スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンタフェ

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 29.2014 Santa Fe, New Mexico
santafedw1.jpeg

サンタフェ。 ニューメキシコ色。

アルバカーキから66マイル北。
今日はサンタフェの美しいダウンタウンを写真でご紹介。


santafedw2.jpeg


ニューメキシコ州の建築の特徴は、赤茶色いアドベ壁の建築。
英語でアドービ(Adobe)というのですが、日本語ではアドベと呼ばれているようです。
アメリカ南西部のインディアンのプエブロで今でもよく使われているもので、粘土、わら、家畜の糞などを混ぜられたものが本物。
サンタフェなどの街にあるのはそれを似せて作ったスタッコ仕上げのアドベ。丈夫でよく長持ちするだけど、ホテルやレストラン、オフィスビルまでこのスタッコアドベなのには感心する。
街の外観を壊さないように、統一されているのです。
この写真の店も、スタッコアドベ。



santafedw3.jpeg

色とりどりの店先。目だけでも十分楽しませてくれる。


santafedw4.jpeg


「サンタフェ」と聞いて「宮沢りえ」を思い浮かべるのはもう古い世代だとか(笑)
「宮沢りえは知ってるけれど、サンタフェ写真集のことは知らない」と若い人(といっても30代ですが)に言われたときはガクッ。そんな昔のことでしたっけ(そうだよ)。
りえちゃん可愛かったですねえ。そうそう、撮影に使ったというホテル、ダウンタウンにでーんとありました。おう、ここかー、と思った。



santafedw5.jpeg


しかし私にとってサンタフェは、なんといってもプエブロ。
ネイティブアメリカンたちのスピリットを感じるために来たかったのです。


santafedw6.jpeg

ビーズのドリームキャッチャー。
ドリームキャッチャーはネイティブアメリカンにとって、悪夢から守ってくれる魔除け。すなわち、これは悪い夢を食べてくれる網なわけ。
だけど日本で勘違いされて、「夢を捕まえるもの」、すなわちロマンチックなものとして流行っているのを目にした時に「なんだかなあ」と思ったことがありましたっけ、昔。



santafedw7.jpeg

街は美術館。


santafedw8.jpeg



santafedw9.jpeg

サンタフェダウンタウンにそびえる、聖フランシス大聖堂(The Cathedral Basilica of Saint Francis of Assisi)。
街の「サンタ・フェ」という名前は、「聖なる信仰」という意味で、カトリックの信仰が根ざした土地。
中世1500年代、ニューメキシコはスペイン人による入植が始まり、先住民のインディアンたちは強制的にカトリックに改宗させられるのだけれど、定住型インディアンたちに最新の農作業法も伝授し他の部族からの攻勢も防いだために、両者は共存。
ネイティブアメリカン土着の信仰にカトリック信仰が加わり、ここにしかない大変ユニークな文化が出来あがったわけ。

このカテドラルはロマネスク・リバイバル様式でヨーロッパでよく見られる建築なのだけれど、近郊のプエブロに行くとアドベ(日干し煉瓦)の教会ばかりになり、それはそれは独創的(後日ご紹介)。



santafedw10.jpeg



santafedw11.jpeg

インディアンの土地で、なんとIndian Motorcycle見っけ。
あんまり見ないねー、これ。カッコいいです♪



santafedw12.jpeg


santafedw13.jpeg


もうすぐ死者の日なので、骸骨があちこちに。
ハロウィンはそこから来たお祭りでありますが、これを知っている日本人は少ないだろうし、アメリカ人も忘れている人多いんだろうな。
カトリックでは、人が亡くなるとこの日に合同ミサをあげてくれます。まあ、いわゆるお盆に近いのかな。
2年前に父が亡くなったのですが、去年の「死者の日」には神父様が墓地に来てくださってミサをあげてくれたとか(私は行けなかったのですが)。
「The Commemoration of All the Faithful Departed」(信仰を持って逝った人全ての記念日)。All Soul's Dayとも。

ハロウィン、単なるコスチュームパーティの日ではないのですよ(笑)。



santafedw14.jpeg


バッファローの骨。
ニューメキシコ名物でもあり。
ジョージア・オキーフもよくモチーフにしてますね。


santafedw15.jpeg


チリペッパーのリースは赤いので、クリスマスにピッタリかと。
シカゴでは見ませんねー(笑)



santafedw16.jpeg


ステキな店はいっぱいあるのだけれど、街歩きだけで十分楽しいのであまり店に入らず。ウィンドーショッピングのみ。いつものことなんだけど。
だって、朝も夕方も違った光が街を照らしてステキなんですもん。もん。もん。



santafedw17.jpeg


今日はここでおしまい。
サンタフェ・ダウンタウン、お楽しみいただけたでしょうか。
次回また。

〜続く〜



料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。