スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

校了まであと少し

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 04.2012 「黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在」執筆・出版
sankos1.jpg


『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』は最後の著者校正作業で、すっかり時間の感覚も、曜日の感覚も無くなってしまった私です。
初校よりも直す箇所は少ないはずだから、三校にもなればそんなに時間はかからないと思っていたら、とんでもなかった。

直していけばいくほど、細かい修正箇所や大きな書き直しも出て来るわけで。
なんど書き直しても編集者(読者の立場に立って読み込んでくれている)から疑問が出て来たり、OKが出なかったり。
1行の言い回しにすごく時間がかかったり。

読みやすさも大切だけれど、今回はノンフィクション本ということもあり、調査や取材の裏付け作業もしっかりとしなくてはいけない。
再確認したら数字に大きな間違いがあったり(大汗)。慌てて直す直す。

この1週間の作業は完全引きこもりになると分かっていたので、前日には食料の買い出しに。
料理しなくてもいい(そんな時間はないので)、すぐ口に入れて食べられる物の確保。
1日何時間机に向かっていたのかは分からないが、週末も「そういえば夫が家にいたなあ。。。」という記憶くらい(そこで土日だということを確認)。

うーん。。。最後まで気が抜けない作業。

昨日原稿を編集者に返したので、今日は久しぶりに外に出た。
この1週間のうちに春が随分進んでいるかなー?と思ったら、気温の低い日が続いていたようで、そこまで変わっていなかった。

さて今は、編集者が再度私が渡した最終の直しを確認中。
かなりの量なのだが、もう校了まで時間がない。
最後の最後の作業。
完璧に文章の「お掃除」をして、世に出したい。

今日は一息ついたので、録画してあったフィギュアスケートの世界選手権を観た。
羽生君や大輔君の演技にゾクゾクと鳥肌が立ったのだが、誰を見ても鳥肌が立つ。
ん。。。? 寒気? どうもゾクゾクは悪寒から来ていたようだ(いや、演技も素晴らしかったのですが)。
ちょっと日に当たって風邪を治さなきゃ。



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より4月20日発売です!


『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
11月に発売されました。
全国の書店で好評発売中!!

オンライン書店(以下は一部) 
Amazon
HMV
MARUZEN & JUNKUDO
楽天ブックス
セブンネットショッピング
ビーケーワン
紀伊国屋書店BookWeb








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。