フルーツほおずき

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 24.2010 花&植物
sho11.jpg


ほおずきの小型版のような植物。
日本では食用ほおずきとかフルーツほおずきとかと呼ばれているのかな。

シカゴではこの季節になると、ファーマーズマーケットなどでも売られるのだが、私はこれにお金を出した事がない。
だって、近所の野原に沢山実っているのだもの。


sho22.jpg


夏の終わりに緑の袋が沢山ぶらさがる。
だんだん茶色になってからからになると、中の実も甘くなる。

今年も沢山生えていた。
街中に住んでいるのだが、近所にこんなに美味しい実の生る野原がある環境には感謝。
しかも、誰も採らない(知らないのだと思う)。


sho33.jpg


バックパックにいっぱいになるくらい、摘んで来る。
家の中がほおずきの殻で溢れかえる。

実を殻からはずさずに、そのまま付けておくと、部屋に置いておいても長い事持つ。
1ヶ月くらいそのままにしておいたが、腐りもしていない。
それ以上置くと、ドライフルーツになってしまいそうだが。


sho44.jpg


実は緑色から紫、黄色、オレンジ、。。。と色を変えて行く。
緑色の時は酸味があるが、それでも美味しい。
紫色になると、ブルーベリーのように(味は全然違う)かなり甘い。

沢山あるのでジャムにしようかと思ったけれど、やっぱりそのまま食べるのが一番美味しいのである。

スポンサーサイト