スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンティーク街道/ストックトン村

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 26.2012 シカゴからの小旅行
stok11.jpg



田舎町を走って次の村へ。ここはストックトン村。
人口1800人。 人口700人のエリザベス村から来ると、大きく感じるから不思議だ。




stok21.jpg




ここに来るまで知らなかったが、あのKraft Foods発祥の地はこの村なのだ。

1914年にクラフト兄弟が、ストックトン村にチーズ工場を建てたのが始まり。
なんとそのチーズ工場は1998年まで現役だったとか。

その後シカゴ郊外に会社を設立。



stok31.jpg



日本でも粉チーズとか、クラフト社の食品は目にすることが多い。
アメリカでは、クラフトの製品にお世話になっていない人はいないだろう。特にチーズ。
チーズ好きのアメリカ人にとって、クラフト社のアメリカンチーズといえば、日本人にとってのキッコーマンの醤油くらいポピュラーで身近にあるもの。




stok41.jpg




やっぱりここにもアンティークショップは多い。

この村では道行く人たちによく挨拶される。
田舎町ではこういう所が多いのだが、いちいち道ばたですれ違うたびに見知らぬ人と挨拶することに慣れていない我々は、「おっと、そうだった」と気づく。田舎町のマナー。シカゴではあり得ないが。

アンティークショップから出て来た店員の若い女性は、車に乗っている我々に向かって手を振って来た。
は?知り合い?。。。。とキョトンの我々夫婦。
ニコニコと手を振られたのだが、さすがにそれにはすぐに順応して反応できなかった(苦笑)。
気さくすぎるよ。。。。ストックトン村の人たち。
もう少し長く居れば慣れますけどね。。。。ちょっと寄った身では、この田舎風ニコニコ挨拶は身につきませぬ。
シカゴでこんな風に見知らぬ人に手を振ったら、気がおかしい人かと思われる。。。。




stok51.jpg



壁画にもブラック・ホーク。
今も全く変わらぬ田園風景。
そして今では姿を消してしまった汽車や馬車。

70年ほど前までこんな風景だったのだろう。




stok61.jpg



ストックトン村を離れると、また沿道に大きなアンティークショップ。
目立ったので寄ってみた。




stok71.jpg



店内もすごいが外にも品物が溢れている。

やばいです。こういう店に入るとどんどん時間が過ぎ去る。




stok81.jpg



シカゴへの道のりは長いので、「また次回」と思って店を去る。




stok91.jpg



そしたらまた大きなファーマーズマーケットが。



stok101.jpg



ちょっと寄ってみる(キリがない)。



stok0111.jpg



こんなところからリンゴやパンプキンを買っていくことはないしね。




stok0121.jpg



オーストラリアだと、農家の店先や無人販売店の野菜は、驚くほど安かった。
「沢山採れちゃったから、お願い持っていって」みたいな感じで、マンゴーやパイナップルやアボカドが売られていた。野菜や果物というのは置いていても腐るしね。

さすがにここのマーケットのは、「お願い、持っていって」みたいな売られ方ではなかった(笑)。




stok0131.jpg



そしてまた、沿道には農地、農家。。。。ばかり。。。。

のどかです。



stok0141.jpg




stok0161.jpg




たった1泊旅行ではあったが丸2日、ガリーナ及び近郊の村々、秋に染まりいく光景を堪能したトリップだった。

今回の教訓:「村」には食べる所がない。ロードサイドの店で食べろ。


(ガリーナ旅行記おしまい)




stok0171.jpg



新しいブログ「New York ノスタルジア」もどうぞよろしく。



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より5月に発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。