カボチャのプリン

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 14.2010 日々あれこれ
kab.jpg


日本とアメリカの野菜は似ている物も多いけれど、人参でも茄子でも種類も味も違うので調理方法が異なって来る。

私はカボチャとサツマイモが大好きであるが、それは「日本の」野菜の場合。
アメリカのカボチャは、写真のようなオレンジ色のスクアッシュ。
ハロウィーンの時に飾られる巨大なのは、味が大味で食用向きではない。
ハロウィーンで売れ残った物は飼料にされる。

アメリカのカボチャは水分が多いので煮物にすればベチャベチャになるし、天ぷらにも向いていない。
大体、日本のカボチャみたいにホクホクしていない。

カボチャのスイーツといえば、アメリカではパンプキンパイが主流。
んー。。。。嫌いじゃないけれど、日本のカボチャで作ったプリンにはかなわない。

今日は日本のカボチャをゲットしたので、早速ココナッツミルクでカボチャのプリンを作った。
ただいま、湯煎中。

カボチャのココナッツミルクプリンといえば、カンボジアの市場でよく食べたっけ。
夏の灼熱に参った体は、あの甘さに安らぎを覚えるのであった。

今日のシカゴは5~6℃と肌寒い雨。
灼熱のカンボジアのプリンと同じ味にはならないだろうが、冷える秋の夜に食べるプリンもいいだろう。
早く出来ないかな。
スポンサーサイト