スポンサーサイト

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blackhawks Celebration/ファンの笑顔

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 19.2015 人々
bhawksceleb1.jpeg


シカゴ・ブラックホークスが月曜日に優勝し、今日は優勝パレード&ラリーでした。


bhawksceleb2.jpeg



アイスホッケーというスポーツがいまいち人気のない日本ではピンとこないかもしれませが、この土地では熱いんです、ホッケー。
あのスピード感、技、ぶつかり合いに喧嘩。すごい勢いで壁にぶつかっていく様なんて、むちゃくちゃっすよ。そして、あの1点の重み!!
喧嘩するけど、最後にきちんと対戦相手を敬い、偉大なるスポーツマンシップを持つ選手たち。



bhawksceleb3.jpeg


ブラックホークスはこの6年でなんと3度目の優勝! 本物です、彼ら。
1度目の優勝のときはそれなりにシカゴの興奮はすごかった。なんせ他のスポーツチームがヨワヨワだから。
だけど一度の優勝っていうのはまぐれじゃない?みたいな気持ちもある。それだけに二度目のときは「彼らって本当にすごいんだわ」という実力を確実なものとして市民に植え付けたわけで。

今年プレイオフに進んだときは、「もしかして3度目の優勝目指せる?」「いやいや、そんな甘くないよね」「やっぱり行ってほしいわー」みたいな。
6年で3度栄冠に輝いたらヒーローですよ。ブルス以来の英雄。


bhawksceleb4.jpeg


優勝を飾った翌日も、仕事を休んだ市民は多かったのですが(二日酔いです)、今日の優勝パレードの日もかなりの人休んでます(笑)。
だいたい我が家の近所はパレードで道路が閉鎖だし、ラリーのあるソルジャーフィールドは目の前だし、ということで、午前中からお昼にかけて車も出せない始末。
平日の朝は道路の車が普通無くなるのですが、今日は停まったままだし(みな、出勤していない証拠)。



bhawksceleb5.jpeg


みんな、違うジャージーを着ているところがいいですね。
ちなみに私は一番右の88番、ケーンのファン。ケーンは悪ガキ小僧だけどカリスマプレーヤー。この6年の間に、ケーンも20歳から26歳になり、悪ガキ小僧からずいぶん成長して大人になった。



bhawksceleb6.jpeg


この日はファンの日。
ホークスファンたちの笑顔&笑顔をごらんください。



bhawksceleb7.jpeg


bhawksceleb8.jpeg



bhawksceleb9.jpeg



bhawksceleb10.jpeg



bhawksceleb11.jpeg



パレードを待つファンたちの背中。メキシカンファミリー。
お父さんも88番。背中が大きいわ。



bhawksceleb12.jpeg


真ん中の彼女も体が大きいから巻いた旗の見栄えがいい。
細い人がやったら柄がこうはならない。
個人的に、私はこのブラックホークスのロゴってアメリカのスポーツチームのロゴの中で最もかっこいいものの一つだと思っている。
赤にネイティブアメリカンの横顔、羽。
シカゴの土地のルーツを忘れてはいけないよね。
ホークスがヨワヨワだった昔も、私はロゴのカッコよさからTシャツ着てたりしましたね。若かりし頃。



bhawksceleb13.jpeg

大きな背中もあれば小さな背中もあり。
シク教の子供。


bhawksceleb14.jpeg

全身決めてます。


bhawksceleb15.jpeg


そんなファンたちを撮ってたら、パレードのバスがやってきた。



bhawksceleb16.jpeg


スタンレーカップ持ってるのが選手たち。



bhawksceleb17.jpeg


88番、ケーンもやってきた♪


bhawksceleb18.jpeg


パレードが終わったら、ラリーのためにソルジャーフィールドに移動。



bhawksceleb19.jpeg


bhawksceleb20.jpeg


赤い群衆。


bhawksceleb21.jpeg



bhawaksceleb22.jpeg



bhawksceleb23.jpeg



皆さん、笑顔がとびきりいい。


bhawksceleb24.jpeg


ファンたちのパワーを感じます。
我々は試合を観て選手たちにパワーをもらうけれど、このファンたちあってこそのブラックホークスなんですねー。



bhawksceleb25.jpeg



bhawksceleb26.jpeg



bhawaksceleb27.jpeg



bhawaksceleb28.jpeg



bhawksceleb29.jpeg


まだブレスしてるので高校生でしょうねえ。可愛い笑顔。



bhwaksceleb30.jpeg

男の子だって可愛い笑顔です。



bhwaksceleb31.jpeg

木の下で休んでた、おそらく大学生グループ。
高校生に比べると、大学生って落ち着いてるわね(笑) やっぱり。



bhawksceleb32.jpeg



bhawksceleb33.jpeg



bhawksceleb34.jpeg

「僕らも撮ってよ〜」と近づいてきたお二人。
ちょっとギーク系(笑) いろんなファンがいるんです。

6年の間に、確実にファン層が広がってきているのが見て分かる。
6年前は黒人のファンなんてほとんどいなかったし。彼らは「白人スポーツ」のホッケーなんかに興味がない。
だけどさすがに今年はね、黒人、ラティーノのホークスファンをよく見かけるようになった。強いチームって、このように人種の壁も破っていく。
1度の優勝では成し遂げられなかったことを、3度目では確実なものにしていくものがある。


bhawksceleb35.jpeg

「僕ら、いつ載るの?」と聞いてきた彼ら。(ネットニュースとかだと1時間後に載るんで)。
冗談で「2年後くらいかなあ」と言ったら、「ええー?2年後〜??」って彼らのずっこけぶりが可笑しかった。
そんな中で「僕は辛抱強いから待つよ」って言ったサングラスを頭にかけたお兄ちゃん(笑)。



bhawksceleb36.jpeg

かっわいいよねー。ティーンエイジャー。
「僕も僕も〜」って入って来る。男の子なんて子犬みたいだもん。

自分が高校生の頃も、こんな風に弾けまくっていたんだと思うと恐ろしい気も(電車の中とかでうるさかったでしょうねー、普通のおしゃべりも。。。。)

でもいい。高校生は可愛いから許されます。


bhawksceleb37.jpeg


沿道では一切のアルコール飲酒が禁じられていたので、皆さんノリノリだけどさほど酔っ払ってはいなかった。
パレードが終わってからみんなバーに繰り出すわけだけど、今日は朝から蒸し蒸しなんで、すっごいビール売れてるでしょうねー。
一チームの優勝で都市に及ぼす経済効果。計り知れません。ビバ!ホークス!

「来年も優勝を!」なんて軽く言えたもんじゃないけれど、ずっと応援しますわよ♪


bhawksceleb38.jpeg




料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪
最近のメニューは、ウォルドーフサラダアイスチョコレートドリンクなどなど。






『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。