AGO / トロント

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 27.2016 Atlanta
agoo1.jpg


The Art Gallery of Ontario。略してAGOと呼ばれているトロントの美術館。
1900年に創立された古い美術館。この位置に建ってからもすでに100年を超えている。

この美術館の拡張に、かのフランク・ゲーリーが携わって、モダンなデザインの建築が街中の狭い通り(本当に狭いのだ!)にできたのが2004年。


agoo2.jpg


中にある、これもゲーリー作の渦階段。
普段はこんなカラフルなライトニングではありません。以前来た時はもっと落ち着いておりました。
この日はニューイヤーズイブでして。。。。この階段のあるホールでパーティが開催されていた!


agoo3.jpg

ゆっくりと、ゲーリーを楽しむどころじゃなかったんですね、残念ながら。DJの音楽がうるさくてうるさくて。。。。
ま、仕方ありません、世の中はニューイヤーズイブですから。


このゲーリーの渦巻き階段を下から撮った私の写真が、モノクロ建築作品の一つになった。
(渦巻いてるのがそれ) 

shop-nexstage_jblk0343sku.jpg
jblk0344sku_col.jpg


あれを取った時はとても静かで、心も落ち着いていて、この渦巻きに吸い寄せられるように見入っていたのよね。
だけれど今回は、パーティイベント会場となっていて、静かに見上げる気分にはなれませんでした。
人が沢山いるとダメですね。。。。建築との対話は。


agoo4.jpg


うるさいDJの音楽から逃れるようにして来たのが、ここ。
ここもゲーリーのデザインのGalleria Italiaと呼ばれるスペース。
美術館の部屋の外、道路に面して造られたガラス窓のスペースなんだけれど、素晴らしい空間。


agoo5.jpg


人は多かったけれど、ここは静かでした。
ほっと一息。コーヒーで休憩。好きな空間だなあ、ここ。前回は日中だったけれど、夜もいい!
ふんだんな木と大きなガラス窓。カーブの美しさ。ゲーリーさん、ありがとう!!


agoo6.jpg


旅行中って日にちや曜日の感覚がなくなりますが、ここを訪れたのはあのパーティのおかげで、ニューイヤーズイブだったことを忘れないでしょう。


料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪




『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon



スポンサーサイト