読書で放浪~米国

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 09.2012 「黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在」執筆・出版
shinse.jpg



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』のレビューがブログに乗りました。
新世界読書放浪

前作「ブラック・カルチャー観察日記」も取り上げてくださったので、再度ありがとうございます。

ブログのタイトル通り、読書で世界を制覇されようとしているのか、国別カテゴリーの数がすごい。
その中でも本書の入っている「米国」というのはもうすぐ読了した書籍数が1000に数が届きそうなくらい抜きん出ている。
確かに、アメリカに関する本というのは、政治や歴史や文化から、旅行エッセーに関するまで、本当に多い。
それだけ、数多くの違った人々が違った目で、アメリカの側面をそれぞれ見ている、ということだ。
言い換えれば、語るには事欠かないストーリーが常にある、という国なのだ。
逆にアメリカで英訳されている日本の本、あるいはアメリカ人が書いた日本についての本を探すとなると、そうそう簡単に1000近くも探せないのは明らかだ。

このブログにある「国名」の多さを見ても分かるように、日本人は海外のことにとても関心がある。(それだけの本が出ている)。
中世に日本に来た外国人らが、日本人の庶民階級の識字率や見聞を広めるための努力に非常に驚いたそうだが、これは尊い文化であると思う。
今でも日本人が本を書き続け、読み続けるのは、そういう文化を育てて来た背景があるからだ。


厳しい評価の1つ★、2つ★が続く中、本書が3つ★頂けたのは光栄です。



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より5月9日発売!
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング




『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!

オンライン書店(以下は一部) 
Amazon
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング
ビーケーワン
紀伊国屋書店BookWeb




スポンサーサイト