スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イリノイ州のアーミッシュビレッジ

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 05.2012 アーミッシュの村
mish11.jpg


イリノイ州南端のCairoの町からシカゴに帰る途中に、アーミッシュコミュニティがある。

ほんの数時間だけだけど、寄ってきた。



mish21.jpg


村に入るといきなりこのサイン。


サインがあったと思うとすぐに。。。。


mish31.jpg


車の前をアーミッシュの馬車が通る。

ここにはアーミッシュでない一般人も住んでいるので、文明社会の自動車との共存。
サイクリングロードならず、馬車用ロードが道路脇にもうけられてある。



mish51.jpg


店や施設には、自動車用の駐車スペースの他に、馬車用の駐車(?)スペースがある。
これは他のアーミッシュ村でもそう。

ここは病院の駐車場。
アーミッシュも病気や怪我の時は、一般の病院に行く。

この写真を撮っていたら、馬車の持ち主たちが戻って来たので慌てた。
アーミッシュたちの写真は撮ってはいけない。彼らは肖像を残すことを信じていないから。



mish41.jpg




彼らは保険などには一切入っていない。いわゆる、アメリカの政治だとか法律にはお世話になっていない。
保険なしでアメリカでの治療なんてとても高くつくのだが、アーミッシュにはコミュニティ内で支え合う蓄えがきちんとあって、大けがなどで(自動車と馬車の接触事故はよくあるらしい)高額の費用が必要な場合は、そこから出るのだとか。
自分たちのスタイルをワガママに押し通すだけでなく、自立しているすばらしきコミュニティ。



mish61.jpg



彼らの家には必ず馬たちが。
彼らの家族でもあり、生活に欠かせないもの。


mish71.jpg



アーミッシュの家の洗濯物。

男性のオーバーオールのような、胸当てのついた作業ズボン。

男性も女性も、青、黒、白などの地味目の色を着る。
戒律が厳しくない宗派は(アーミッシュの中にも色々ある)、多少色のついた服装も女性は許されたりする。

アーミッシュの中でも、電気や電波、自動車の使用を許されるメノナイトの人たちは、女性は花柄のドレスを着ていたりする。
このメノナイトの家族には、ケアロにいる時にミズーリのレストランで会った。
ミートローフ、チキン、ポテト、スイートポテト、グリーンズ、豆。。。などなどのアメリカ料理というのか南部料理というのは、基本は開拓時代の料理。
アーミッシュ料理も開拓料理。非常にプリミティブ。
決して洗練はされておらず、体を動かすために必要な栄養分を採るためのような料理。
ちなみに、アーミッシュ料理も肉、ポテト。。。と基本はこんな感じで、ケーキやパイ類は甘いのであるが、肥満がいない。
彼らは体を動かしているからなのだ。彼らは基本農民。そして大工。
車も電気もない生活というのは、朝開けてから夜までやることが沢山あるのだ。その全てが体を動かすことにつながる。
デブがいないコミュニティ。。。。 アメリカでひょっとしたらここだけなんじゃないか???



mish81.jpg


村の「ダウンタウン」。
観光用にわざと古めかしく作っているわけではない。昔からの街並がそのまま残っているだけなのだ。
道路が土からアスファルトに変わったくらいで、基本的なものは200年くらい変わっていないんじゃないかなあ。
あ、あとはアーミッシュ以外の人たちも当時はみな馬や馬車の生活で、彼らもアーミッシュと同じような格好をしていたことくらいか。



mish91.jpg


アーミッシュの人が経営するアンティークショップ。
この店は本当にいい品物を集めたアメリカンアンティークショップ。しかも安い。
ここにずっといると、使わないものもあれこれ買ってしまいそうだったので、見るだけにとどめる。

店員のアーミッシュお姉ちゃん。
イリノイ生まれだろうに、見事なペンシルベニアダッチ訛りの英語!!



mish101.jpg



可愛らしい町の雰囲気をもっと撮ろうと思ったのであるが、アーミッシュの人たちがあまりに多く歩いていて、どこにもカメラを向けられない状態だったのだ。
カメラ構えていると、すぐにアーミッシュの人が目の前に現れるし。
だからあまり撮れなかった。

アーミッシュの村で買って来たパンとピーナッツバター。
なにを食べてもアーミッシュ村の手作りのものは素朴で美味しい。
特にパンが!! シカゴのスーパーで売っているのよりも安くてしかもなんでこんなに美味いの?
シカゴに帰ってから、ペロペロッと一斤すぐに平らげてしまった。


あまり長く滞在出来なかったのが残念であるが、今度は泊まりがけでゆっくり来よう。

「アーミッシュってなんぞや?」と思われた方は、私の前の「アーミッシュブログ」(カテゴリー:アーミッシュの村)をどうぞご参考までに。



mish0111.jpg



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より5月8日発売です!
Amazonにて予約開始しております。




『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
11月に発売されました。
全国の書店で好評発売中!!

オンライン書店(以下は一部) 
Amazon
HMV
MARUZEN & JUNKUDO
楽天ブックス
セブンネットショッピング
ビーケーワン
紀伊国屋書店BookWeb




















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。