スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド人街

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 30.2012 エスニックタウン
devo11.jpg




ヨーロッパで一番メジャーなエスニック料理と言えばインド料理だが、アメリカでは中華料理になる。
移民の数と文化の浸透の違い。
アメリカでもインド人は多いのだが、急激に増えたのはIT時代到来後で、いわば80年以降。だからとても新しい。

そんなわけでアメリカではインド人街というのは珍しいのだが、シカゴには中西部一大きなインド人街がある。
大きいと言っても、シンガポールのインド人街のようにサイズも歴史もあるわけではないのだが。




devo81.jpg



通りには北インド南インドを含めたインド料理のレストランや、食材を扱うスーパーなどが立ち並ぶ。



devo21.jpg



それから、どこのインド人街にも多いのは、電化製品を扱う店とスーツケース屋さん。
電化製品とは、ラジオやテレビや携帯電話からコンピューター、デジタルカメラなど。
NYの街でもそうなのだが、スーツケースを売っている店ってインド人経営が多い。何故なのか。
ダウンタウンの店ではインド人以外の客もいるが、このインド人街ではよくインド人ファミリーがスーツケースを物色している。
そんなにスーツケースっていくつも必要なのか?
人生でいくつも必要ないよ。。。というスーツケースは、サムソナイトなどのような頑丈で壊れないスーツケースであって、実はインド人街で売っているようなスーツケースはすぐ壊れそうだ。
空港で会うインド人というのは、本当に荷物が多い。ものすごく重そうなスーツケースを家族旅行となるといくつも抱えている。
あそこまで酷使したら、何度かの旅行で確かにスーツケースは壊れそうだ。



devo41.jpg



それから、中西部のデトロイトや他の街からシカゴのインド人街に週末買い出しに来るインド人も沢山いる。
彼らは大きなスーツケースに、米やらスパイスの大袋を沢山入れて帰る。



devo31.jpg



サリーを来て歩くインド人女性が多い。
というか、シカゴのダウンタウンでもサリーの人は多い。週末になると、インド人は家族でよく街に遊びに来るのだ。
必ず大家族で歩いているから目立つ。
大家族というのは、子供の数が多いのではなく、おじいちゃんおばあちゃんを連れているのだ。3世代でよく一緒にいる。



devo51.jpg



サリー屋さんはとても多い。

ケニア人の親戚の女性は、よくここに買い物に来る。
夏物のブラウスとかシャツとか、インドの服は涼しくて、そしてここで買うととても安い。
オレンジとか紫の原色に、金色の刺繍とかとても派手。
インド人とかアフリカ人とか黒い肌にはとても合う。彼女が着ても全く派手にならない。
しかし私が着たりすると、場末のスナックのママに間違えられてしまいそうだ。



devo91.jpg



昔、日本にある輸入雑貨屋さんで、インド製インド綿の白い夏のパンツスーツを買ったことがある。
上はノースリーブのひざ丈ワンピースで、下にスパッツのようにピッタリしたパンツ。
そのスパッツのようなパンツがすごく細くて(生地は伸びない綿)、「日本人のサイズに合わない」ということで売れ残っていて半額になっていたのだ。
白地に白い刺繍がしてあってかわいかった。
ああいうのがあればいいんだけどね。店頭に並んでいるのはどれも派手派手だ。
今度探してみようかな。

あのパンツスーツを買った時に店員さんが、「合う人がいてよかったです。どうも向こうの人(インド人)は足がかなり細いみたいなんですよ。日本では皆さん試着して入らなくて、諦めて帰ってしまうんです」と言っていた。
足の細さはインド人と同じようなのだが、私でもビックリするのは、インド人女性の腕の細さだ(もちろん、太っている人は論外として)。
インド人街で金属製のバングル(ブレスレット)をよく売っている。細いのが20個くらいのセットになっていて、トータルで15cmくらいの長さのものだ。
輪っかに色々とサイズがあるのだが、小さいものは本当に細い!(子供用ではない)。

ケニア人の彼女はお尻は大きいのだが(アフリカンなので)、本当に腕が細くてそのバングルもすすすーっと手に通して試したりする。
そしてこれまた、赤にシルバーの模様の派手なバングルとかが、黒い肌には合うんですねー。
私が付けると、単なる安っぽいオモチャに見えるわけで。これまた場末のスナック?みたいな。

その前に、手の部分でつっかかるサイズが多い。
インド人女性って、確かに脚と腕だけでなくて、手の部分が細いというか華奢で小さい人が多い。



devo61.jpg



インド人の宗教はいろいろ。
仏教徒も多いし、ヒンドゥー教徒も。そしてクリスチャンも。



devo71.jpg


そしてかなりイスラム教徒も多い。↑こんなお店も多い。
インド人ムスリムは、インド人街でも着ている服が違うのですぐ分かる。

ラマダンの時にインド人街に行ったら、ランチタイムだというのにガラガラだった。
アラビックタウンなら分かるのだが、まさかインド人にここまでイスラム教徒が多いとは思わなかった。
もうラマダンは開けたので、インド人街のレストランも客で溢れていることだろう。



devo0111.jpg



こういう写真屋さん自体がもう時代と共に消え行くのであろう。懐かしい。
そしてなんと、まだ「AGFA FILM」の看板!!
アメリカでAGFAを扱っている(扱っていた、と過去形だが)というのも珍しい。



devo101.jpg



新しいブログ「New York ノスタルジア」もどうぞよろしく。



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より5月9日発売!
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング




『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!

オンライン書店(以下は一部) 
Amazon
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング
ビーケーワン
紀伊国屋書店BookWeb

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。