Memphis Soul

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 17.2013 Memphis
memphis soul




先日メンフィス日記を書いていたら、タイミングよくホワイトハウスで"Memphis Soul"なるイベントが開かれ(4月9日)、今日それが放映された。

スタックス・ミュージアムでレジェンド扱いのサム・ムーアブッカー・T・ジョーンズスティーヴ・クロッパーらが参加。
他にメイヴィス・ステープルス、ベン・ハーパー、クウィーン・ラティーファ、チャーリー・マッセルホワイトなどなどの豪華メンバー。

メイヴィスが歌った"I'll Take You There"ではミシェル・オバマもノリノリで。
ステープル・シンガーズによるこの歌は、シカゴのサウスサイドの黒人コミュニティでは「国歌」みたいなもんで。ミシェルさんもこの歌で育ったわけだ。

若干21歳の、アメリカンアイドル出身ジョシュア・レデットの"When a Man Loves a Woman"は会場を総立ちに。
どうしても「メンフィス」と結びつかないシンディ・ローパーであるが、チャーリー・マッセルホワイトと共にブルージーなサウンドを聴かせてくれた。
サム・ムーアの75歳の元気な姿にも驚きであったが(日本の演歌歌手がそのままステージで着れそうな衣装で登場した)、できれば"Hold On, I'm Coming"も披露してほしかった。

世代の違いでアメリカ人と言えども黒人と言えども、このような曲で育っていないオバマの娘たちマリアとサーシャは、ちょっとポカンとした様子で「知らないなあ、この曲。この人。。。。」的な視線をステージに送っており、隣でノリノリなミシェルさんとの対比が面白かったが、さすがにジャスティン・ティンバーレイクが出て来ると笑顔に(笑)。彼女たちが現役で聴いているのはジャスティンくらいだろう。

メンフィス生まれ&育ちのジャスティン。大スターであるが、まだメンフィスの「ロックンソウル博物館」には名前が無かった(笑)。
彼のタレントとスター性は、今後頑張り続ければ立派にメンフィスの顔になるであろう。

オバマ大統領も挨拶で言っていたが、60年代に黒人と白人が隔離されていたメンフィスにおいて、メンフィスの音楽界では両者が一緒にハーモニーを作り出し、素晴らしい音楽を世界に送り続けていた。
その偉大な歴史に関わったアーティストたちと音楽を讃えるにふさわしいトリビュート・ライヴ・イベントであった。




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より去年発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト