スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒラリー

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 07.2013 人いろいろ/人間
hillary1.jpeg




政府閉鎖でゴタゴタしているアメリカですが(恥)。。。。、次期大統領候補にヒラリーか?と、これまた今後の動きが楽しみになってきた話題も。

ヒラリー自身はまだ一言も明言していないけれど、かなり慎重に検討している模様。両党とも、彼女ほどの知名度と経験と適任者はいないので、圧倒的な支持。共和党も「ヒラリー対抗策」を今から進めているが、彼女を上廻る人が出て来るかどうかは疑問。

果たしてヒラリーにやる気があるかどうかが問題だが、やる気よりも健康面がちょっと心配。大統領だけじゃなく、国務長官だって激務だ。任期の最後には体を壊した。それ以上の激務に堪えられるか、彼女は一番内情を知っているから、簡単には答を出さないだろう。ただ出した時は、体調も万全に整えるはず。3年後にヒラリーは68歳。最後の大仕事をやってもらいたいものだ。

ファーストレディから国務長官になった人も前代未聞だが、そこから大統領になる人もいない。もし大統領になったとしたら、すごい人である。
ビル(クリントン)が大統領になれたのも、「ヒラリーのおかげ」とずっと言われていた。実は妻の方がやり手なのよ、と。その通りだと思う。
ところでヒラリー大統領になったら、ビルはファーストジェントルマンになる。元大統領からファーストジェントルマンになる人も前代未聞だ。というか、女性大統領は今までいないのだから当たり前だが。

他に、女性で大統領をやれそうな人って、ゴンドリーザ・ライスしか思いつかない。(「やれそう」と思わせるだけでもすごいが)。
彼女はヒラリーの前の国務長官だが、彼女が出馬したらヒラリーを脅かすだろう。ただ、ゴンドリーザは国務長官歴任後、「ホワイトハウスに戻りたい気持ちがあるか?」と聞かれたとき、「ホワイトハウスの仕事は本当にタフなので。。。戻る気は今はありません」と言っていた。出来る人ほど、心身ともにボロボロになる職務だと思う。
怖いもの無しのような強面のゴンドリーザが「「ホワイトハウスの仕事は)きつい。。。。」って言うくらいなんだから、もしヒラリーがホワイトハウスに戻る仕事を覚悟したときには大拍手を送ろう。

退任後の元大統領は、だれもが一気に老ける。
オバマ大統領は白髪は増えたものの(それは年齢的なものかと)、やはり現役というのはツヤツヤだし気が張っている最中は老けない。
最近テレビでブッシュを見たら、ブッシュ父が出ているのかと思ったくらいだ(顔がそっくりー)。
クリントンもおじいちゃんになった。病気をしたのでそれもあると思うが、現役から退いた顔だ。それに比べると、ヒラリーのパワーが際立つ。つい最近まで国務長官だったこともあるが、やはり「今後」のことを考えているからじゃないかと。
そのように、期待したいところだ。
しかし、オバマの二期目が始まって1年も経っていないのに、既に次期大統領候補の話題だもんね。。。アメリカは気が早いように感じるかもしれないけれど、大統領(候補)になるって準備が大変なのだ。





料理ブログ「アメリカ・無国籍食堂」も更新しております。どうぞよろしく♪
最近のメニューは、パンプキンブレッドアスパラガスとポーチドエッグのリングイネなどなど。




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より去年発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。