スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわいい店の大きなハンバーガー

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 06.2012 アメリカの味/外食
hama11.jpg



わが夫はとてもアメリカンなので、ときどきハンバーガーを食べないと元気が出ない。
この日も「今日は絶対にハンバーガー」と言い張っていた。

なんとなく気になっていた店がシカゴのスウェーデン人街にあった。
名前といいガーリッシュだし、きっととても品のいいハンバーガーを出す店だろうと思ってここにした。
品のいいというのは、要するにスポーツバーとは違って、アメフトファンや野球ファンが試合を見ながらたらふく食べるようなボリューム大のハンバーガーではないだろうな、ということである。




hama21.jpg



店内はこんな感じ。
全然スポーツバーとは違い(名前からしてそれは当然なんだが)、赤いカーテンなんかあって、ちょっとお洒落なバーみたいな雰囲気。
ガーリッシュな店名に反して、意外と男性客が多い。やっぱりハンバーガー屋だからか。




hama31.jpg



ところがどっこい。
夫はダブルチーズバーガーを頼んでいたが、出て来たのがこれだよ。
ナイフに刺さって来た。。。。

どれくらいでかいのか、肉の厚さまでお見せ出来ないのが残念。
たれかかったオニオンとチーズで、とても開く気にはなれません。

ダブルにしなくてもよかったんじゃないかと思いますがね。。。。 でも残さずにペロリと平らげておりました。




hama41.jpg




私はBLTならぬ、BALTだかBLTAだったか、どこかに「A」入ったサンドイッチ。
ベーコン、レタス、トマトにアボカドが入ったもの。
サイドはフレンチフライじゃなくてポテトサラダに。このポテサラが美味かった。


この店のウェイターは皆どこか女っぽい。
そうなのだ、とてもゲイが多いのだ。ゲイじゃなくても、女装というかちょっと女っぽい格好している人も。
ここは、ゲイやレズビアン先進国のスウェーデン人街。
ゲイタウンというほどではないが、ゲイフレンドリーなのは確かで、歩いている人もゲイが多い。

この店は定期的にドラッグクイーンパーティもやっているそうだ。
そういわれると、店頭の金髪女性のキャラクターのメリーさんが、ドラッグクイーンに見えて来た。




hama51.jpg



お会計の伝票は、ピンヒールに入って出てきましたよ。
さすがやっぱり、ドラッグクイーンの店っぽいです。っていうか、別にこの店はそういう店じゃないのね(笑)
そういうコンセプトで開いた店じゃないはずです(笑)



新しいブログ「New York ノスタルジア」もどうぞよろしく。



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より5月に発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング


『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。