スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黒人文化は革新的であり保守的でもあり…」

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 14.2012 「ブラック・カルチャー観察日記」出版・執筆日記
edge.jpg


「ブラック・カルチャー観察日記」の感想が、またブログに載りました。

リー:リー:リーさんのブログ。黒人文化は革新的であり保守的でもあり…_『ブラック・カルチャー観察日記』By高山マミ


非常に丁寧に読み込んでくださっていて、それが言葉の端々に感じられ、感想を読んでこちらも嬉しくなってしまう。
広範囲に渡って、細かく「驚いてくれたこと」「感じたこと」「思ったこと」を書いてくださっているので、書き手にとっては逆刺激というのか、改めて感じることがあるのだ。

音楽ファンの方たちには、「面白かった!」とよく言われる「SingerとSanger」のトピック。
これはブログでも書いていたトピックだったが、本にする時に実は削ろうかな、と思っていた箇所でもあった。
そこまでウケるとは思っていなかったのだ。黒人たちの意見とは言え、あくまで個人的な分け方だし。
だけど、音楽専門の担当編集者が、「すごく面白いですよ~」と言ってくださったので、改めてもう一度色んな人に「あなたにとってのSingerは?」「あなたの思う白人Sangerは?」などとアンケートを取り解答を得たのであった。
結構、解答する人たちも熱心に考えてくれて、かなり彼らの頭の整理(?)にもなったようです(笑)
グループでいる時に聞いたりすると、白熱した「Sangerトーク」になったりして。
そんで誰かが「Sanger」の曲をかけたりすると、一斉にみんなで「Face」を作ったりして。

日本の読者の方たちにも楽しんでいただけたようなので、書いてよかった(笑)


「フライドチキンとスイカ」のトピックも、意外な箇所で「驚いた」と言ってくださり、そういう感想はとても貴重。
そうなのね。日本はフライドチキンといえばKFCくらいなもの。
そしてKFCはカーネルおじさん。彼は白人。
フライドチキンと黒人が結びつかない環境だわさ。

まさかね、KFCのウェブサイトの沿革に、「南部の黒人奴隷の食べ物をヒントに、カーネル・サンダースが作り直し店を出しました」なんて書かないわよね。

実は、これはあくまでもウワサの域だし信憑性は全くないのだけれど、「かつて南部のKFCの売上は、KKKの資金に回っていた」というウワサが流れたことがあった。
色んな南部の企業がKKKをサポートしていたわけであり、これも信じたくもなってしまうウワサなのだけれど。
だけれど、黒人経営のフライドチキン屋が、白人資本のKFCを嫌ってそういうウワサをでっち上げた、とも言えなくもないし。
ウワサは闇のまま。
このウワサも、あまり黒人たちも信用していないから、今でも黒人コミュニティにKFCは沢山あるのだろう。
こういう黒いウワサは、真実でないとしたら、本当に嫌がらせ以外のなにものでもない。


他にもいろいろ、沢山感想を書いてくださって本当にありがとうございます♪
こういう読者の方たちに支えられて、光栄です。



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より5月9日発売!
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング




『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!

オンライン書店(以下は一部) 
Amazon
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング
ビーケーワン
紀伊国屋書店BookWeb







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。