ブルースで夏は始まった

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 21.2013 人々
bfes131.jpeg The Bar-Kays




シカゴの夏は、今年もブルースフェスティバルで始まった。

4日間。
昼から夜まであちこちのステージを駆け巡り。




bfes132.jpeg Bill "Howl-N-Madd" Perry




土臭いデルタブルースから、シカゴブルースまで、いろいろな音。





bfes133.jpeg
Otis Clay




毎年ブルースフェスティバルというのは、灼熱地獄(撮影側にとって)の日々が必ずといっていいほどあるのだが、今年は涼しすぎるほど。
日中は晴天でカラカラ。夜は寒い。
3日間、夜間はダウンジャケット着たし。こんなブルースフェスティバルも初めて。
でも、40℃近い中を歩き回るより、ずっとずっと楽。文句は言えない。
雨も降らずでラッキー。





bfes134.jpeg Eddie Floyd




このエディ・フロイド、75歳。
もうかなりお年のイメージをもっていて、動きが少ないかと思っていたら、いやー恐れ入った。
すっごくエネルギッシュでパワフルなステージ!





bfes136.jpeg Bobby Rush




こちらも77歳のボビー・ラッシュ。
彼もすごいですねー。
お尻ふりふりのすごいお姉ちゃんダンサーと一緒にご登場。
あと10年はこのままいけるんじゃないでしょうか。





bfes135.jpeg Ronnie Baker Brooks




1年に一度、ブルースにたんまり浸かるのはやっぱりいいもんです。




bfes137.jpeg Khalif Wailin' Walter







料理ブログ「ジャンヌ食堂」も、美味しいもの更新しております。




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より去年発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

スポンサーサイト