今年ヒットのロビン・シック

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 05.2013 人々
robinthicke.jpeg




今年ホットなR&Bシンガー、ロビン・シック。コンサート撮影。
つい数日前も、Late Night with Jimmy Fallon(アメリカの深夜の人気番組)に出演していたな。

彼の最新シングル"Blurred Lines"、いいんですねー。7週連続で全米1位を獲得。
いいなあ、と思っていたら、ファレル・ウィリアムズがプロデュースしてたのだ。。。。どうりで。
詳しくは、bmrニュースにも書いてあるので省略。

テレビで見るより、若干老けて見えたかな、というロビン・シックは36歳。
老けが早く訪れる白人種は気の毒なのであるが(エンターテイナーとして)、実年齢より10位上に見えてしまう。だけど体力はバリバリ36歳なので、しょっぱなから激しくステージを動き回る彼。
とてもパワフル。

白人R&Bシンガーのロビンのファンって、実際どういう人種構成なのだろうと興味があったのだが、満席会場の9割が白人だった。
音楽性よりも、アーティストの人種で分けられるアメリカのファン構造。だから予想通りなのであるが、1割も黒人がいることの方が驚きだ。大抵このような場合、9割9分白人になるから。
そして、1割の黒人ファンのほぼ100%が、女性である。
これは何故か。。。。。答えは簡単。
ロビン・シックの妻が黒人女性なんですねー。女優のポーラ・パットン。とても綺麗な人である。
黒人女性を妻にする白人R&Bシンガーは、黒人女性の心を鷲掴みにする。気に入られて当たり前。会場でも、絶叫する黒人ファンが多かった。
フォトグラファーに黒人女性というのはほとんど見かけないのだが、この日はなんと2人もいたし。すごく珍しい。しかも2人共熱烈なファンらしく。。。どこのメディアか聞かなかったが、黒人女性向けのマガジンやネットニュースかも、と思った。

"Blurred Lines"のミュージックビデオ、女性の胸があらわなお色気バージョンと、服を着た普通バージョンとかある。Youtubeで今見られるのは、普通バージョンだけかな。お色気バージョンの方も、探せば見つかると思う。だがくれぐれも、職場でうっかり見ないように注意!(笑)

私はPVよりも、先週ジミー・ファロンのショーでやっていたジャムセッションの方が好き。
Youtubeで、"Jimmy, Robin Thicke & The Roots play "Blurred Lines" で検索すればすぐ分かるので是非!このバージョンの方が、オリジナルよりずっといい。
テレビでこれが流れたとき、夫と私はテレビの前で思わず踊ったもん(笑)。二人で向き合ってダンス(映画のワンシーンか!)とかではなく、テレビ画面を見ながらそれぞれに激しく踊っているんだから、傍から見たらかなりマヌケな光景であるといえる。
でもホント、楽しくなります。皆さんも是非家族で踊ってください。




料理ブログ「アメリカ・無国籍食堂」も更新しております。どうぞよろしく♪
最新メニューはマンゴー入りワカモーレ(アボカドディップ)です。





『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より去年発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

スポンサーサイト