スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪、降る降る

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 19.2014 雪・冬景色
snowshowernotte1.jpeg



昨日は1日降っていて、夜は止む予報だったのに降り続け。。。。

この日の積雪は20cm程度なのだけれど、既に積もっている雪の上にどんどん降り積もるので、合計今どのくらいだろう?
高さは男性の腰ほどあるけれど、下の方の雪は氷になって固まっているので、ズボッと深いところで腿くらいまでかな。




snowshowernotte2.jpeg


クリスマスツリーのような。

そういえば、近所の家でまだクリスマスツリーの電灯を夜点けている窓がある。
もう2月中旬。いくらなんでもクリスマスツリーは。。。。



snowshowernotte3.jpeg


歩道橋(階段ではなくてスロープ)。
いつもは除雪されているところなのに、されていない。。。

スノーボードの練習に調度いい感じ。いや、してはいけませんよ、こんな所で。




snowshowernotte4.jpeg


雪道の中、ベビーカーを押したお母さん。いや、押せないので引っ張っています(笑)。
歩道も車道も雪が積もっていたので、ベビーカーに優しい場所はなし。大変ですよ、雪は。
ガタガタ揺られてすごい荒い運転でしたが、中の赤ちゃんは全然平気。

私の顔をじーっと見ておりました(私が後ろを歩いてたので)。
写真でも赤ちゃんの目がカメラ目線(笑)。



snowshowernotte5.jpeg



私は東京生まれ&育ちなので、雪に対してイヤな思い出はない。
子供の頃の雪の思い出は(と言っても、たまーに降るわけだが)雪だるまとか雪合戦だし、東京でなくても長野や群馬に家族でスキーに行った思い出とか、楽しい思い出ばかり。

でも、雪道歩きながらふと思う。
雪国育ちで、長靴で除雪もされていない深い雪の中をランドセル背負って何十分も歩いて登下校し、帰宅したら雪かきの手伝いをし、それがほぼ毎日続くという冬が雪の思い出なら、楽しいことだけではないよなあ。しもやけの経験も沢山あるだろうし(私は子供の頃スキーに行ってしもやけになったことあり。なぜならば、毛糸の手袋をしていたから!転んだらすぐビショビショ)、朝の寒さだって辛い。
昔はノースフェイスだとかパタゴニアだとか無かったのよ。軽くて暖かいウィンターウェアが。ヒートテックもありませんでした。雪国、今よりずっと寒かったと思います。

雪国で生まれ育っていたら、きっとトロピカルアイランドに憧れていたかもしれない(笑)。
実際、そういう人は多いのよね。南国に移住したがるのも、その反動。

あ〜、雪景色はきれい〜、なんて毎回思えるのも、ネガティブ思い出がないおかげかな、と。



snowshowernotte6.jpeg



1940〜50年代のシカゴの冬の写真を見たことがある。
凍るミシガン湖とか積もる雪の様子は今と変わらない。

変わったのは、人の服装。
大雪の日に、女性は毛皮のコートにヒール靴。
当時、「一番暖かい服」は毛皮だったわけで。ダウンコートの登場は冬の歴史を変えたよな。軽くて暖かい。しかも年々軽くて薄くなる。
アウトドアウェアや、タウン用のスノーブーツが登場したのは近年の話。このおかげで、寒冷地に住む人々の暮らしはうんと楽になった。マイナス30℃に対応するコートやブーツ。テクノロジーの発展はすごい。
女性の靴の選択がヒール靴しかなかったら、雪はいやだよー。。。(涙)。




snowshowernotte7.jpeg



それから、昔は牛乳配達というものがあって。
冬に配達された牛乳が凍って固体になって、瓶のフタを押し上げて出て来ちゃっている写真とか(笑)。
シカゴの冬に牛乳配達はダメです! すぐ凍るよ〜。
ちなみに、タオルを濡らして外でぶんぶん振り回すと、マイナス20〜30℃の日はすぐにタオルの棒になる。



snowshowernotte8.jpeg

ここには階段があるのだが。。。
手すりがかろうじてあるけれど、階段はすっぽり埋まっております。



snowshowernotte9.jpeg


階段は、自分で探して歩け、と。

朝〜夕方までは除雪作業バッチリのシカゴであるが、夕方以降に降り積もった分はこの通り。



snowshowernotte10.jpeg


春が近づいているせいか、以前のようなパラパラスノーではなく、水分も多くなってきた(東京に比べれば、まだまだパウダースノーですが)。
おかげで帰宅したら、ニット帽にビッチリ雪が付いてそのまま凍っていた(パラパラスノーのときは、はたけば落ちる雪なのだ)。
男性の伸ばしたもじゃもじゃヒゲに雪がついて凍るのがよく分かる。毛は水分吸収しちゃうのだー。

雪の質で、冬も後半に来ていることを感じる日でありました。



snowshowernotte11.jpeg




料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」も更新しております。どうぞよろしく♪
(「アメリカ・無国籍食堂」から変更しました)
最近のメニューは、ホワイトホットチョコレートなどなど。




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より去年発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。