モン・サン=ミシェル

Posted by ジャンヌ(Mami Takayama) on 31.2016 Paris, France パリ
mons1.jpg


せっかくブログはポーランドに入ったのに、うっかりモンサンミシェルを忘れておりました。
またフランスに戻ります(笑)

モン・サン=ミシェルです。フランスの西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島、そしてその上にそびえる修道院。


mons2.jpg

ここに一度は来てみたかった。
当初、パリのモンパルナス駅から電車とバスを乗り継いで個人で来るつもりだった。だが、電車もバスもチケットは日がせまって買うと安くないのと、乗り継ぎや帰りの面倒などもあり、ツアーにした。個人で行く交通費と大差なく、ツアーバスなら楽チンである。
しかも8人(確か8人だった)のミニツアーで、このメンバーが皆個性的で往復の時間も楽しめた。


mons10.jpg

朝7時。まだパリの朝は暗い。ルーブル近くに集合。そこからミニバスで片道約3時間半。結構遠いです。
パリは雨の予定だったのに、到着すると最高の青空。

修道院に着くと、あとはフリータイム。かなり時間に余裕のあるツアーでもあった。


mons16.jpg

修道院にある丘は傾斜がきつく、えんやこら。


mons3.jpg

この時間は干潮時。どんどん引いていく。


mons5.jpg

有名な、修道院の回廊。


mons6.jpg


mons7.jpg

ミサの最中。さすがに厳かでした。

mons8.jpg


mons9.jpg

ここは食堂だった場所。

今でも合計12人だかの修道士たちがここで生活している。


mons15.jpg


mons4.jpg

ここ、ぜひ満潮時を見てみたい。周囲と切り離されたこの島の世界。
朝、昼、夕、と変わる景色を満喫するなら、丘の中にあるホテルに泊まるしかない。日帰りはもったいないなあ、という感想です。


mons11.jpg

お土産屋さんが沢山。


mons14.jpg

有名なプラールおばさんのオムレツが食べられるレストラン。すごい混みよう。
ここでなくても、モンサンミシェルに来たら名物オムレツを食べる予定でしたが、この日パリに着いて4日目で胃に疲れがどっと来ておりまして、疲労もたまっていたのでしょう。体が糖分しか受け付けない(笑)


IMG_6564.jpg

mons12.jpg


油は嫌。だけど甘いものが欲しい。朝からアイスクリームを食べ、昼もパフェを食べ、おやつにジェラートを食べ、帰りの中でチョコレートビスケットを食べ。。。。。 私の体は、本当に糖分で栄養を摂るようにできてるんだなあ、と実感。スイーツないと生きていけません。


mons17.jpg


mons19.jpg

修道院近辺に広がる緑地には羊さん。

mons20.jpg


たっぷりモンサンミシェルを堪能して、パリに夜9時ごろ到着。


IMG_6575.jpg

この日はベトナム料理が食べたくて、サンジェルマンデプレでフォーの晩御飯。


IMG_6574.jpg

このサッパリした味わい。胃が「癒される〜♥」って言っていた。
このベトナム料理のおかげで、私の胃腸は驚くほどバッチリ回復。翌日からまた食欲旺盛に。

疲れたアジア人の体には、やっぱりアジア料理、とつくづく思った夜でした。



料理ブログ「アメリカ・多国籍食堂」もどうぞよろしく♪



『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在』高山マミ著
Amazon
ビーケーワン
丸善&ジュンク堂
楽天ブックス
セブンネットショッピング



『ブラック・カルチャー観察日記』高山マミ著 
全国の書店で好評発売中!!
Amazon

スポンサーサイト