Ready for Hillary

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 18.2014 日々あれこれ
ready4hillary.jpeg



まだ本人が正式に出馬表明をしていないものの、民主党の間では既に「Ready for Hillary」ムードが強くなってきた。
最近運転していても、このスティッカーを貼った車を見るようになった。2016年なんてまだ先のこと。。。なんでありますが、アメリカは早いんですね、大統領選挙への準備やキャンペーンも報道も、そして市民の意気込みも。

今日、クリントン家の娘、チェルシーが妊娠を発表。
もう34歳なのだ、彼女も。あのチェルシーが30代半ば。。。自分も年をとるわけで(笑)。
私は、アメリカ初の女性大統領になるのは、このチェルシーだとなんとなく思っていた。元大統領の父、元国務長官の母を持つサラブレッド。
最近メディアにもときどき登場するが、この人も賢い女性である。お母さん(ヒラリー)の2008年大統領選挙キャンペーンのときのサポートぶりは評価されていたし、彼女ほど生まれた時から政治(家)と関わり身近に見て来た人もいないだろう。
あと10年くらいしたら、チェルシーが出馬するんじゃないか、と思ったら、なんだかその前にお母さんが行きそうなのだ。そりゃー、ヒラリーさんがもう一回闘ってくれるなら、そんな嬉しいことないですよ。

気は早いのだけれど(だから本人が表明していないって)、ヒラリー頑張ってほしいわー。
夫と妻で大統領。。。実現したらすごいこと。そもそも、ヒラリーあってのビル・クリントンだったんだから。ヒラリーこそが大統領になってストーリーを完結させたら、アメリカの歴史だって進歩する。

民主党ではヒラリーと、共和党ではゴンドリーザ・ライスくらいしか、夢ではなくて大統領になることを実現できる女性って思いつかない。
だけどライスはそんな気はないらしく、大好きなNFL(アメフト)のコミッショナーになりたいとか言っている。ホワイトハウス勤務疲れちゃったのかな(笑)。激務だとは思いますが。


シカゴはやっと暖かくなって、春が来た。
花壇から水仙の葉っぱがニョキニョキ出てるし、水仙のつぼみも膨らんで来ているし、レンギョウもちらほらと。
なんといっても、真っ白の雪の地面だったところから、緑の草が生えて来ているところに感動!
暖かいとこ〜んなに歩くの楽なんだ〜!とすごく実感する、長い長い冬の後。



料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」も更新しております。どうぞよろしく♪
最近のメニューはアボカドとアスパラガスのパスタなどなど。




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
亜紀書房より去年発売されました。
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

スポンサーサイト