愛しの八重桜

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 06.2013 花&植物
daobsa1.jpeg



うちの近所の公園に、一本の八重桜がある。

7〜8年程前に、なぜか一本だけ苗木が新しく植えられた。



daobsa2.jpeg



小さな木に可愛らしいピンクの花をつけたときは、あらまあ桜!と大喜びした私。
この辺りは日本人もいないし、気づいたのも私くらいのものだ(多分)。
随分と珍しいところで日本人に会ったような、そんな気分。




daobsa3.jpeg




daobsa13.jpeg



最初は2メートルちょっと位の背丈だった木も、ここまで大きく成長した。

こんなに花をつけるようになるとは思わなかったよ。




daobsa4.jpeg




daobsa5.jpeg




小さな桜だけれど、近所なので毎年私はこの桜を独占。
片思いなんですけどね。
勝手に「桜も待ってくれている」と思い込み、せっせと会いに来る。
ああ、今年も綺麗。




daobsa6.jpeg




daobsa7.jpeg




木の下で写真を撮っていたら、パパとママと小さな女の子の家族が近くに。
小さな女の子が私のところにトコトコやってきて、「すみません。この花は桜ですか?」と。
「そうよ」と答えると、「桜だって〜!!」とママのところへ。




daobsa8.jpeg



やっぱりね。
桜を知らない人が多いシカゴ。

「この辺で桜の木を見るのは珍しいですよ」と教えると、「そうですよね。まさか桜だとは思わなかった」とご両親。
「すっごい綺麗! 枝振りがいい!」とパパさんはとても感動。「今日はカメラ持ってないから。明日また来なくちゃ」
うんうん。桜の花の前で家族写真、是非撮ってくださいな。

桜の期間は短いから、満開に会えた人たちはラッキー。




daobsa9.jpeg





daobsa10.jpeg




ドキドキするような桜との密会(?)もあっという間なのよね。
この八重桜に会いに来るのも、春の儀式の一つ。



daobsa11.jpeg




daobsa12.jpeg




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より去年発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト