スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹雪の翌日、快晴

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 18.2014 雪・冬景色
wblowing1.jpeg



先週「またか?」というほどの大雪が降った。
しかも横殴りで、夜中じゅう暴風で荒れまして。



wblowing2.jpeg



翌日はウソのように静かな快晴。
こういう吹雪のあとは木々の幹に雪が張り付いて、白樺みたいになる。



wblowing3.jpeg



雪に飽きたと言いつつ、「雪白樺」の公園はきれいで感動なのです。



wblowing4.jpeg


雪や氷の宝石をまとった枝の先。
キラキラ。


wblowing5.jpeg



wblowing6.jpeg



wblowing7.jpeg

夕暮れ。
ほのかに空がピンクに染まる頃。



wblowing8.jpeg



wblowing9.jpeg


そろそろ日本は桜?。。。はまだ早くても梅や桃などが咲き誇る季節でしょう。
シカゴは雪の花。。。の散歩道。



wblowing10.jpeg


今日(3月17日)はセント・パトリックス・デー。
週末は緑を着た人々が沢山。シカゴリバーも緑に染められ。
今年は寒かったので、シカゴリバーの氷が融けなかったらどうなるんだろう?と思っていたが、「凍っていてもボートで氷を砕いて染めます」と異例のお知らせ。
その心配もなく、気温が上がったので氷は融けたけどね。



wblowing11.jpeg




wblowing13.jpeg


ここは池ですが、まだ凍って雪が積もっている。



wblowing15.jpeg

ここは川。
まだナルニア国のような景色。
いやいや、シカゴも徐々にですが春に近づいている。

その証拠に、深く積もった雪の上を歩いても、靴の底が水分を感じるのだ。
一度融けた雪で湿った土の上に雪が積もっているので、下の水分がグチュグチュ。この靴底の重い水分の感覚は、今までは無かったから。冬は終わりに近づいています。




料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」も更新しております。どうぞよろしく♪
(「アメリカ・無国籍食堂」から変更しました)
最近のメニューは、ミルクティームースカルド・ヴェルデなどなど。




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より去年発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。