スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の著者校

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 29.2012 「黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在」執筆・出版
sanko1.jpg


亜紀書房から刊行される『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』、発売日は4月20日に決定。

まだまだ校正段階。
初校、再校と続き、ただいま三校。
現在、最後の著者校正中。

初校のときは直すところがいっぱいありすぎて、もうヘトヘトであった。
それに比べると、今回は先は見えている。
発売まであと3週間というところで、またあんなに大変だったらそれこそ間に合わない。

「完璧」を目指すため(目指した所で「完璧」なんてものはないのだが)、編集者も編集長も妥協しない。
少しでもよりよくするために、的確に指示してくる。その要望に応えるためにこちらも必死だ。
書き手は読み手の気持ちになって書かないといけないけれど、書き手である限り100%読者の気持ちにはなれない。なんせ、書いてあることが分かっているわけだから。
その橋渡しをしてくれるのが編集の力だ。

細かく赤で修正した初校ゲラや書き直しを、よくもまあ綺麗にまとめてくれた編集部。
総ページ数も出て、すっかり本の形になってきている。
かなり美しくなってきているけれど、もうちょい上の美しさを目指して作業中。

バルザックは著者校を10回くらいして編集者を泣かせたらしいけれど、あの時代は発売日というものがもう少し緩かったのだろうな。
今は決めた発売日を動かすと全ての流れが狂って来るので、そうそう変更できない。そんな悠長に校正をくり返せない。
きっとくり返したところで、どんどんどんどん書き直したい所が出て来るだけで終わらなくなると思うのだけど。

締め切りまで1週間。
最後の校正、なんどもなんども読み直して、練っていこう。



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より4月20日発売です!


『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
11月に発売されました。
全国の書店で好評発売中!!

オンライン書店(以下は一部) 
Amazon
HMV
MARUZEN & JUNKUDO
楽天ブックス
セブンネットショッピング
ビーケーワン
紀伊国屋書店BookWeb







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。