fun.(ファン.)

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 22.2013 人々
funnate1.jpeg




fun.(バンド)のコンサート撮影。

彼らは今年のグラミー賞受賞で一躍脚光を浴びたけれど、ヴォーカルのNate(ネイト)にとっては2つ目のバンドで、もう12年もやっている。
"We are Young"でグラミー取ったが、「実はもうそんなに若くない」なんて受賞スピーチで笑いをとっていたっけ。
31歳のヴォーカルのネイト。新人アーティスト賞も取ったけれど、確かにもう若僧ではない。

フォトグラファーの中に、彼らを11年追いかけているという人がいたけれど、私はfun.のライブは初めてだった。彼らのことは去年あたりに知ってファンになった(シャレ?)ばかりだ。

fun.にとって今年はグラミー受賞、そしてネイトはPINKとのデュエット曲"Just Give Me a Reason"が何週も1位になるというヒットになったりして、大きな飛躍の年だ。





funnate2.jpeg




すっごくいいライヴだった。
これはいつか、お金を払ってでも(笑)行かなくては、と思った。観客として、ちゃんと楽しみたい。

ロックバンドのヴォーカルは声が命だが、ネイトのユニークな声は大好きだ。ユニークヴォイスはセクシーである。

ネイトは線が細く見えるけれど、ロックスターってちゃんと筋トレしてるんだよね。筋肉ついてないと、ステージ持ちませんね。さすがです。
ブヨブヨに太って、椅子に座って動かずに歌うようになったら、もはやロッカーとは言えない。。。。

今後も、いい曲いっぱい作ってほしい。
今ツアー中のfun.
日本でもfun.のファンが増えることを祈って。




funnate3.jpeg






料理ブログ「アメリカ・無国籍食堂」も更新しております。どうぞよろしく♪
最近のメニューは、枝豆と黒オリーブのクスクスサルサヴェルデラズベリーの3層ムースなどなど!




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より去年発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

スポンサーサイト