ブラックベリーコブラー

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 26.2013 料理/デザート
blackberrycobbler1.jpeg Blackberry Cobbler



ブラックベリーでコブラーを作った。

簡単にできるデザート。
パイでもケーキでもない。コブラーはコブラー。
店で食べると(アメリカ人のホームパーティでも)砂糖たっぷりで甘くて甘くてあまり好きじゃなかったのだが、自分で作ると砂糖加減を調整出来るし、こんなに美味しいデザートだったのか、と思ったりする。

コブラーは、南部アメリカではポピュラーな料理。
南部だけに、甘くするのが伝統なのだが。。。。 ちょっと日本人の胃に南部的甘さは(アメリカ的甘さも)しんどい。

キャセロールで焼くのが一般だが、2〜3人分ならカップで作れる手軽さもいい。




blackberrycobbler2.jpeg




日本ではあんまりお目にかかれないと思うコブラーなので、レシピではないが簡単に説明を。

ブラックベリーは人数分によるが、器の底にビッシリ敷き詰められる量を。
砂糖、コーンスターチ、レモンジュース、シナモンパウダー(スパイスは他にもお好みで)をまぶしたものを器の底に敷き、30分ほど置いておく。赤ワインを入れても美味しい。
砂糖はお好みで。私は本当に少量、ベリーにパラパラとかかるくらいで。甘いのが好きな人や、ベリーの糖分が低い場合は多めにどうぞ。

生地の部分は、小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩、バター(マーガリン)でこねこね。
溶き卵と牛乳を少しずつ足し、しっとりしたらOK。
これも砂糖やバターの量はお好み。アメリカ人の家ではすんごい量の砂糖を使うが、甘くすれば美味しくなる、というものではないので。生地の上にも砂糖をかけて焼くのが一般であるが、フルーツにも生地にも砂糖が入っているので、私は上にはかけない。
それからバター。これまたアメリカ人家庭では、ベリーと生地の間に敷き詰めるようにバターを置く人もいる。太りますよー、それじゃー。。。。(汗)

しっとりした生地を、スプーンですくってブラックベリーの上に落とす。
生地を全部かぶせず、ベリーが見える部分を開けておく。オーブンで焼くとベリーがむくむくと泡立ってくるので(ここが肝心)。




blackberrycobbler3.jpeg




生地の回りから吹き出るように出て来たブラックベリーの赤。
生のブラックベリーはあんなに黒いのに。

熱々のうちに食べる。
もちろん、冷蔵庫で冷やしても美味しい。

アメリカ人は、この上にバニラアイスクリームを乗っけて食べるのが好き。
このブラックベリーカブラーはあまり甘くないので、アイス乗っけてもいいのだけれど(夫はやっぱり「欲しい」と言った)、我が家にアイスクリームの買い置きはなし!
ということで、ホイップクリームを。

ベリー好きにはたまらないホットデザートです♪




blackberrycobbler5.jpeg






『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より去年発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト