日の出前

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 22.2014 日々あれこれ
src1.jpeg


すっかり寒くなったシカゴ。
毎日、最高気温がマイナス5〜7℃とかという日が続き、雪も吹雪き、「まだサンクスギビング前なのにいい加減にしてくれ」と言いたいくらいに寒い。
雰囲気的には、来週クリスマス?みたいな感じの気候。

とは言え、まだミシガン湖は凍っていない。
これが完全に凍りつく日が来るのだから、本格的な冬はまだまだこれから。

冬といえばフィギュアスケートシーズン。スケートアメリカの開幕からしっかり観ております。
先日Cup of Chinaの録画を3〜4日遅れくらいで観て、羽生君の流血事故画面に大変ショックを受けた(こっちは情報入ってこないから心配よ〜)。
ニュース観てないから、その録画で初めて知ったのだ。

フィギュアスケートが、単なる華麗なものではなく、一歩間違えば死につながる危険なスポーツだということを改めて知らされた。
リンクで一人で滑っているときは、その美しいスピード感だけに観客は酔いしれるけれど、何かにぶつかった時にその「スピード」の怖さがあらわになる。
あれだけ高く飛ぶジャンプを、氷の上で支える足の負担もしかり。うまく飛べなかったときの不完全な着氷を支える体もすごい。

今回のチャイナは羽生君がやっと出てくれるから楽しみにしてたのよ〜。。。
彼は逞しいんで、今後さらに強くなって帰って来る姿がまた楽しみ。

写真は日の出前のミシガン湖。
絵的には、冬のしゃきっとした空気感の方が好み。
夏にはあまりカメラを向けないミシガン湖も、木の葉の落ちた頃から好物になります(笑)




料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

スポンサーサイト