楽しい。
まずは編集に関わっている人たちには必読の本であろう。

記念すべき10号は活版印刷特集。
活版印刷とはなんぞや? 懐かしい響き。
まさに、「無くしてしまうには惜しすぎる」印刷技術。

デザインのひきだし10



活版印刷の「海外レポート」のコーナーで、私はニューヨークの工房とショップの取材を担当した。
印刷に関して全く無知な私。
撮影だけとはいえ色々説明も聞くのだから、基本は分かっていないとダメだろう。。。。と、一応活版の基礎はネットで調べたりしたけれど、機械を見た事も無い私にはやはりチンプンカンプン。
まあ、行けば分かるであろう。。。。そんな気持ちでワクワクしながら現場に行ったのであった。

取材日記は次回に。

しかしまあ、週刊誌でも大衆紙でもない、いわゆるマニア向け(?)の商業誌でこのような売れ行きをするとは。
素晴らしい内容の本には、ちゃんと読者もついてくるのね。
出版不況が囁かれる近頃、快挙のニュースに拍手をしたくなる。
スポンサーサイト

○ Trackback

trackbackURL:http://janetmami.blog130.fc2.com/tb.php/3-ec4d2496
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。