ハイビスカスティー

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 29.2013 料理/デザート
aguajamaica1.jpeg Agua de Jamaica / Hibiscus Tea



明日からストームが来るようで、今夜はむしむし。

昨日のメモリアルデーは例年になく寒くて(10℃くらい)、とてもBBQ日和とは言えなかった。
しかし明日は32℃になるらしい。この気温差勘弁して〜。


赤いジュースはハイビスカスティー。
メキシコではアグアデハマイカ(ハイビスカス水)と呼ばれる。メキシコ人の多いシカゴでは、「ハマイカ」だけで通じるドリンク。





aguajamaica2.jpeg




乾燥させたハイビスカスの花を、沸騰させたお湯に一づかみ。
真っ赤なキレイな色が出る。 日本のしそジュースに似た色。

このままでもいいが、酸味があるのでお砂糖やハチミツをお好みで(レストランでは、既に甘くしたのが出て来るが)。
シナモンを入れたりもするが、私はシナモン入れずにジンジャーを入れるのが好き。
冷やしてからライムをしぼってハチミツ入れて。
夏はスパークリングウォーターにするとサッパリ。

ビタミンCやクエン酸を含む健康ハーブティー。





aguajamaica3.jpeg



これはお湯から取り出したハイビスカスの花(正確には萼と苞の部分)。
昔、ハワイとかオーストラリアに咲いている、あのよく見る赤いハイビスカスの花だと思っていた。
ところが、このハイビスカスティーのハイビスカスは、ローゼルと呼ばれる食用のハイビスカスなのであった。
沸騰させたお湯から取り上げても、すごい弾力があって崩れない。

今年もいよいよ、ハマイカを冷蔵庫で冷やす季節に突入。






『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より去年発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト