スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷の樹

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 27.2014 雪・冬景色
icytreesalake1.jpeg



毎度シカゴの冬の名物としてご紹介する、氷の樹。
今年も例年通り凍り付いているところ、多し。




icytreesalake2.jpeg



強風の日。湖岸の水が吹き荒れて木々に当たり、それがくり返されて枝や幹が氷で覆われる。

理屈的には単にそうなんだけど、毎度見てもやっぱりすごい。
感心してしまうのである。自然の恐ろしさと美しさに。



icytreesalake3.jpeg



氷の上に粉雪が。
別の星に来たような美。



icytreesalake4.jpeg



雪が覆っているとはいえ、地面は凍っているので足下はツルツル。
自分が湖に落ちて氷で覆われないように気をつけないと。



icytreesalake5.jpeg



地面に生えているニョロニョロみたいなのは、草です、草。
枯れ草が凍ってる姿。



icytreesalake6.jpeg



話は変わるが、先日ソチ五輪のチームUSAのユニフォームが決まって、相変わらず派手だけどカッコいいなー。ラルフ・ローレンやるなー、と思っていた。
ラルフ・ローレンのサイトで同じのが買えるんだけど、かわいいなー、と思っていたカーディガンの女性用は既に売れ切れているし!(買わないけれど)。
白いハイネックのセーターもステキだし、ピーコートもカッコいい。ここに赤を持ってきますか!!って感じ。

。。。で、「日本のユニフォームも決まったのかなー?」ってルンルンと楽しみにチェックしたら。。。。(ーー)
。。。。地味。。。。。
アメリカのユニフォームの後に見てはいけなかったのかも。あまりに差が。。。。
どうしてだろう、日本っていつも。もっとカッコよくできるはずなのになあ。
アスリートたちは体格がいいんだし、特に最近はフィギュアスケーターたちをはじめスタイルもいいのだし、思い切ったのが着こなせると思うんですけど。なんか無難な線でまとめますね、いつも。
日本のユニフォームって、中学とか高校の体育教師が着ていそうな感じ。
それに比べてアメリカのとかは、アスリートたちが明るく元気が出そうなデザイン。自分だけでなく、周りが着ているのを見るだけでも、絶対に元気が出る。これって大事だと思うんだけど。
ホッケーとかを除いてほとんどが個人競技のウィンタースポーツだけれど、ユニフォームによってチームを意識し、ユニフォームによって誇りを持てるって精神上大切ですよ。

次回日本はラルフ・ローレンにお願いしてはどうでしょうか(笑)。彼はアメリカ人だよっ!(ダメか)。

これだと、開会式だけでアメリカ勢に圧倒されそう。
派手で元気がいっぱい。選手たちが楽しそうに見えるユニフォーム。
開会式や舞台裏から精神上の勝負は始まっているわけで。ユニフォームの役割って、そういうところにあるのだよ。



icytreesalake10.jpeg




ところで、ラルフ・ローレンのサイトにエヴァン・ライサチェクがモデルで出ているけれど、彼はこの契約と撮影のあとで怪我をして五輪出場はならなかった。このモデルぶりを見ると、出る気満々だったんだなあ、と。
ライサチェクの欠番のおかげで日の目を見た、男子フィギュアスケーターのジェイソン・ブラウン君。シカゴの超高級住宅街に居住で、学業も優秀でピアノの腕前もすごいらしいユダヤ人のお坊ちゃん。急に決まったオリンピック出場だけど、スケートも堂々としていてなかなか楽しみ。
個人的には羽生君が金に値すると思っているんですが。




icytreesalake12.jpeg




それから、アメリカのニュースで知った日本人スノーボーダーの平野歩夢君。
彼のパフォーマンスをX Gamesで見られると思っていたのに、捻挫だとかで欠場。オリンピックに向けて調整して頑張ってもらいたい。
ショーン・ホワイトだけでも十分楽しみな種目だけれど、驚異の15歳の歩夢君のおかげで楽しみが増えた。
ショーンは、「彼(Ayumu)は体が小さいからボクより速くフリップできるのかなあ」なんて言っていたけれど、余裕の笑顔。やんちゃ坊主だったショーンも、いい大人になりました。髪切っちゃってちょっと残念だけど。



icytreesalake8.jpeg



NFL(フットボール)のスーパーボウル(2月2日)が終わるまでは、オリンピック話題がいまいち盛り上がらない毎度のアメリカであるが、スーバーボウル後の切り替えはいつも素早いアメリカでもある。
スーパーボウルといい、冬季五輪といい、冬ですねえ。

シカゴの風景も、ロシアに負けないくらい冬真っ盛り!!




料理ブログ「アメリカ・無国籍食堂」も更新しております。どうぞよろしく♪
最近のメニューは、ライスプディングなどなど。




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より去年発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。