スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱いメッセージのミュージシャン★マイケル・フランティ

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 19.2012 人々
mica11.jpg



マイケル・フランティ&スペアヘッドのコンサート撮影。



mica21.jpg Michael Franti



日本のフジロックにも参加したことがあるらしいので、日本でも知られているミュージシャンだと思う。

社会運動家でもあり、平和と平等という明確なコンセプトを掲げて活躍するミュージシャン。
日本にも最近「なんちゃって」活動家のようなミュージシャンが多いが(笑)、彼の主張する内容の一つである「反人種差別」は、彼の生い立ちが深く関わっていると思われる。



mica61.jpg



アイルランド&ドイツ&フランス系の白人の母と、アフリカ&ネイティブ・アメリカンの父との間に、カリフォルニアで生まれたマイケル。
しかし、彼のミックスの容姿は母方の家族に受け入れられないと見なした母親は、彼を里子に出す。

そこで受け入れた夫婦は、フィンランド系カップル。
この夫婦には、彼らとの間に生まれた3人の子供と、アフリカからの2人の養子がいた。
こんな環境の中で、彼は愛されながら育ったわけだ。



mica31.jpg




mica51.jpg



彼のメッセージは他にも、行き過ぎた商業主義、反軍事主義、エイズの蔓延、反死刑制度などなど。

「平和と平等の獲得」を、レゲエやロック、ソウル、ヒップホップの音楽に盛り込めて、全世界向けに発信する。



mica41.jpg



マイケルは、ボブ・マーレー、カーティス・メイフィールド、マーヴィン・ゲイあたりに影響されているらしく、なるほどな、と思うくらいに、ごった煮サウンドとも言えるくらいの色んな物が詰め込まれた音の中に、ピースフルなメッセージが盛り込まれている。
とても熱いステージだった。

このステージの前に、土砂降りの雨が降っていて、我々フォトグラファーたちは「あーあ」とつぶやきながらポンチョを着始め、カメラにもビニールを巻き始め、ずぶ濡れ覚悟で「いざ出陣!」と思っていたのだが、彼が歌い始めるとなんと晴れ間が出て来て、雨はすっかり止んだのであった。



mica71.jpg




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より5月9日発売!
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング




『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!

オンライン書店(以下は一部) 
Amazon
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング
ビーケーワン
紀伊国屋書店BookWeb

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。