タオスの町 (New Mexico)

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 06.2014 Santa Fe, New Mexico
taosdt1.jpeg


タオスはプエブロも素晴らしいのですが、ダウンタウンも楽しい。

散策の光景を写真でご紹介。


taosdt7.jpeg


taosdt2.jpeg


タオスはサンタフェと同様、アーティストが沢山住む町。
ギャラリーがお土産屋さんに混ざって多く存在。


taosdt3.jpeg



taosdt4.jpeg



toasdt5.jpeg


私の体、空気的には、サンタフェ周辺よりもタオスの方がすごく合う。
何が?って言われると説明しにくいのだけれど、地面に降り立った時の感覚。
住むとしたら、サンタフェよりもタオスがいいなあ。

年中トロピカルな場所は体に合わない(視覚的に数年で飽きてしまう)ということがオーストラリアでの生活で判明した。
やっぱり四季のあるところがいい。できれば紅葉がきれいで雪も降るところ。
タオスは雪も降るんですねー。いいじゃない、いいじゃない。


taosdt9.jpeg


タオスの不動産を調べてみたら、ネット市場に出ているのはシカゴと大体同じくらいの価格。
だけどシカゴと違ってすっごく広い土地が付いて来る。隣りの家が見えないくらいの土地が。
。。。。。そんなに土地は要らないんですが。。。。土地も小さくて、家もこじんまりしたもの(小さなアドベ家屋)でいいので、もっと安い物件が欲しい(そういうのは現地で求めないとダメですね)。
誰か叩き売りしてください。


taosdt11.jpeg


ただ、サンタフェにもタオスにも、「ここに一生住みたい」というほどの感覚は持たなかった。
いつか出会えるのでしょうか、「ここぞ!」という場所に。
「終焉の地」とかいうと大げさかもしれないけれど、将来「人生最後に長く住みたい場所」候補を、いまのうちから探しておきたいじゃない。
生まれながらに帰巣本能に乏しいので、「日本」という候補は今のところないし。

「ここぞ!」という場所に出会わない限り、まだまだ探さないといけないということですよ。
そのために今まで色んな所を旅して来たのに、
I still haven't found what I'm looking for......(by U2)ですよ、全く。


taosdt6.jpeg


ドイツ生まれだけれどナチスを嫌い、ドイツを去ってアメリカの市民権を取得したマレーネ・ディートリッヒは、「自分を受け入れてくれるところが自分の国」みたいなことを言っていた。

私は結構受け入れられやすいんで(笑)どこでも住めるんですけどね。
だけど、自らべた惚れした土地に一度住んでみたいと思う。
「ここから離れられない」というほど恋に落ちた土地に。



taosdt14.jpeg



taosdt10.jpeg



taosdt12.jpeg

サンタフェのビール。Nut Brown Ale.
この店にいるときに、カリフォルニアのバンドSublimeの曲Santeriaがかかった。好きなナンバー。
店のウェイトレスの女性がノリノリで踊っていた(笑) 
ナチョスとワカモーレ食べながらレゲエロック。 ああー、ウェスト(西)に来たんだなー、と思った瞬間。
ナチョスとワカモーレくらいシカゴでも日常的にありますが、レゲエが似合わない土地柄なんですよ、シカゴは!(涙)
特にこれからの冬。。。全く似合わない。構わず聞いておりますが、ワタクシは。


taosdt13.jpeg

こりずにフィッシュタコス写真。
フィッシュが見えないけれど、ティラピアのフライ。
いつも付け合わせにビーンズとかライスとか頼むんだけど、この日はなんだかジャンクにフレンチフライが食べたくて。
たまに食べるとフレンチフライって美味しいですよねー。食べ過ぎると高カロリーで要注意。



taosdt8.jpeg


サンタフェでも気づいたのだが、明らかにニューメキシカンファッションというのがありますね。男性にも女性にも。
ニューメキシコの土色、赤い色を着る人が多いし、デザインも独特でお洒落。
ちゃんといい物を着ている人が多い。

そうそう!タオスの町ですっごくカッコいいインディアンの男性がいたんだわ!
白いクラシックカーの運転席に乗っている、長い白髪のおじいさん。
ファッションもステキなんだけれど、何と言っても表情が。人生を物語っているしわが渋い。
窓にかけた左手には、大きなターコイズの指輪。
写真に撮りたかったのだけれど、オーラありすぎて。。。。カメラ向けるのひるみました。



taosdt17.jpeg

神社の鳥居みたい。


taosdt16.jpeg


今日もお付き合いありがとうございます。
サンタフェ旅行記、終盤になりましたがまだ続きます。
どうぞよろしく〜♪


taosdt15.jpeg



料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪
最近のメニューは、「白身魚のマリナーラソースがけ」。


『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト