邦画の中のブルース

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 26.2016 映画&ドラマよもやま話
tfitz1.jpg


「ディア・ドクター」を少し前に観た。
話は面白く楽しめた。
だが一つ、とても残念だったことが選曲。映画はブルースの曲とともに始まる。この時は誰の曲か分からなかったが、ブルースハープを聴けば自然と彷彿させるものがミシシッピデルタの湿気であり、泥色のミシシッピ川であり、あるいはシカゴのソウルフードであり、フライドチキンであり、ブルースバーであり、酒の匂いであり、またあるいはステレオタイプかもしれないがオーバーオールを着た黒人のおじさんがハープを吹いている姿であったりする。

懐かしい日本を偲ぼうという思いで邦画を観て、いきなりシカゴでお馴染みのブルースがかかったもんだから面食らったのもあるかもしれないが、ブルースとともに流れる映像が、どう見ても日本のアジア的な水田風景であり、日本の農家なわけで。。。。この2つの結びつきが私の中でマッチせず、すごい違和感を感じてしまった。
私が日本の田舎の農村を歩く時、あるいは車で通る時、頭に流れるだろう音楽は絶対にブルースではないからだ。私だけでなくほとんどの人がそうじゃないだろうか?日本ののどかな水田風景を見て、「ああ〜、ブルースだねえ。。。」ってならないよ。

映画って、建築と同じでトータルの芸術なので、何か一つ間違えると致命的になる。
映画音楽は登場人物の心情を表していたり、これから広がるストーリーを示唆していたり、登場人物の行動や、スクリーンの中に広がる光景に何かしらリンクしていないといけない。かかる音楽が予想外の意外性で「ここにこの音楽がかかるか。。」と、そのタイミングと巧みさに唸らされることは多々ある。音楽を使う映画を作るのならば、監督自身がある程度音楽に造詣が深くない(または詳しいスタッフに任せないと)と、観客に「ダサい」と思われてしまう。
調べたらモアリズムという日本のブルースバンドの曲らしいが、曲が悪いのではない。映画のあらすじを見ても、どうしてブルースが使われたのかよくわからない。

その違和感を忘れていた頃、「百円の恋」を観た。
この映画でもブルースがかかっていて(最近の邦画の流行りなのか??)、驚いた。だが、この場面のブルースはとても似合っていて、いいなあ、と思った。
主人公の、社会の底辺をさまよう負け犬女の姿に、人生に、ブルースしかないだろう、ってくらいよく似合う。
。。。私だって好きでこうなったわけじゃないんだけど、いつからこんな風になっちゃったんだろう?どうにかしなきゃ、と思う気持ちさえ面倒くさい。仕事もせず、男もいず、女も捨て、夢もない。
働き始めた100円ショップの仕事仲間も、どうしようもないクズ人間ばかり。恋をしても、相手のクズ男にさえ捨てられる。。。。
人生って、そんないいことあるはずないじゃん。。。。
ブルースそのもの(笑)

対照的な、「ブルース曲を使った邦画」ということでこの2つの映画を取り上げたのだが、「百円の恋」がとてもよかったので感想を少し。
腐っていたダメ人間がやる気を出して成功して幸せになる。。。。なんてなってしまったら「ロッキー」になる。
この映画は、ダメダメ人間がちょっとやる気を出してボクシングを始め、だんだん本気になってプロのボクサーの試験を受け、試合までするようになる。だけど試合ではボコボコに打たれて負ける。結果は負けだが、打たれても打たれても頑張る。
この先、大きな成功が待ってるわけでもなく、いい男が現れるわけでもないかもしれない。
だけどちょっとだけ、彼女の人生で何かが変わったのだ。大きくではないが、何かがちょっと。
そこらへんが、リアルである。
人間は、なんだかんだと夢を見がちだ。自分は大した器を持ってないくせに、大物になれる、天才肌だ、などと自己を過大評価する人間が社会には結構いる。
この映画は、人間は自分に見合うだけのものしか手に入れられないんだよ、という現実をどーんと突き付けてくるが、決してネガティブではなく爽やかな印象さえ残す。ちょっとやる気になって、ちょっと前進する人間でいいじゃないかと、彼らに向けられる眼差しが暖かいからでもあろう。
安藤サクラさんがいいですね。彼女の魅力は一口では語れない。美しいから魅かれる、というのとは反対で(笑)、怖いもの見たさで彼女の作品を追いかけてしまいそう。
美人な女優というのは、例えば「死の棘」の松坂慶子が、ノーメークで壊れた女を演じても、やっぱり美人っぷりは隠しようがなく、スタイルがいいのでズロース一枚になっても足が長くて綺麗なのだ。
ところが安藤サクラのような女優は、ブス役が思いっきりできて、下着姿になっても別の意味で迫力があり、それはそれは彼女の役者魂っぷりが極めて高いことがわかる。しかもこの方は、化粧や衣装一つですっごい美人に化けられる人なので、それも怖い。ブスになりきれない美人より、こういう役者は貴重なんじゃないかしら。


料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

スポンサーサイト