スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシシッピ・ブルーストレイル・Highway 61

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 11.2015 Mississippi
bluestrail9.jpeg


2月にミシシッピ州、ブルーストレイルの旅に行ってきた。
ミシシッピとも言えど広し。ブルースが生まれた所縁の地域は、デルタ地帯。そう、アメリカの「血管」であるミシシッピ川周辺にある。

ニューオーリンズ、メンフィスと、アメリカの音楽文化のルーツとなる場所を旅してきたが、次は絶対に行きたいと思っていたミシシッピのブルーストレイル。
メンフィス空港に降り立って、レンタカーを借りる。
伝説に残るブルースハイウェイ、61号線を南下。
南部ですよ南部!田舎なのねー。いきなり。



bluestrail1.jpeg

ブルースのヴィジターセンター。昔の駅舎。


bluestrail7.jpeg


ヴィジターセンターにある看板。
多くのブルースミュージシャンたちが、このハイウェイ61について歌ってます、と。
"Honeyboy"Edwards、Charlie Musselwhite、Eddie Shaw......など、シカゴで撮影したことのあるミュージシャンたちの名前も。




bluestrail2.jpeg

Tunicaという町にある、ハリウッドカフェ。
ここには来たかったんですねー。でもこの日は閉まってた(涙)。なんと週末しか開いてない。。。
Mark CohnWalking in Memphisの歌詞に、ここのカフェが出てくるんです。

......♪Now, Muriel plays piano
Every Friday at the Hollywood♪.....

ただそれだけなんですが、好きな曲だけに、一度来たかった。
(昔から、好きな映画に出てきた村というだけで、イタリアのシチリアまで行ったりする私です)。



bluestrail4.jpeg

ハリウッドカフェでがっつり南部料理ランチをするはずだったけど、気を取り直して同じTunicaにあるBlue & White Restaurantへ。1924年開業という。店内、名前の通り、青と白。



bluestrail3.jpeg


ミシシッピ州はアメリカの中でも一番肥満が多い州で有名だが、一目瞭然。みな、当然のようにでかい。



bluestrail6.jpeg


ミシシッピ名物、ホットタマレス。
メキシコ料理のタマレスと形も味も全然違う。原料はトウモロコシに肉だけど、南部のメキシコ人労働者が持ち込んだタマレスが形変わって黒人料理となり、こうなったとか、説はいろいろ。
ミシシッピの農場では、昔からあった労働者の料理。ミシシッピ、どこを運転しても「Hot Tamales」の看板を見かける。

えー。。。。決して美味しいものではありません。油っこいのでカロリー高いし。
ただ、ミシシッピ来たならやっぱり食べよう、って感じ。



bluestrail5.jpeg


ミシシッピブルーストレイルの旅日記、まだ続きます。



bluestrail8.jpeg




料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪
最近のメニューは、卵入りアボカドオーブン焼きチーズトライアングルスナックレモンスフレティラピアのアーモンド焼きベーコン&チーズビスケットココア&クルミのビスコッティなどなど。




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。